最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Moving Average

  • ライブラリ:
  • DSP System Toolbox / 統計

説明

Moving Average ブロックは、時間の経過に沿って入力信号の移動平均を各チャネルで個別に計算します。このブロックでは、スライディング ウィンドウ法または指数の重み付け法のどちらかを使用して移動平均を計算します。スライディング ウィンドウ法では、データ サンプル上で指定の長さのウィンドウをサンプルごとに移動させ、ウィンドウ内のデータの平均をブロックで計算します。指数の重み付け法では、データ サンプルに一連の重み係数を掛け、重み付けしたデータの合計を求めて平均を計算します。これらの方法の詳細については、アルゴリズムを参照してください。

端子

入力

すべて展開する

ブロックで移動平均を計算する対象のデータ。このブロックは、実数値または複素数値の m 行 n 列 (m ≥ 1、n ≥ 1) のサイズのマルチチャネル入力を受け入れます。また、可変サイズの入力も受け入れます。シミュレーションの実行中に各入力チャネルのサイズを変更できます。ただし、チャネルの数を変更することはできません。

この端子は、[Method][Exponential weighting] に設定して [Specify forgetting factor from input port] パラメーターを選択するまでは名前なしになります。

データ型: single | double
複素数のサポート: あり

忘却係数によって、古いデータに与えられる重みが決まります。忘却係数 0.1 よりも忘却係数 0.9 の方が古いデータに対する重みが大きくなります。忘却係数 1.0 は無限メモリを示し、以前の全サンプルに均等な重みが与えられます。

依存関係

この端子は、[Method][Exponential weighting] に設定して [Specify forgetting factor from input port] パラメーターを選択すると表示されます。

データ型: single | double

出力

すべて展開する

移動平均の出力のサイズは入力のサイズと一致します。このブロックでは、[Method] パラメーターによって指定されたスライディング ウィンドウ法または指数の重み付け法のどちらかを使用して移動平均を計算します。詳細は、アルゴリズムを参照してください。

データ型: single | double
複素数のサポート: あり

パラメーター

すべて展開する

パラメーターが調整可能としてリストされる場合、シミュレーション時にその値を変更できます。

  • Sliding window[Window length] の長さのウィンドウを入力データ上で各チャネルに沿って移動させます。ブロックは、ウィンドウが移動する各サンプルについて、ウィンドウ内のデータの平均を計算します。

  • Exponential weighting — サンプルに一連の重み係数を掛けます。データが古くなるほど、重み係数の大きさは指数的に小さくなりますが、0 になることはありません。平均を計算するために、このアルゴリズムは重み付けしたデータの合計を求めます。

このチェック ボックスをオンにすると、スライディング ウィンドウの長さが [Window length] で指定した値と等しくなります。このチェック ボックスをオフにすると、スライディング ウィンドウの長さが無限になります。このモードでは、ブロックはチャネルの現在のサンプルと以前のすべてのサンプルの平均を計算します。

依存関係

このパラメーターは、[Method][Sliding window] に設定すると表示されます。

スライディング ウィンドウの長さを指定します。

依存関係

このパラメーターは、[Method][Sliding window] に設定し、[Specify window length] チェック ボックスを選択すると表示されます。

このチェック ボックスを選択すると、忘却係数は [lambda] 端子を介した入力になります。このチェック ボックスの選択を解除すると、忘却係数は [Forgetting factor] パラメーターを介したブロック ダイアログで指定されます。

依存関係

このパラメーターは、[Method][Exponential weighting] に設定する場合にのみ表示されます。

忘却係数によって、古いデータに与えられる重みが決まります。忘却係数 0.1 よりも忘却係数 0.9 の方が古いデータに対する重みが大きくなります。忘却係数 1.0 は無限メモリを示し、以前の全サンプルに均等な重みが与えられます。

調整可能: Yes

依存関係

このパラメーターは、[Method][Exponential weighting] に設定して [Specify forgetting factor from input port] チェック ボックスの選択を解除すると表示されます。

  • コード生成

    生成された C コードを使用してモデルをシミュレートします。シミュレーションの初回実行時、Simulink® は対象ブロックの C コードを生成します。この C コードは、モデルが変更されない限り以降のシミュレーションで再利用されます。このオプションを使用すると、シミュレーションの起動時間は長くなりますが、シミュレーションの速度は [インタープリター型実行] よりも速くなります。

  • インタープリター型実行

    MATLAB® インタープリターを使用してモデルをシミュレートします。このオプションを使用すると、シミュレーションの起動時間が短縮されますが、シミュレーションの速度は [コード生成] よりも遅くなります。

ブロックの特性

データ型

double | single

多次元信号

なし

可変サイズの信号

あり

アルゴリズム

すべて展開する

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2016b で導入