Main Content

バーチャル ビークル コンポーザー入門

バーチャル ビークル コンポーザー アプリでは、コンポーネントのサイズ設定、燃費、バッテリーの SOC、ドライブ サイクルの追跡、車両のハンドリング操作、ソフトウェア統合テスト、ハードウェアインザループ (HIL) テストなどのシステムレベルのパフォーマンス テストと解析に使用できるバーチャル車両を迅速に構成および作成できます。このアプリを使用して、車両のパラメーター データの入力、バーチャル車両モデルの作成、テスト シナリオの実行、および結果の解析を行います。

バーチャル車両モデルは、Powertrain Blockset™、Vehicle Dynamics Blockset™、および Simscape™ アドオンの一連のブロックおよびリファレンス アプリケーション サブシステムを利用します。バーチャル ビークル コンポーザーは、アーキテクチャの構成とパラメーター データの入力の作業を簡素化します。

バーチャル ビークル コンポーザー アプリを開く

アプリを開くには、次のいずれかを行います。

  • MATLAB® ツールストリップ: [アプリ] タブの [自動車関連] にあるバーチャル ビークル コンポーザー アプリ アイコン Virtual Vehicle Composer icon をクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: 「virtualVehicleComposer」と入力します。

バーチャル ビークル コンポーザーのワークフロー

バーチャル車両を作成、操作、解析するには、バーチャル ビークル コンポーザー アプリの [Composer] タブのオプションを使用します。例の使用を開始するには、ワークフロー ステップに従って四輪の電気自動車 (EV) を作成し、FTP–75 ドライブ サイクルでテストして結果を解析してください。

手順

ボタン

説明

1

バーチャル車両の設定

Virtual Vehicle data icon

Setup

[New] を選択し、以下を指定します。

  • プロジェクト、フォルダー、およびモデルの名前

  • パワートレイン アーキテクチャ

  • モデル テンプレート

  • 車両運動

2

バーチャル車両データの構成

Virtual Vehicle data icon

Data and Calibration

シャシー、タイヤ、ブレーキ タイプ、パワートレイン、およびドライバーを指定します。それぞれの選択について、車両のパラメーター データを入力します。

3

バーチャル車両のシナリオおよびテストの構成

Virtual Vehicle scenario icon

Scenario and Test

バーチャル車両のテスト シナリオを選択します。オプションには、燃費やエネルギー管理の解析のためのドライブ サイクル シナリオなどがあります。

4

バーチャル車両のデータ ログの構成

Virtual Vehicle data logging icon

Logging

バーチャル車両の操作時にログを記録するモデルの信号データを選択します。オプションには、車両の位置、速度、加速度などがあります。

5

バーチャル車両の作成

Virtual Vehicle build icon

Virtual Vehicle

バーチャル車両を作成します。作成すると、構成手順で指定した車両のアーキテクチャとデータを含む Simulink® モデルがバーチャル ビークル コンポーザーによって作成されます。

6

バーチャル車両の操作

Virtual Vehicle operate icon

Run Test Plan

手順 2 で指定したシナリオでモデルをシミュレートします。

7

バーチャル車両の解析

Virtual Vehicle analyze icon

Simulation Data Inspector

シミュレーション データ インスペクターを使用して、シミュレーション信号を表示して調べます。

参考