Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

状態空間の制御設計

LQG/LQR および極配置アルゴリズム

LQG/LQR および極配置アルゴリズムなどの状態空間の制御設計法は MIMO 設計に役立ちます。

関数

すべて展開する

lqr線形 2 次レギュレーター (LQG) 設計
lqry出力に重み付けを行った線形 2 次 (LQ) 状態フィードバック レギュレーターを設計
lqi線形 2 次積分制御
dlqr離散時間状態空間システムに対する線形 2 次 (LQ) 状態フィードバック レギュレーター
lqrd連続プラントの離散線形 2 次 (LQ) レギュレーターを設計
lqg線形 2 次ガウシアン (LQG) 設計
lqgreg線形 2 次ガウシアン (LQG) レギュレーターの作成
lqgtrack線形 2 次ガウシアン (LQG) サーボ コントローラーの作成
augstate出力ベクトルに状態ベクトルを追加
norm線形モデルのノルム
estim推定器ゲインを設定して、状態推定器を作成
place極配置設計
reg状態フィードバック ゲインと推定器ゲインを設定して、レギュレーターを作成

トピック

線形 2 次ガウシアン (LQG) 設計

線形 2 次ガウシアン (LQG) 制御は、レギュレーターやトラッキング コントローラーの性能と制御操作のトレードオフを行い、プロセスの外乱と測定ノイズを考慮できる状態空間手法です。

LQG レギュレーター: 圧延機のケース スタディ

スチール圧延機におけるビーム厚のレギュレーションのための線形 2 次ガウシアン法を使用します。

制御システム デザイナーを使用した LQG トラッカーの設計

LQG 合成を使用して、ディスク ドライブの読み取り/書き込みヘッドのフィードバック コントローラーを設計します。

ジェット機のヨー ダンパーの設計

このケース スタディでは、古典的設計プロセスについて説明します。

LQG レギュレーターの設計

ノイズがあるシステムでプラント出力の LQG レギュレーターを設計します。

LQG サーボ コントローラーの設計

カルマン状態推定器を使用して LQG サーボ コントローラーを設計します。

Simulink での LQR サーボ コントローラーの設計

Simulink® でモデル化されるシステムの LQR コントローラーを設計する。

極配置

閉ループの極の位置は、立ち上がり時間、整定時間、遷移部の振動等の時間応答特性に直接影響します。極配置では、状態空間手法を使用して閉ループ極を割り当てます。

注目の例