MATLAB と Simulink を使った
レポート生成

MATLAB® アプリケーションとモデルベース デザインからレポート、プレゼンテーション、または対話型文書を作成します。以下のことができます。

  • MATLAB Live Editor を使って作業内容を文書化し、 PDF、Microsoft® Word、HTML、LaTex レポートとして結果を共有
  • MATLAB アプリケーションからのレポートとプレゼンテーションの生成を自動化
  • モデルベースデザインと認証のためのワークフロー別のレポートを生成
  • 標準レポートのカスタマイズ、およびレポートのレイアウトとフォーマットを定義するユーザー独自のテンプレートの使用
  • Simulink モデルから、開発プロセスの文書化と各段階のレビューのための対話型ガイドを作成

自動レポート作成で
MATLAB および Simulink を使用

MATLAB Live Editor を使って作業内容を共有

MATLAB ライブスクリプトで作業内容を文書化します。書式設定されたテキスト、見出し、画像、ハイパーリンク、方程式、およびインタラクティブコントロールと共に、コードや結果を含めた実行可能な notebook を作成します。コードを、個別に実行できる管理しやすいセクションに分割します。コードが生成した出力や可視化された情報は、コードの横に表示されます。ライブスクリプトを、HTML、PDF、LaTeX、Microsoft Word として保存し、MATLAB を持たない他の人と共有できます。

ギャラリーを探す (2 画像)


ギャラリーを探す (4 画像)

MATLAB Report Generator を使用したレポート作成の自動化

高度にカスタマイズされたレポートまたはプレゼンテーションを自動生成するプログラムを作成することで、MATLAB アプリケーションの結果を共有することができます。MATLAB コードの記述に MATLAB Report Generator™ API を使用する、プログラム的アプローチを適用して、アプリケーションの結果を書式設定すれば、これらの結果をレポートまたはプレゼンテーション ドキュメントに追加することができます。


モデルベースデザインのレポート作成を自動化

一連の包括的な自動生成された標準レポートを用いて、設計を文書化、共有、およびアーカイブします。要件トレーサビリティ、設計文書、生成コード、およびテストとカバレッジ結果などの成果物をレポートに含めます。

標準レポートは PDF、HTML、DOCX 形式で生成することができます。Simulink Report Generator™ を使用して、要件、モデル、コード生成、および 確認と検証 レポートなど、設計から生成された標準レポートをカスタマイズします。

 

また、DO-178ISO 26262IEC 61508、および関連する業界規格用の成果物を含めることもできます。

 

 

ギャラリーを探す (5 画像)


ギャラリーを探す (3 画像)

標準レポートのカスタマイズと独自テンプレートの使用

PDF、Microsoft Word、および HTML テンプレートを用いて MATLAB Report Generator と Simulink Report Generator が生成する、レポートのレイアウトと形式を定義します。以下のことができます。

  • 所属組織のスタイルガイドラインに合うようカスタマイズできる、テンプレートを基にしてレポートを設計
  • ロゴや脚注の追加、ページの向きの変更など、特定の要件を満たすようレポートを調整
  • MATLAB コード、数値、シミュレーション データ、その他の結果が表示される場所を正確に指定
  • テンプレート内の固定テキストの領域を指定し、動的コンテンツ用に空白領域 (または穴) を指定

Simulink Models から対話型ガイドを作成

モデルの Web ビューを用いた、Simulink ライセンスを必要としない Simulink モデルの共有

Web ビューは、Simulink モデルを Web ブラウザーから参照する方法を表示します。開発プロセスのスナップショットを作成し、時間の経過とともにモデルの Web ビューを保存することで、各段階のレビューを行うことができます。

組み込み Web ビュー API と Simulink Report Generator を使用して、ガイドコンテンツを含むユーザー インターフェイス、組み込みモデル Web ビュー、Web ビューとガイド レポート テキストの間のハイパーリンクを含む、ナビゲート可能なレポートを生成することができます。組み込み Web ビューレポートを、設計レビュー、キャリブレーションなどのワークフローでの対話型ガイドとして使用することができます。

ギャラリーを探す (5 画像)


対話型の例やチュートリアルを通して、基本的なタスクから、より高度な操作まで習得することができます。