最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コード生成

シミュレーションの高速化、コード生成、ARM® Cortex®-M プロセッサおよび ARMCortex-A プロセッサへの最適化

MATLAB® Coder™ および Simulink® Coder を使用して、DSP System Toolbox™ 信号処理アルゴリズムから C ソース コード、C++ ソース コードまたは MEX 関数を生成します。C コードの生成方法の詳細については、Understanding C Code Generation in DSP System Toolboxを参照してください。さらに、Embedded Coder® を使用して ARM Cortex-M プロセッサおよび ARM Cortex-A プロセッサ用に最適化されたコードを生成できます。詳細は、ARM Cortex-M 最適化および ARM Cortex-A 最適化を参照してください。生成された C コードをデスクトップで実行する間に、UI を使用して MATLAB または Simulink から直接アルゴリズム パラメーターをリアルタイムで調整することもできます。

関数 dspunfold を使用すると、ホスト コンピューターのマルチコア CPU アーキテクチャを利用するマルチスレッド MEX ファイルを生成できます。この関数を使用するには、MATLAB Coder のライセンスが必要です。

MATLAB および Simulink は、ハードウェア設計のラピッド プロトタイピングに使用できます。DSP System Toolbox のアルゴリズムのいくつかは、HDL Coder™ とともに使用されることで HDL コード生成をサポートします。サポートされるブロックと System object については、HDL Code Generation Support for DSP System Toolboxを参照してください。MATLAB のデジタル フィルター設計では、Filter Design HDL Coder™ を使用して、HDL コードを生成したり、フィルターの実装をハードウェアの速度や領域に合わせて最適化したりできます。詳細は、Generate HDL Code for Filter System Objects (Filter Design HDL Coder)を参照してください。HDL Coder と Filter Design HDL Coder はどちらも、FPGA プログラミングまたは ASIC のプロトタイピングと設計向けの、ターゲットに依存せずかつ合成可能な Verilog™ および VHDL™ のコードを生成します。また、サードパーティ製の HDL シミュレーターで使用するスクリプトやテスト ベンチも生成します。

注目の例