Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

シミュレーションのための信号データの作成

シミュレーションの入力としてモデルに読み込む入力データの作成

シミュレーションの入力としてモデルに読み込む入力データを作成します。信号データは、MATLAB® ワークスペースで、または Signal Editor ブロックを使用して作成できます。

ブロック

Signal Editor相互交換可能なシナリオを表示、作成、編集、および切り替える
Signal Builder波形が区分的線形である交換可能な信号のグループを作成および生成

関数

signalEditor信号エディターを起動
signalBuilderToSignalEditor信号データとプロパティを Signal Builder ブロックから Signal Editor ブロックにインポート
signalbuilder(非推奨) Signal Builder ブロックを作成してアクセスする
Simulink.io.getFileTypeDiagnosticsSimulink.io.FileType オブジェクトの診断の構造体を返す

クラス

Simulink.io.BaseWorkspaceベース ワークスペースで使用される形式でデータを読み取る
Simulink.io.FileType信号エディターなど、Simulink インターフェイスのファイル タイプ リーダーの基底クラス
Simulink.io.MatFileMAT ファイル形式のデータの読み取り
Simulink.io.PluggableNamespace異なる名前空間からの Simulink.io.FileType オブジェクトを登録する
Simulink.io.SignalBuilderSpreadsheetSignal Builder で使用される形式でスプレッドシートを読み取る

トピック

信号データの作成と編集

信号エディターを使用して、ルートレベルの端子のマッピングまたは複数のシミュレーションを整理できる入力信号を作成および編集します。

シナリオの使用と信号エディターでの信号の挿入

信号エディターでのシナリオおよび信号の操作。

基本的な信号データの操作

信号やデータの作成などの基本的な操作。

MATLAB の式と変数を使用した信号の作成

MATLAB 式を使用して、信号エディターで信号を作成します。

マウスまたはマルチタッチ動作を使用したフリーハンドの信号データの作成

マウスおよびマルチタッチ動作を使用して信号データを作成。

カスタム ファイル タイプのインポート

信号エディターでカスタム ファイル タイプをインポート。

信号エディターにインポートするカスタム ファイル タイプの作成

カスタム ファイル タイプを信号エディターにインポートするには、データのカスタム ファイル タイプ リーダーを作成します。

カスタム登録されたファイル タイプへの信号のエクスポート

信号エディターから、カスタム登録されたファイル タイプに信号をエクスポートします。