Simulink Test

 

Simulink Test

シミュレーションベースのテストの開発、管理、実行

詳細を見る:

テストの作成

機能テスト、ユニットテスト、要件ベーステスト、回帰テストのためのテストの作成

回帰テスト、Back-to-Backテスト、要件ベーステストのテンプレート

シミュレーション テストは、シミュレーションを実行したときに、モデル内で定義された評価を含めてエラーが発生しないことを検証するものです。ベースラインテストでは、定義されたデータセットとシミュレーション出力を比較します。等価性テストでは、2 つのシミュレーションのシミュレーション出力を比較します。

テストケースを作成するためのテンプレート: シミュレーション テスト、ベースラインテスト、等価性テスト。

テストケースを作成するためのテンプレート: シミュレーション テスト、ベースラインテスト、等価性テスト。

複数のソースを使用したテストデータの定義

テストシナリオの入力データ、出力の期待値、および許容誤差はの期待値、MAT ファイルまたは Excel スプレッドシートを使用して定義できます。以下を行うことができます。

  • Signal Editor ブロックを使用して入力データをグラフィカルに作成する。
  • Test Sequence ブロックを使用してプログラミングでテスト入力シーケンスを定義する。
  • Simulink Design Verifier™ を使用してテスト入力を自動的に生成する。
複数の形式を使用してテストの入力、出力、またはパラメーターを定義します。

複数の形式を使用してテストの入力、出力、またはパラメーターを定義します。

テストハーネスによるテスト対象コンポーネントの分離

テストハーネスは、Simulink® モデルまたはモデルコンポーネントを分離する統合シミュレーション環境を提供います。設計からテスト環境が分離されます。モデルとテストハーネスの間で設計の変更を同期しながら、モデルまたはモデルコンポーネントでテスト固有のシミュレーションを実行できます。

テストハーネスによって対象サブシステムを分離てテストします。

テストハーネスによって対象サブシステムを分離てテストします。

評価およびオブザーバーでの論理テストの作成

テキスト要件を、正確なセマンティクスを持つ実行可能な評価として記述します。複雑なテストシーケンスおよび評価のシミュレーション時の挙動を評価します。設計モデルに影響を及ぼさずに評価用の信号を取得します。

要件検証のための時間的評価

設計の要件には、テストで形式化しにくい、タイミングに依存するロジックを含めることができます。自然言語の形式で正確なセマンティクスを持つ時間的評価を含むテストを作成し、時間に依存する、条件、イベント、信号値、遅れを伴う複雑な挙動を正確にテストできます。

テストシーケンスおよび評価の作成

 MATLAB® 言語機能のサブセット (時相演算子、信号生成、条件付き構造) を使用して、ステップベースおよび時相テストのシーケンスを含むテストを作成し、シミュレーション結果を評価できます。

ステップベースおよび時相テストのシーケンスを作成します。

ステップベースおよび時相テストのシーケンスを作成します。

モデル変更を伴わない信号の観測

オブザーバーを使用すると、テスト専用のポート、ブロック、接続、インターフェイスを追加せずに Simulink 信号のデバッグやテストを行えます。別個の検証モデルを作成してシステムの設計を検証できます。

テスト計画とテスト実行の管理

テストマネージャーを使用してテストケースおよびテストスイートの作成、実行、レビュー、整理を行えます。テストケースで旧リリースを選択することで、旧バージョンの MATLAB でモデルをテストできます。カバレッジメトリクスを収集して、テストの網羅度を評価できます。

全シミュレーション モードのサポート

テストは、ノーマルシミュレーション モード、アクセラレータモード、ラピッド アクセラレータ モードソフトウェアインザループ (SIL) モード、プロセッサインザループ (PIL) モード、またはSimulink Real-Time™ を使用して、アルタイムモードで実行します。

Simulink Real-Time で HIL テストを実行します。

Simulink Real-Time で HIL テストを実行します。

複数リリースのサポート

複数の MATLAB リリースを使用してテストケースを実行できるので、R2011b以降の 量産バージョンでモデルを実行すると同時に、Simulink Test の最新の検証機能も利用できます。

以前の MATLAB リリースを使用してテストケースを実行します。

以前の MATLAB リリースを使用してテストケースを実行します。

モデルカバレッジとコードカバレッジの測定

Simulink Coverage™ ではカバレッジメトリクス (判定、条件、改良条件/判定カバレッジ (MC/DC)、関係演算子の境界カバレッジ) を収集できます。Simulink Design Verifier を使用することで、テストマネージャーのカバレッジ結果から未達カバレッジに対するテストケースを生成できます。

テストのカバレッジを集約してレポートを生成します。

テストのカバレッジを集約してレポートを生成します。

結果とテストの管理

Simulink Test には、テスト結果のデバッグ、分析、レポートを簡単に行えるツールが用意されています。

テスト結果の可視化、エラーのデバッグ、テストの更新

Simulink Test は、指定した許容誤差を満たさない信号を特定してグラフィカルに表示し、パス/失敗の結果を判別します。シミュレーション出力および記録された信号を指定の出力期待値とともに確認し、偏差を許容できる場合はベースラインデータを更新できます。

テストマネージャーでテスト結果を可視化し、デバッグします。

テストマネージャーでテスト結果を可視化し、デバッグします。

テスト結果の管理とアーカイブ

Simulink Test は、実行されたテストの要約と詳細を表示します。各テスト結果の概要ページには、シミュレーション出力、ベースライン比較または等価性比較、テストの結果 (パス、失敗、または未テスト) が表示されます。他のユーザーと結果を共有するには、テスト結果をファイルにエクスポートします。このファイルを、後からテストマネージャー上でレビューできます。

テスト結果を許容誤差とともにグラフィカルに表示します。

テスト結果を許容誤差とともにグラフィカルに表示します。

レポートの生成

結果を文書にアーカイブするには、レポートを生成します。レポートには、テストの結果、テストの概要、およびテストでの比較に使用した基準を含めることができます。標準レポートを HTML、PDF、DOCX 形式で生成できるほか、Simulink Report Generator™ でカスタマイズすることもできます。

レポートを生成してテスト結果を文書化します。

レポートを生成してテスト結果を文書化します。

テストの自動化

並列実行を使用することで、大規模なテストスイート、反復処理、および大規模なSimulink モデルのスループットを向上できます。

テストスクリプトとバッチワークフロー

テストは、個別に実行することも、一括実行してテストを自動化し、標準的なテスト環境を設定することもできます。プログラムによってテストケースを作成し、テストケースの基準を指定し、テストを実行して結果を生成できます。

スクリプトを使用してテストをカスタマイズし、自動化します。

スクリプトを使用してテストをカスタマイズし、自動化します。

継続的インテグレーション

MATLAB のユニットテストを使用してモデルテストを実行し、継続的インテグレーション (CI) システム (Jenkins™ など) 内に統合できます。モデルテストは、MATLAB ユニットテストのスクリプト、関数、およびクラスと一緒に実行できます。

CI パイプラインにマッピングされたモデルベースデザイン。

CI パイプラインにマッピングされたモデルベースデザイン。

並列実行によるスケーリング

大規模または複雑な Simulink モデルをテストする場合、並列実行によりテストの実行を高速化し、テスト結果を得るまでの時間を短縮することができます。Parallel Computing Toolbox™ をお持ちの場合、お使いのローカルコンピューターでテストを並列に実行することができます。MATLAB Parallel Server™ を使用すれば、クラウドなどのリモートクラスター上でテストを並列に実行することができます。