Main Content

バーチャル ビークル コンポーザー

バーチャルな自動車車両の構成、作成、解析

R2022a 以降

説明

バーチャル ビークル コンポーザー アプリでは、コンポーネントのサイズ設定、燃費、バッテリーの SOC、ドライブ サイクルの追跡、車両のハンドリング操作、ソフトウェア統合テスト、ハードウェアインザループ (HIL) テストなどのシステムレベルのパフォーマンス テストと解析に使用できるバーチャル車両を迅速に構成および作成できます。このアプリを使用して、車両のパラメーター データの入力、バーチャル車両モデルの作成、テスト シナリオの実行、および結果の解析を行います。

バーチャル車両モデルは、Powertrain Blockset™、Vehicle Dynamics Blockset™、および Simscape™ アドオンの一連のブロックおよびリファレンス アプリケーション サブシステムを利用します。バーチャル ビークル コンポーザーは、アーキテクチャの構成とパラメーター データの入力の作業を簡素化します。

Powertrain Blockset がある場合は、アプリを使用して次を行います。

  • 従来型、電気式、ハイブリッド電気式のパワートレイン アーキテクチャを備えた乗用車を構成する。

  • FTP ドライブ サイクルなどのテスト条件で車両を操作する。

  • 設計トレードオフの解析とコンポーネントのサイズ設定を行う。

Vehicle Dynamics Blockset がある場合は、アプリを使用して次を行います。

  • 乗用車を構成し、標準テスト操作を実行して走行およびハンドリングの特性を解析する。

  • ドライブ サイクルと走行およびハンドリング操作でオートバイを構成してテストする。Simscape のライセンスが必要です。

  • Unreal Engine® シミュレーション環境でバーチャル車両を可視化する。

Simscape および次の Simscape アドオンがある場合は、アプリを使用して、Simscape サブシステムで車両を構成できます。

  • Simscape Driveline™

  • Simscape Electrical™

  • Simscape Fluids™

  • Simscape Multibody™"オートバイに必要"

バーチャル車両を作成、操作、解析するには、[Composer] タブを使用します。オプションと設定は使用可能な製品によって異なります。

手順

セクション

ボタン

説明

1

Configure

Virtual Vehicle data icon

Setup

以下を指定します。

  • プロジェクトのパスと構成名

  • 車両のクラス

  • パワートレイン アーキテクチャ

  • モデル テンプレート

  • 車両運動

[Configure] をクリックします。

2

Virtual Vehicle data icon

Data and Calibration

シャシー、ステアリング、サスペンション、タイヤ、ブレーキ、パワートレイン、ドライバー/ライダー、および環境を指定します。それぞれの選択について、パラメーター データを入力します。

3

Virtual Vehicle scenario icon

Scenario and Test

1 つ以上のバーチャル車両テスト シナリオを含むテスト計画を作成します。オプションには、燃費やエネルギー管理の解析のためのドライブ サイクルや、車両のハンドリング操作などがあります。

4

Virtual Vehicle data logging icon

Logging

テスト計画の実行時にログ記録するモデルの信号データを選択します。オプションには、エネルギー関連の量、車両の位置、速度、加速度などがあります。

5

Build

Virtual Vehicle build icon

Virtual Vehicle

バーチャル車両を作成します。作成すると、バーチャル ビークル コンポーザーにより、指定した車両とパワートレインのアーキテクチャとパラメーターを含む Simulink® モデルが作成されて、テスト計画に関連付けられます。

6

Operate

Virtual Vehicle operate icon

Run Test Plan

テスト計画に従ってモデルをシミュレートし、結果の出力データをログ記録します。

メモ

テスト計画全体を実行するには、[Composer] タブの [Operate] セクションで [Run Test Plan] をクリックします。

7

Analyze

Virtual Vehicle analyze icon

Simulation Data Inspector

シミュレーション データ インスペクターを使用して、ログ記録したデータ信号を表示して調べます。

さらなる処理のために、データを保存できます。

必要な製品

バーチャル ビークル コンポーザーでは、次のいずれかの製品が必要です。

Simscape および次の Simscape アドオンがある場合は、アプリを使用して、Simscape サブシステムで車両を構成できます。

Virtual Vehicle Composer app

バーチャル ビークル コンポーザー アプリを開く

  • MATLAB® ツールストリップ: [アプリ] タブの [自動車関連] にあるバーチャル ビークル コンポーザー アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド ウィンドウ: 「virtualVehicleComposer」と入力します。

