最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

信号処理モデル向け Simulink 環境の構成

DSP Simulink モデル テンプレートについて

DSP Simulink® モデル テンプレートを使用すると、デジタル信号処理モデリングの推奨設定で Simulink 環境を自動的に構成できます。DSP Simulink モデル テンプレートでは、コンフィギュレーション パラメーターを含む設定の再利用が可能です。ベスト プラクティスを使用するテンプレートからモデルを作成し、一般的な問題に対する以前のソリューションを活用できます。新規モデルで既定のキャンバスの代わりに、テンプレート モデルを選択してすぐに作業を開始できます。

Simulink モデル テンプレートの詳細については、モデルの作成 (Simulink)を参照してください。

DSP System Toolbox Simulink モデル テンプレートを使用したモデルの作成

新しい空のモデルを作成してそのライブラリ ブラウザーを開くには、次のようにします。

  1. MATLAB®[ホーム] タブで [Simulink] をクリックします。

  2. [DSP System] をクリックして DSP System Toolbox™ での使用に適切な設定で空のモデルを作成します。新しいモデルが開きます。ライブラリ ブラウザーにアクセスするには、モデルのツール バー上で [ライブラリ ブラウザー] ボタンをクリックします。

テンプレートの設定とコンテンツを使用した新規モデルが Simulink エディターに表示されます。保存するまでは、モデルはメモリ内にのみ存在します。

DSP Simulink モデル テンプレート

DSP Simulink モデル テンプレートのいずれかを選択してモデルを作成すると、モデルは DSP System Toolbox の推奨設定を使用するように構成されます。以下はその設定の一部です。

コンフィギュレーション パラメーター設定
SingleTaskRateTransMsgerror
multiTaskRateTransMsgerror
Solverfixedstepdiscrete
EnableMultiTaskingOff
StartTime0.0
StopTimeinf
FixedStepauto
SaveTimeoff
SaveOutputoff
AlgebraicLoopMsgerror
SignalLoggingoff
FrameProcessingCompatibilityMsgerror

DSP Simulink モデル テンプレートは以下になります。

DSP System テンプレート

[DSP System] をクリックして、DSP System Toolbox 用の推奨設定で構成された空白モデルを作成します。

基本フィルター テンプレート

[Basic Filter] をクリックして、DSP System Toolbox 用の推奨設定で構成された基本フィルター モデルを作成します。

このモデルは、ローパス フィルターを実装しており、フィルター処理された信号を元の信号と比較できます。モデルは、Simulink 内で、DSP System Toolbox を使用したフィルター処理アルゴリズムのモデル化の開始点として機能します。

ARM Cortex-A モデル テンプレート

[ARM Cortex-A Model] をクリックして、ARM® Cortex®-A プロセッサ用に最適化された、Ne10 ライブラリを使用するコード置換の基本モデルを作成します。このモデルは、DSP System Toolbox および ARM Cortex-A プロセッサ用の推奨設定で構成されています。

ARM Cortex-M モデル テンプレート

[ARM Cortex-M Model] をクリックして、ARM Cortex-M プロセッサ用に最適化された、CMSIS ライブラリを使用するコード置換の基本モデルを作成します。このモデルは、DSP System Toolbox および ARM Cortex-M プロセッサ用の推奨設定で構成されています。

混合信号システム テンプレート

[Mixed-Signal System] テンプレートをクリックして、DSP System Toolbox および混合信号システム用の推奨設定で構成された基本 A/D コンバーター モデルを作成します。このモデルは、アナログ アンチ エイリアシング フィルターの後にゼロ次ホールド回路を実装することで A/D 変換を実行します。モデルは、Simulink 内で、DSP System Toolbox を使用した混合信号システムのモデル化の開始点として機能します。離散時間信号はすべて、最速のサンプルレートを示す赤で表示されます。連続時間信号は黒で表示されます。その他のサンプル時間オプションを確認するには、[情報表示] メニューから [サンプル時間] を選択します。

参考