Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。ここをクリックして、元の英語を参照してください。

Simulinkサブシステムの DPI 生成

Simulink®サブシステムから SystemVerilog DPI コンポーネントを生成

Simulinkサブシステムから生成された DPI コンポーネントは、次の 2 つの方法で使用できます。

  • SystemVerilog DPI コンポーネントのエクスポート — このコンポーネントを動作モデルとして HDL シミュレーションに統合できます。コンポーネント ジェネレーターは、テスト ポイントと調整可能なパラメーターをサポートします。生成された DPI コンポーネントをサブシステムからのデータ ベクトルに対して検証する SystemVerilog テスト ベンチを生成することもできます。SystemVerilog DPI コンポーネントの生成を参照してください。

  • SystemVerilog DPI テスト ベンチの生成 ( HDL Coder™を使用) — このテスト ベンチを使用して、DUT とデータソース。Verify HDL Design Using SystemVerilog DPI Test Bench (HDL Coder)を参照してください。

Simulinkによる DPI コンポーネントの生成を参照してください。

この機能を使用するには、 ASIC Testbench for HDL Verifierアドオンをダウンロードしてインストールします。この機能にはSimulink Coder™も必要です。

アプリ

HDL 検証アーティファクトを生成し、 Simulinkサブシステムからの検証ワークフローに従います。 (R2020b 以降)

ブロック

AssertionSimulinkアサーションから SystemVerilog アサーションを生成

トピック

DPI コンポーネントの生成と検証

高度な DPI オプション

SystemVerilog DPI テストベンチで生成された HDL コードを検証する ( HDL Coderライセンスが必要)