Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コントラストの調整

コントラストの調整、ヒストグラム均等化、無相関ストレッチ

コントラスト調整では、イメージ強度の値をデータ型の表示範囲全体にマッピングし直します。コントラストのよいイメージでは黒と白の間にはっきりとした違いがあります。

説明のために、左側のイメージはコンストラストが悪く、強度の値が範囲の中央部分に偏っています。右側のイメージはコンストラストがより高く、強度の値が範囲全体である [0, 255] を埋めています。コントラストの高いイメージでは、ハイライトがより明るく、影がより暗く見えます。

ここで説明する関数は主にグレースケール イメージに適用されます。しかし、中にはカラー イメージに適用できるものもあります。これらの関数がカラー イメージにどのように適用されるかは、個々の関数のリファレンス ページを参照してください。

関数

imadjustイメージの強度値またはカラーマップの調整
imadjustnN 次元ボリューム イメージの強度値の調整
imcontrastコントラスト調整ツール
imsharpenアンシャープなマスキングを使用したイメージのシャープ化
imflatfield2 次元イメージのフラットフィールド補正
imlocalbrighten低光量イメージを明るくする
imreducehaze大気によるかすみの低減
locallapfiltイメージの高速な局所ラプラシアン フィルター処理
localcontrastイメージのエッジ保存型の局所的コントラスト操作
localtonemap局所的なコントラストを強調しながら HDR イメージを表示用にレンダリング
histeqヒストグラム均等化を使用したコントラストの強調
adapthisteqコントラストに制限を付けた適応ヒストグラム均等化を実行 (CLAHE)
imhistmatch参照イメージのヒストグラムに一致させるために 2 次元イメージのヒストグラムを調整
imhistmatchn参照イメージのヒストグラムと一致させるために N 次元イメージのヒストグラムを調整
decorrstretch無相関ストレッチをマルチチャネル イメージに適用
stretchlimコントラスト ストレッチ イメージの範囲の確認
intlutルックアップ テーブルを使った整数値の変換
imnoiseイメージにノイズを付加

トピック