Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

WordCloudChart のプロパティ

ワード クラウド チャートの外観と動作の制御

WordCloudChart プロパティは、WordCloudChart オブジェクトの外観と動作を制御します。プロパティの値を変更することによって、ワード クラウド チャートの一部の特性を変更できます。

タイトル

すべて展開する

Figure 内でワード クラウド チャートの上に表示するテキスト。文字配列、文字ベクトルの cell 配列、スカラー string、string の cell 配列、数値、categorical 配列として指定します。このプロパティを categorical 配列として指定すると、MATLAB® はカテゴリの完全なセットではなく、配列内の値を使用します。この値は、関数 title を使用して設定することもできます。

例: "Word Cloud"

データ型: string | char | cell

ワード クラウド チャートのタイトル テキストに使用するフォント。string または文字ベクトルとして指定します。適切に表示および印刷するには、フォント名はユーザーのシステムがサポートするフォントでなければなりません。既定のフォントは、特定のオペレーティング システムとロケールによって異なります。

例: 'Cambria'

データ型: char | string

色とスタイル

すべて展開する

単語の色。RGB 3 成分、色名を含む文字ベクトル、または N 行 3 列の行列 (NWordData の長さ) として指定します。Color が行列の場合、各行は WordData の対応する単語の RGB 3 成分に対応します。

RGB 3 成分および 16 進数カラー コードは、カスタム色を指定するのに役立ちます。

  • RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。

  • 16 進数カラー コードは、ハッシュ記号 (#) で始まり、3 桁または 6 桁の 0 から F までの範囲の 16 進数が続く文字ベクトルまたは string スカラーです。これらの値では大文字小文字は区別されません。したがって、カラー コード '#FF8800''#ff8800''#F80'、および '#f80' は等価です。

あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、名前の付いた色オプション、等価の RGB 3 成分、および 16 進数カラー コードを示します。

色名省略名RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
'red''r'[1 0 0]'#FF0000'

'green''g'[0 1 0]'#00FF00'

'blue''b'[0 0 1]'#0000FF'

'cyan' 'c'[0 1 1]'#00FFFF'

'magenta''m'[1 0 1]'#FF00FF'

'yellow''y'[1 1 0]'#FFFF00'

'black''k'[0 0 0]'#000000'

'white''w'[1 1 1]'#FFFFFF'

MATLAB の多くのタイプのプロットで使用されている既定の色の RGB 3 成分および 16 進数カラー コードを次に示します。

RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
[0 0.4470 0.7410]'#0072BD'

[0.8500 0.3250 0.0980]'#D95319'

[0.9290 0.6940 0.1250]'#EDB120'

[0.4940 0.1840 0.5560]'#7E2F8E'

[0.4660 0.6740 0.1880]'#77AC30'

[0.3010 0.7450 0.9330]'#4DBEEE'

[0.6350 0.0780 0.1840]'#A2142F'

例: 'blue'

例: [0 0 1]

単語の強調表示の色。RGB 3 成分、または色名を含む文字ベクトルとして指定します。サイズが最も大きい単語がこの色で強調表示されます。

RGB 3 成分および 16 進数カラー コードは、カスタム色を指定するのに役立ちます。

  • RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。

  • 16 進数カラー コードは、ハッシュ記号 (#) で始まり、3 桁または 6 桁の 0 から F までの範囲の 16 進数が続く文字ベクトルまたは string スカラーです。これらの値では大文字小文字は区別されません。したがって、カラー コード '#FF8800''#ff8800''#F80'、および '#f80' は等価です。

あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、名前の付いた色オプション、等価の RGB 3 成分、および 16 進数カラー コードを示します。

色名省略名RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
'red''r'[1 0 0]'#FF0000'

'green''g'[0 1 0]'#00FF00'

'blue''b'[0 0 1]'#0000FF'

'cyan' 'c'[0 1 1]'#00FFFF'

'magenta''m'[1 0 1]'#FF00FF'

'yellow''y'[1 1 0]'#FFFF00'

'black''k'[0 0 0]'#000000'

'white''w'[1 1 1]'#FFFFFF'

MATLAB の多くのタイプのプロットで使用されている既定の色の RGB 3 成分および 16 進数カラー コードを次に示します。

RGB 3 成分16 進数カラー コード外観
[0 0.4470 0.7410]'#0072BD'

[0.8500 0.3250 0.0980]'#D95319'

[0.9290 0.6940 0.1250]'#EDB120'

[0.4940 0.1840 0.5560]'#7E2F8E'

[0.4660 0.6740 0.1880]'#77AC30'

[0.3010 0.7450 0.9330]'#4DBEEE'

[0.6350 0.0780 0.1840]'#A2142F'

例: 'blue'

例: [0 0 1]

ワード クラウド チャートのテキストに使用するフォント。string または文字ベクトルとして指定します。適切に表示および印刷するには、フォント名はユーザーのシステムがサポートするフォントでなければなりません。既定のフォントは、特定のオペレーティング システムとロケールによって異なります。

例: 'Cambria'

データ型: char | string

表示する単語の最大数。非負の整数として指定します。最大 MaxDisplayWords の数の単語が表示されます。

座標軸のボックスの外枠。'on' または 'off'、もしくは数値または logical 1 (true) または 0 (false) として指定します。'on' の値は true と等価であり、'off'false と等価です。したがって、このプロパティの値を logical 値として使用できます。値は matlab.lang.OnOffSwitchState 型の on/off logical 値として格納されます。

  • 'off' — 座標軸のボックスの外枠を表示しません。

  • 'on' — 座標軸のボックスの外枠を表示します。

例: 'on'

ワード クラウド チャートの形状。'oval' または 'rectangle' として指定します。

例: 'rectangle'

