Main Content

Vehicle Dynamics Blockset 入門

バーチャル 3D 環境での車両運動のモデル化とシミュレーション

Vehicle Dynamics Blockset™ には、3D 環境での運転操作をシミュレーションする組み立て済みのリファレンス アプリケーション モデルが用意されています。あらかじめ用意されているシーンを使用して、道路、交通標識、樹木、建物、および車両周辺の他のオブジェクトを可視化できます。独自のデータを使用するか、サブシステムを独自のモデルに置き換えることにより、参照モデルをカスタマイズできます。ブロックセットには、推進、ステアリング、サスペンション、車体、ブレーキ、タイヤをモデル化するためのコンポーネントのライブラリが含まれています。

Vehicle Dynamics Blockset は開発プロセス全体で利用できる標準的なモデル アーキテクチャを提供します。走行およびハンドリング解析、シャシー制御開発、ソフトウェア統合テスト、ハードウェアインザループ テストに対応しています。車両運動モデルを 3D 環境と統合することにより、ADAS および自動運転の知覚、計画、制御のソフトウェアをテストできます。これらのモデルを使用すると、ダブル レーン チェンジなどの標準的な運転操作や、独自のカスタム シナリオで車両をテストできます。

チュートリアル

車両運動について

ビデオ

Figure of 3D city scene

Vehicle Dynamics Blockset の概要
Vehicle Dynamics Blockset について学習する (Unreal Engine 3D 環境との統合など)。

Figure of Simulink model

縦方向および横方向の車両運動のシミュレーション
車両ブロックを使用して、縦方向および横方向の車両運動をシミュレートする自律型車両モデルとレース カー車両モデルを作成する。