Main Content

テスト シーケンスの基礎

テスト シーケンスは、階層に配置されたテスト ステップで構成されます。テスト シーケンスを使用して、テスト入力を定義したり、テストをシミュレーションに応じてどのように進めるかを定義したりできます。テスト ステップには、そのステップの最初に実行されるアクションが含まれます。ステップの実行をいつ停止し、次にどのテスト ステップを実行するかを定義する遷移をテスト ステップに含めることができます。アクションおよび遷移では MATLAB® をアクション言語として使用します。テスト シーケンスは Test Sequence ブロックおよび Test Sequence エディターを使用して作成します。Use Stateflow Chart for Test Harness Inputs and Schedulingを参照してください。

テスト シーケンス階層

Test Sequence ブロックで定義されたテスト シーケンスには、親ステップとサブステップを含めることができます。サブステップは、親ステップがアクティブな場合のみアクティブにできます。同じ階層レベルのステップのグループで共通の遷移タイプが共有されます。テスト ステップを作成すると、そのステップは同じグループ内の他のステップの遷移オプションになります。

テスト シーケンス シナリオ

Test Sequence ブロックで複数のテスト シーケンスを定義することができます。これを "テスト シーケンス シナリオ" と呼びます。シナリオを使用することで、テスト ハーネスに複数の Test Sequence ブロックを含めずに個別のテスト シーケンスを定義できます。テスト シーケンス シナリオを実行する方法には次のものがあります。

  • Test Sequence エディターから単一のシナリオをアクティブにしてモデルを実行する

  • API コマンドを使用して単一のシナリオをアクティブにしてモデルを実行する

  • アクティブなシナリオをワークスペース変数で制御してモデルを実行する

  • カスタム テスト スクリプトを使用してモデルの実行時にシナリオをループ処理する

  • テスト マネージャーで反復を定義して複数のシナリオを単一のテスト ケースで実行する

テスト シーケンス シナリオの詳細と使用例については、Use Test Sequence Scenarios in the Test Sequence Editor and Test ManagerおよびProgrammatically Create and Run Test Sequence Scenariosを参照してください。

遷移タイプ

Test Sequence ブロックで定義されたテスト シーケンスには、ステップから別のステップに遷移する方法が 2 つあります。

  • 標準遷移: 標準遷移シーケンスを使用して、シミュレーション条件に応じて実行される一連のアクションを定義できます。標準遷移シーケンスは、最初のステップから始まり、遷移条件と次のステップに応じて進みます。遷移の一覧については、テスト シーケンスと評価の構文を参照してください。

    次のテスト シーケンスでは、boolean の出力 RedButtonInGreenButtonIn の値を設定し、各ステップがアクティブになってから 1 秒後に遷移が発生するように設定しています。

    Test Sequence steps, transitions, and next steps

  • When 構造: When 構造シーケンスは、プログラミングの switch ステートメントに似ています。モデルで発生する特定の条件に基づいてシーケンスのアクションを実行できます。When 構造シーケンスでは、ステップ名の後に定義する条件に基づいてステップがアクティブになります。ステップ間で遷移は使用されません。

    次の When 構造には、verify ステートメントが 3 つ含まれています。信号 gear の値に応じて、それぞれ異なる値と等しいときに該当する verify ステートメントがアクティブになります。詳細については、When 構造を使用したモデルの評価を参照してください。

    Test Sequence using when decomposition

参考

関連するトピック