パラメーター

Setup

バーチャル車両のクラス、パワートレイン アーキテクチャ、モデル テンプレート、および車両運動を迅速に入力するには、ここから開始します。

プロジェクトの場所を文字ベクトルとして指定します。

メモ

[Project path][Configuration name] は合わせて 80 文字未満にする必要があります。

データ型: char

車両およびテスト構成の簡単な指定。

メモ

[Project path][Configuration name] は合わせて 80 文字未満にする必要があります。

データ型: char

車両タイプを指定します。

パラメーター オプションは、使用可能な製品によって異なります。次の表は、Powertrain Blockset および Vehicle Dynamics Blockset で有効になるオプションをまとめています。

設定

Powertrain Blockset

Vehicle Dynamics Blockset

説明

Passenger car iconPassenger car

四輪の乗用車。

Motorcycle iconMotorcycle

 

二輪のオートバイ。

Simscape が必要です。

依存関係

Simscape および次の Simscape アドオンがある場合は、アプリを使用して、Simscape サブシステムで車両を構成できます。

  • Simscape Driveline

  • Simscape Electrical

  • Simscape Fluids

  • Simscape Multibody"オートバイに必要"

[Vehicle class][Motorcycle] に設定すると、アプリによりパラメーター [Model template][Simscape] に設定されます。

パラメーター オプションは、使用可能な製品によって異なります。次の表は、Powertrain Blockset および Vehicle Dynamics Blockset で有効になるオプションをまとめています。

メモ

[Powertrain architecture] の図を参照するには、[Setup] タブをクリックします。モーターの配置を含め、システムの構成が表示されます。

設定

Powertrain Blockset

Vehicle Dynamics Blockset

説明

Conventional Vehicle

SI または CI 内燃エンジン、トランスミッション、および対応する制御ユニットを装備した車両。FWD、RWD、または AWD が考えられます。

Electric Vehicle 1EM

1 つの電気モーター、バッテリー、動力伝達装置、および対応する制御ユニットを装備した車両。FWD、RWD、または AWD が考えられます。

Electric Vehicle 2EM

 

前車軸を駆動する 1 つのモーターと後車軸を駆動する 1 つのモーター、バッテリー、動力伝達装置、および対応する制御ユニットを装備した車両。

Electric Vehicle 3EM Dual Front

 

前車軸を駆動する 2 つの独立したモーターと後車軸を駆動する 1 つのモーター、バッテリー、動力伝達装置、および対応する制御ユニットを装備した車両。

Electric Vehicle 3EM Dual Rear

 

前車軸を駆動する 1 つのモーターと後車軸を駆動する 2 つの独立したモーター、バッテリー、動力伝達装置、および対応する制御ユニットを装備した車両。

Electric Vehicle 4EM

 

各車輪を駆動する 1 つの独立したモーター、バッテリー、および対応する制御ユニットを装備した車両。

Hybrid Electric P0

 

SI エンジン、トランスミッション、モーター、バッテリー、対応する制御ユニットなど、P0 ハイブリッド電動推進機を装備した車両。

Hybrid Electric P1

 

SI エンジン、トランスミッション、モーター、バッテリー、対応する制御ユニットなど、P1 ハイブリッド電動推進機を装備した車両。

Hybrid Electric P2

 

SI エンジン、トランスミッション、モーター、バッテリー、対応する制御ユニットなど、P2 ハイブリッド電動推進機を装備した車両。

Hybrid Electric P3

 

SI エンジン、トランスミッション、モーター、バッテリー、対応する制御ユニットなど、P3 ハイブリッド電動推進機を装備した車両。

Hybrid Electric P4

 

SI エンジン、トランスミッション、モーター、バッテリー、対応する制御ユニットなど、P4 ハイブリッド電動推進機を装備した車両。

Hybrid Electric MM

 

SI エンジン、トランスミッション、モーター、発電機、バッテリー、対応する制御ユニットなど、マルチモード ハイブリッド電動推進機を装備した車両。

Hybrid Electric IPS

 

