ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージ変換

フーリエ変換、離散コサイン変換、ラドン変換およびファンビーム変換の実行

イメージの変換は、1 つの領域から別の領域にイメージを変換します。イメージは通常、空間領域で取得され、表示されます。空間領域では、隣接するピクセルはシーンの隣接する部分を表します。ただし、他の領域でもイメージを取得できます。周波数領域では隣接するピクセルが隣接する周波数成分を表し、ハフ領域では隣接するピクセルが隣接する投影角度と半径方向距離を表します。非空間領域のイメージを表示および処理すると、空間領域では容易に検出できない特徴を識別できます。

関数

houghハフ変換
houghlinesハフ変換に基づく線分の抽出
houghpeaksハフ変換のピークの特定
dct22 次元離散コサイン変換
dctmtx離散コサイン変換行列
fan2paraファンビーム投影をパラレルビームに変換
fanbeamファンビーム変換
idct22 次元逆離散コサイン変換
ifanbeam逆ファンビーム変換
iradon逆ラドン変換
para2fanパラレル ビーム投影をファン ビーム投影に変換
radonラドン変換
fft22 次元の高速フーリエ変換
fftshiftゼロ周波数成分をスペクトルの中心に移動
ifft22 次元逆高速フーリエ変換
ifftshift逆ゼロ周波数シフト

トピック

フーリエ変換

フーリエ変換と画像処理でのその応用例、特に画像のフィルター処理について学びます。

離散コサイン変換

イメージの離散コサイン変換 (DCT) とその応用、特にイメージ圧縮の場合について学びます。

ハフ変換

ハフ変換は、垂直および水平から任意の角度に傾いたラインを含むイメージ内のラインを検出します。ハフ変換は比較的高速ですが、アーティファクトが出現する可能性があります。

ラドン変換

ラドン変換は、垂直および水平から任意の角度で傾いたラインを含むイメージ内のラインを検出します。ラドン変換は計算に時間がかかりますが、より高精度になる傾向があります。

逆ラドン変換

逆ラドン変換は、多くの投影角度での一連のパラレル ビーム投影データからイメージを再構成します。

ファンビーム投影

イメージの投影が 1 点のソースから放射される複数のパスに沿うような場合は、ファンビーム投影と再構成を使用します。医用断層撮影はファンビーム投影の一般的な実用例です。

注目の例