Main Content

計測と統計

2 つの状態レベルの波形計測、分散、ヒストグラム、自己相関

DSP System Toolbox™ のブロックおよび System object を使用して、MATLAB® と Simulink® で信号の移動統計および定常統計を測定することができます。"移動統計" とは、時間と共に変化するストリーミング信号の統計を指します。移動統計を計算するためのスライディング ウィンドウ法では、新しいデータが入ると、指定の長さのウィンドウがサンプルごとにデータを移動します。オブジェクトとブロックにより、このウィンドウ内のデータの統計が計算されます。指数の重み付け法により、一連の重みがデータ サンプルに適用され、重み付けされたデータが処理されます。これらの重みは、データの持続期間に基づいて再帰的に計算されます。定常統計では、ブロックとオブジェクトによってバッチで使用できるすべてのデータの統計が計算されます。

オブジェクト

すべて展開する

dsp.MedianFilterメディアン フィルター
dsp.MovingAverage移動平均
dsp.MovingMaximumMoving maximum
dsp.MovingMinimumMoving minimum
dsp.MovingRMS移動平方根平均二乗
dsp.MovingStandardDeviationMoving standard deviation
dsp.MovingVarianceMoving variance
powermeterMeasure power and CCDF of the power of voltage signal
dsp.PeakToRMSPeak-to-root-mean-square value of vector

ブロック

すべて展開する

Median Filterメディアン フィルター
Moving Average移動平均
Moving MaximumMoving maximum
Moving MinimumMoving minimum
Moving RMS移動 RMS
Moving Standard Deviation移動標準偏差
Moving VarianceMoving variance
Power MeterMeasure power and the CCDF of the power of voltage signal in Simulink
AutocorrelationAutocorrelation of N-D array
CorrelationCross-correlation of two inputs
Maximum入力または入力シーケンスの最大値
Mean入力または入力シーケンスの平均値の検出
MedianMedian value of input
Minimum入力または入力シーケンスの最小値
RMS入力または入力シーケンスの平方根平均二乗値
Sort入力要素を値で並べ替え
Standard Deviation入力または入力シーケンスの標準偏差
VarianceVariance of input or sequence of inputs
Histogram入力または入力シーケンスのヒストグラム

トピック