SI エンジン、トランスミッション、モーター、発電機、バッテリー、対応する制御ユニットなど、入力パワー スプリット ハイブリッド電動推進機を装備した車両。

Conventional Motorcycle with Chain Drive

 

SI エンジン、トランスミッション、チェーン/ベルト ドライブの各減速、および対応する制御ユニットを装備したオートバイ。

Simscape が必要です。

Electric Motorcycle with Chain Drive

 

電気モーター、ギア、チェーン/ベルト ドライブの各減速、バッテリー、および対応する制御ユニットを装備したオートバイ。

Simscape が必要です。

Simscape および Simscape アドオンがある場合は、アプリを使用して、Simscape サブシステムを組み込んだオートバイなどの車両を構成できます。

[Simulink] または [Simscape] の車両プラント モデルとパワートレイン アーキテクチャを指定します。既定では、バーチャル車両には [Simulink] モデル テンプレートが使用されます。

Simscape および次の Simscape アドオンがある場合は、アプリを使用して、Simscape サブシステムで車両を構成できます。

  • Simscape Driveline

  • Simscape Electrical

  • Simscape Fluids

  • Simscape Multibody"オートバイに必要"

依存関係

[Vehicle class][Motorcycle] に設定すると、アプリにより [Model template][Simscape] に設定されます。オートバイを構成する場合、[Simulink] をモデル テンプレートとして選択することはできません。

バーチャル車両の運動を指定します。

車両のクラス車両運動目的
Passenger car

Longitudinal vehicle dynamics icon Longitudinal vehicle dynamics

燃費およびエネルギー管理の解析。

Combined longitudinal and lateral vehicle dynamics icon Combined longitudinal and lateral vehicle dynamics

車両のハンドリング、安定性、および乗り心地の解析。

Motorcycle

In-plane motorcycle dynamics icon In-plane motorcycle dynamics

燃費およびエネルギー管理の解析。

Out-of-plane motorcycle dynamics icon Out-of-plane motorcycle dynamics

車両のハンドリング、安定性、および乗り心地の解析。

バーチャル車両では、SAE J670 および ISO 8855 で定義されているように、"Z" が上向きの座標系が使用されます。詳細については、Vehicle Dynamics Blockset の座標系を参照してください。

パラメーター オプションは、使用可能な製品によって異なります。次の表は、Powertrain Blockset および Vehicle Dynamics Blockset で有効になるオプションをまとめています。

設定

Powertrain Blockset

Vehicle Dynamics Blockset

説明

Longitudinal vehicle dynamics

燃費とエネルギー管理の解析に適した 1 または 3 自由度 (DOF) の従来の車両モデル。

Combined longitudinal and lateral vehicle dynamics

 

車両のハンドリング、安定性、および乗り心地の解析に適した 6 DOF の従来の車両。

In-plane motorcycle dynamics 

燃費とエネルギー管理の解析に適した 3 DOF のオートバイ モデル。

このモデルでは、縦方向運動、垂直方向運動、およびピッチ運動を計算するためのオートバイ車体の縦方向の断面モデルを実装します。

Simscape および Simscape アドオンがある場合に使用できます。

Out-of-plane motorcycle dynamics 

車両のハンドリング、安定性、および乗り心地の解析に適した 6 DOF のオートバイ。

Simscape および Simscape アドオンがある場合に使用できます。

Data and Calibration: 乗用車

アプリを使用して、シャシー、サスペンション、タイヤ、パワートレイン、ドライバーなど、バーチャル乗用車のパラメーターを迅速に設定できます。各パラメーターにいずれかのオプションを選択します。使用可能なオプションは、[Setup] の選択によって異なります。

パラメーター説明
Chassisシャシー タイプを選択します。使用可能なオプションは、[Vehicle dynamics] の設定によって異なります。
Steering System

Vehicle Dynamics Blockset があり [Vehicle dynamics][Combined longitudinal and lateral vehicle dynamics] に設定した場合、ステアリング システムを指定できます。

Suspension

Vehicle Dynamics Blockset があり [Vehicle dynamics][Combined longitudinal and lateral vehicle dynamics] に設定した場合、サスペンションを指定できます。

