Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

システム設計の説明

事前定義された標準レポート

Simulink® ツールストリップから、次の 2 つの事前定義された標準の Simulink Report Generator™ レポートが生成できます。

  • システム設計の説明

  • システム要件のトレーサビリティ

システム設計の説明レポートは、モデルが表すシステム設計の概要または詳細情報を提供します。レポート ダイアログを使用してレポート オプションを選択するか、レポート エクスプローラーを使用してカスタマイズされたバージョンを作成することができます。詳細については、システム設計の説明レポートの生成を参照してください。

システム設計の説明レポートの設定ファイルは、独自のレポートの設定ファイルを作成する開始点として使用できます。

Stateflow® チャートの HTML モデル レポートを生成することもできます。詳細については、モデル レポートの生成 (Stateflow)を参照してください。

システム要件のトレーサビリティ レポートを使用するには、Simulink Requirements™ がインストールされていなければなりません。システム要件トレーサビリティ レポートには、モデルとそのオブジェクトに関連するすべての要件についての情報が含まれています。

次の手順に従って、Simulink ツールストリップからシステム要件のトレーサビリティ レポートを生成します。

  1. [要件] タブが使用できない場合、[アプリ] タブの [モデルの検証とテスト] セクションで [要件マネージャー] をクリックします。

  2. [要件] タブの [共有] セクションで、[共有][モデルのトレーサビリティ レポートの生成] をクリックします。

システム設計の説明とは

システム設計の説明は、あらかじめ用意されている Simulink Report Generator レポートで、Simulink モデルで表されるシステム設計を説明します。

既定では、Simulink Report Generator は、システム設計の説明レポート オプションを呼び出したモデルに関するレポートを生成します。

レポートの用途

システム設計の説明を使用して、次のことができます。

  • モデルを開かずにシステム設計を確認

  • 設計の概要と詳細の説明を生成

  • 設計要件の準拠性の状況を評価

  • モデリング環境に依存しない形式でシステム設計をアーカイブ

  • レポート エクスプローラーを使用してレポートのカスタマイズされたバージョンを作成

レポート コンテンツ

レポートに含める情報の種類を次の観点で指定できます。

  • レポートに含めるモデル要素 (たとえば、カスタム ライブラリからのサブシステムを含めるかどうか)。

  • システム設計の説明レポートの概要バージョンと詳細バージョンのどちらを生成するか。

詳細については、システム設計の説明レポートの生成を参照してください。

概要バージョン

セクション情報
レポートの概要

モデル バージョン

ルート システム
  • ルート システムの出力を計算するアルゴリズムを表すブロック線図

  • 説明 (モデルから取得できる場合)

  • インターフェイス: 名前、データ型およびその他のシステム入出力信号のプロパティ

  • サブシステム: 各サブシステムのパスとブロック線図

  • ステート チャート

  • 要件 (オプション)

サブシステム
  • パス

  • ブロック線図

システムの設計変数
  • 設計変数

  • 設計変数の式の関数

詳細バージョン

詳細バージョンのレポートには、概要形式のレポートに示されるすべての情報に加え、システム コンポーネントのさらに詳しい情報も含まれています。アトミック サブシステム情報は、バーチャル サブシステム情報よりもさらに詳細です。

セクション情報
レポートの概要

モデル バージョン

ルート システム
  • ルート システムの出力を計算するアルゴリズムを表すブロック線図

  • 説明 (モデルから取得できる場合)

  • インターフェイス: 名前、データ型およびその他のルート システム入出力信号のプロパティ

  • ブロック パラメーター

    • MATLAB Function ブロックの詳細情報を含む

  • ルート システムおよびアトミック サブシステムのブロック実行順序

  • ルックアップ テーブル

  • Simulink ワークスペース変数

  • モデル コンフィギュレーション セット

  • ステート チャート

  • 要件 (オプション)

サブシステム

ルート システムと同じ種類の情報および次の情報:

  • モデルにおけるサブシステムのパス

  • (アトミック サブシステムの場合) レポートを生成するアトミック サブシステムのバージョンが、サブシステムの他のバージョンと異なるかどうかを示すチェックサム

  • 参照モデル (オプション)

  • カスタム ライブラリからのサブシステム (オプション)

ステート チャート
  • ステート チャート

  • ステート

  • ステート間の遷移

  • ジャンクション

  • ステート遷移をトリガーするイベント

  • データ型

  • ターゲット

  • 真理値表

モデルに含まれるドキュメンテーションをレポートで取得

システム設計の説明は、モデルに含まれる次のドキュメンテーションをレポートします。

  • モデルの説明 (モデル プロパティから取得)

  • ブロック プロパティ Description

  • DocBlock モデル ドキュメンテーション ブロック

生成されるシステム設計の説明に情報を追加するには、モデルで対応する情報を追加します。