Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

DSP System Toolbox 入門

ストリーミング信号処理システムの設計およびシミュレーション

DSP System Toolbox™ は、MATLAB® および Simulink® で、信号処理システムの設計、シミュレーションおよび解析を行うためのアルゴリズム、アプリおよびスコープを提供します。通信、レーダー、オーディオ、医療機器、IoT およびその他のアプリケーションのリアルタイム DSP システムをモデル化することができます。

DSP System Toolbox を使用すると、FIR フィルター、IIR フィルター、マルチレート フィルター、多段フィルターおよび適応フィルターの設計と解析を行うことができます。変数、データ ファイルおよびネットワーク デバイスから信号をストリーミングして、システム開発と検証を行うことができます。時間スコープ、スペクトル アナライザーおよびロジック アナライザーでは、ストリーミング信号を動的に可視化して測定できます。ARM® Cortex® アーキテクチャなどの組み込みプロセッサへのデスクトップにおけるプロトタイピングと配布に対応するため、ツールボックスは C/C++ コードの生成をサポートしています。フィルター、FFT、IFFT および他のアルゴリズムからのビット単位で正確な固定小数点モデリングや HDL コード生成もサポートしています。

アルゴリズムは、MATLAB 関数、System object および Simulink ブロックとして利用できます。

チュートリアル

DSP システムのモデル化について

ビデオ

Simulink でのフレームベースの処理
Simulink で信号をフレームとして処理する方法。