Tireタイヤ モデルとタイヤ データを選択します。使用可能なオプションは、[Vehicle dynamics] の設定によって異なります。
Brake Type

ブレーキ タイプとパラメーターを選択します。[Brake Control Unit] パラメーターを使用してブレーキ制御を指定します。

Powertrainエンジン、電気モーター、トランスミッション、ドライブトレイン、デファレンシャル システム、および電気システムのパラメーターを選択します。使用可能なオプションは、選択されている [Powertrain architecture] によって異なります。
Driver[Driver] モデルを選択します。使用可能なオプションは、[Vehicle dynamics] の設定によって異なります。
Environment

[Ambient Conditions] でパラメーターを設定して、動作環境を指定します。

Virtual Vehicle Composer app scenario and test tab

乗用車のシャシー

パラメーター オプションは、使用可能な製品によって異なります。次の表は、Powertrain Blockset および Vehicle Dynamics Blockset で有効になるオプションをまとめています。

設定

Powertrain Blockset

Vehicle Dynamics Blockset

説明

Vehicle Body 1DOF Longitudinal

1 DOF の縦方向の車両運動に関するシャシー モデル。[Vehicle dynamics][Longitudinal vehicle dynamics] に設定した場合に使用できます。

Vehicle Body 3DOF Longitudinal

3 DOF の車両運動に関するシャシー モデル。縦方向運動、垂直方向運動、およびピッチ運動を可能にします。[Vehicle dynamics][Longitudinal vehicle dynamics] に設定した場合に使用できます。

Vehicle Body 6DOF Longitudinal and Lateral 

6 DOF の縦方向、横方向、および垂直方向の車両運動に関するシャシー モデル。6 度すべての車両運動を可能にします。[Vehicle dynamics][Combined longitudinal and lateral vehicle dynamics] に設定した場合に使用できます。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで [Vehicle class][Passenger car] に設定します。

乗用車のステアリング システム

パラメーター オプションは、使用可能な製品によって異なります。次の表は、Powertrain Blockset および Vehicle Dynamics Blockset で有効になるオプションをまとめています。

設定

Powertrain Blockset

Vehicle Dynamics Blockset

説明

対象

Kinematic Steering

 

運動学的ステアリング モデル。アッカーマン ステアリングに適しています。

[Chassis][Vehicle Body 6DOF Longitudinal and Lateral] に設定した場合に使用できます。

Mapped Steering

 

マッピングされたラックアンドピニオン ステアリング モデル。

Steering System

 

ラックアンドピニオン ステアリング ジオメトリとコンプライアンスを組み込んだ詳細なステアリング システム。

Simscape Steering

 

 [Model template][Simscape] に、[Chassis][Vehicle Body 6DOF Longitudinal and Lateral] に設定した場合に使用できます。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで [Vehicle class][Passenger car] に設定します。

乗用車のサスペンション システム

パラメーター オプションは、使用可能な製品によって異なります。次の表は、Powertrain Blockset および Vehicle Dynamics Blockset で有効になるオプションをまとめています。

設定

Powertrain Blockset

Vehicle Dynamics Blockset

説明

対象

Kinematics and Compliance Independent Suspension

 

前車軸および後車軸の独立サスペンションの運動学およびコンプライアンス (K&C) の特性。

[Chassis][Vehicle Body 6DOF Longitudinal and Lateral] に設定した場合に使用できます。

MacPherson Front Suspension Solid Axle Rear Suspension

 

独立マクファーソン ストラット フロント サスペンションおよびソリッドな後車軸。

Kinematics and Compliance Twist Beam Suspension

 

次の運動学およびコンプライアンス (K&C) の特性:

  • 前車軸の独立サスペンション

  • 後車軸のツイストビーム サスペンション

Simscape Suspension

 

前車軸と後車軸のダブルウィッシュボーン式サスペンション。

[Model template][Simscape] に、[Chassis][Vehicle Body 6DOF Longitudinal and Lateral] に設定した場合に使用できます。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで次のようにします。