単語配置レイアウト。非負の整数として指定します。同じ入力を使用して wordcloud を繰り返し呼び出すと、単語配置レイアウトは毎回同じになります。別の単語配置レイアウトを取得するには、異なる LayoutNum 値を使用します。

SizeData に適用するべき乗。正のスカラーとして指定します。単語は SizeData .^ SizePower によって決まるサイズで表示されます。

例: 2

データ

すべて展開する

単語データ。string ベクトル、または文字ベクトルの cell 配列として指定します。

例: ["one" "two" "three"]

データ型: string | cell

サイズ データ。数値ベクトルとして指定します。

例: [0.1 0.2 0.3]

ソース table 内の単語の変数。文字ベクトルとして指定します。

データ型: char

ソース table 内のサイズの変数。文字ベクトルとして指定します。

データ型: char

単語とサイズのデータを含むソース table。

データ型: table

位置

すべて展開する

親の内部におけるワード クラウド チャートのサイズと位置。[left,bottom,width,height] の形式の 1 行 4 列の数値ベクトルとして指定します。これにはラベルとマージンが含まれます。既定値 [0 0 1 1] は、コンテナーの内側全体になります。

メモ

親コンテナーが TiledChartLayout の場合、このプロパティを設定しても効果はありません。

親コンテナー (通常は Figure、パネルまたはタブ) 内のワード クラウドの内側のサイズと位置。[left bottom width height] の形式の 1 行 4 列の数値ベクトルとして返されます。

  • left 要素と bottom 要素で、コンテナーの左下隅からワード クラウドの左下隅までの距離を定義します。

  • width 要素と height 要素はワード クラウドの寸法です。

メモ

親コンテナーが TiledChartLayout の場合、このプロパティを設定しても効果はありません。

親コンテナー (通常は Figure、パネルまたはタブ) 内のワード クラウドの内側のサイズと位置。[left bottom width height] の形式の 4 要素ベクトルとして指定します。このプロパティは、InnerPosition プロパティと等価です。

メモ

親コンテナーが TiledChartLayout の場合、このプロパティを設定しても効果はありません。

装飾の追加、削除または変更を行うときに一定に保つ位置プロパティ。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'outerposition' — タイトルや軸ラベルなどの装飾の追加、削除、または変更を行うときに、OuterPosition プロパティが一定に保たれます。位置の調整が必要な場合、MATLAB は InnerPosition プロパティを調整します。

  • 'innerposition' — タイトルや軸ラベルなどの装飾の追加、削除、または変更を行うときに、InnerPosition プロパティが一定に保たれます。位置の調整が必要な場合、MATLAB は OuterPosition プロパティを調整します。

メモ

親コンテナーが TiledChartLayout の場合、このプロパティを設定しても効果はありません。

OuterPosition プロパティに使用する単位。'normalized''points''pixels''characters''inches' または 'centimeters' として指定します。

レイアウト オプション。TiledChartLayoutOptions オブジェクトとして指定します。このプロパティは、チャートがタイル表示チャート レイアウトの子である場合のオプションを指定します。このプロパティを使用して TiledChartLayoutOptions オブジェクトの Tile プロパティと TileSpan プロパティを設定して、レイアウト内にチャートを配置します。

たとえば、次のコードはタイル表示チャート レイアウトの 3 番目のタイルにチャート c を配置します。

c.Layout.Tile = 3;

複数のタイルにわたってチャートを広げるには、TileSpan プロパティを 2 要素ベクトルとして指定します。たとえば、次のチャートは 23 列のタイルに広がります。

c.Layout.TileSpan = [2 3];

チャートがタイル表示チャート レイアウトの子ではない場合 (たとえば、Figure またはパネルの子である場合)、このプロパティは空で、効果はありません。

可視性の状態。'on' または 'off'、もしくは数値または logical 1 (true) または 0 (false) として指定します。'on' の値は true と等価であり、'off'false と等価です。したがって、このプロパティの値を logical 値として使用できます。値は matlab.lang.OnOffSwitchState 型の on/off logical 値として格納されます。

  • 'on' — オブジェクトを表示します。

  • 'off' — オブジェクトを削除せずに非表示にします。非表示のオブジェクトのプロパティには引き続きアクセスできます。

親/子

すべて展開する

親コンテナー。FigurePanelTab または TiledChartLayout オブジェクトとして指定します。

親の Children プロパティ内でのオブジェクト ハンドルの可視性。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'on' — オブジェクト ハンドルは常に表示されます。

  • 'off' — オブジェクト ハンドルは常に非表示です。このオプションは、他の関数による意図しない変更を防止するために役立ちます。HandleVisibility'off' に設定すると、その関数の実行中にハンドルが一時的に非表示になります。

  • 'callback' — オブジェクト ハンドルはコールバック内から、あるいはコールバックにより呼び出される関数から参照できます。しかし、コマンド ラインから呼び出される関数からは参照できません。このオプションを使用すると、コマンド ラインからのオブジェクトへのアクセスがブロックされますが、コールバック関数からのアクセスは許可されます。

オブジェクトが親の Children プロパティ内にリストされない場合、オブジェクト階層の検索またはハンドル プロパティのクエリによってオブジェクト ハンドルを取得する関数は、そのオブジェクト ハンドルを返しません。こうした関数の例としては、関数 getfindobjgcagcfgconewplotclaclf、および close などが挙げられます。

非表示のオブジェクト ハンドルは有効なままです。ルートの ShowHiddenHandles プロパティを 'on' に設定すると、HandleVisibility プロパティの設定にかかわらず、すべてのオブジェクト ハンドルがリストされます。

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2020a 以降は非推奨

R2017b で導入