ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

2 次元および 3 次元プロット

連続、離散、表面、ボリューム データのプロット

データを可視化するにはプロットを使用します。たとえば、データのセットを比較したり、時系列でデータの変更を追跡したり、データ分布を表示したりできます。プロットは、グラフィックス関数を使用してプログラムで作成するか、MATLAB® デスクトップの最上部にある [プロット] タブを使用して対話形式で作成します。

プログラムで作成可能ないくつかのプロットの図については、MATLAB プロットのタイプを参照してください。

注目の例