最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

統計と線形代数

計測、統計、行列数学、線形代数

DSP System Toolbox™ は、MATLAB® と Simulink® で平均値、中央値、RMS 値およびピーク間の値などのストリーミング信号の統計を測定する機能を提供します。これらの信号に対して、指定した次元に沿った信号値の追加や信号値の dB スケールへの変換など、いくつかの操作を実行できます。

DSP System Toolbox システムでは、各種線形代数ブロックにより行列を操作することができます。たとえば、レビンソン・ダービン手法やコレスキー手法を使って一連の線形方程式を解く場合、Levinson-Durbin ブロックや Cholesky Solver ブロックを使用します。これらの手法は通常、ユール・ウォーカー AR 問題や線形予測符号化などのアプリケーションで使用されます。正方行列を上位と下位の成分に因数分解するには、LDL 分解、LU 分解および QR 分解などの手法を使用します。

注目の例