  • [Vehicle class][Passenger car] に設定します。

  • [Vehicle dynamics][Combined longitudinal and lateral vehicle dynamics] に設定します。

乗用車のタイヤ

パラメーター オプションは、使用可能な製品によって異なります。次の表は、Powertrain Blockset および Vehicle Dynamics Blockset で有効になるオプションをまとめています。

設定

Powertrain Blockset

Vehicle Dynamics Blockset

説明

対象

MF Tires Longitudinal

燃費やエネルギー管理の解析など、縦方向の車両運動の調査に適したタイヤ モデル。

マジック フォーミュラ 6.2 方程式の縦方向パラメーターのみが使用されます。転がり抵抗を変更するオプションが含まれます。

[Chassis][Vehicle Body 1DOF Longitudinal] または [Vehicle Body 3DOF Longitudinal] に設定した場合に使用できます。

Combined Slip Tires Longitudinal

 

加速、ブレーキ、乗り心地の解析など、縦方向の車両運動の調査に適したタイヤ モデル。

マジック フォーミュラ 6.2 方程式の縦方向パラメーターのみが使用されます。

[Tire Data] パラメーターを使用して、Global Center for Automotive Performance Simulation (GCAPS) が提供する次のようなタイヤに関する装着タイヤ データ セットを指定できます。

  • Light passenger car 205/60R15

  • Mid-size passenger car 235/45R18

  • Performance car 225/40R19

  • SUV 265/50R20

  • Light truck 275/65R18

  • Commercial truck 295/75R22.5

MF Tires Longitudinal and Lateral 

車両のハンドリング、安定性、乗り心地の解析など、縦方向および横方向の車両運動の調査に適したタイヤ モデル。マジック フォーミュラ 6.2 方程式が使用されます。

[Tire Data] パラメーターを使用して、Global Center for Automotive Performance Simulation (GCAPS) が提供する次のようなタイヤに関する装着タイヤ データ セットを指定できます。

  • Light passenger car 205/60R15

  • Mid-size passenger car 235/45R18

  • Performance car 225/40R19

  • SUV 265/50R20

  • Light truck 275/65R18

  • Commercial truck 295/75R22.5

[Chassis][Vehicle Body 6DOF Longitudinal and Lateral] に設定した場合に使用できます。

Fiala Tires Longitudinal and Lateral 

車両のハンドリング、安定性、乗り心地の解析など、縦方向および横方向の車両運動の調査に適した簡易タイヤ モデル。

パラメーターは直感的で簡単に調整できますが、忠実度が多少損なわれます。

マジック フォーミュラによって必要とされるタイヤ係数がなく、広範な横方向の非線形複合滑りまたは横方向の運動が関係しない調査を実施する場合は、この設定を検討してください。

Simscape MF Tires  

車両のハンドリング、安定性、乗り心地の解析など、縦方向および横方向の車両運動の調査に適した Simscape タイヤ モデル。マジック フォーミュラ方程式が使用されます。

[Model template][Simscape] に設定し、[Chassis][Vehicle Body 6DOF Longitudinal and Lateral] に設定した場合に使用できます。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで [Vehicle class][Passenger car] に設定します。

乗用車のブレーキ システム

パラメーター オプションは、使用可能な製品によって異なります。次の表は、Powertrain Blockset および Vehicle Dynamics Blockset で有効になるオプションをまとめています。

設定

Powertrain Blockset

Vehicle Dynamics Blockset

説明

Disc

ブレーキ モデルは、ブレーキの流体圧力を制動トルクに変換します。

Drum

ブレーキ モデルは、ブレーキの流体圧力とブレーキ ジオメトリを制動トルクに変換します。
Mapped

ブレーキ トルクは、車輪回転数とブレーキの流体圧力のマッピングされた関数です。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで [Vehicle class][Passenger car] に設定します。

パラメーター オプションは、使用可能な製品によって異なります。次の表は、Powertrain Blockset および Vehicle Dynamics Blockset で有効になるオプションをまとめています。

設定

Powertrain Blockset

Vehicle Dynamics Blockset

説明

Open Loop

開ループ ブレーキ制御。制動指令の唯一の関数としての、コントローラー コマンドのブレーキ圧。

Bang Bang ABS

実際の滑りと望ましい滑りの間の誤差を最小限に抑えるために 2 つの状態を切り替える、アンチロック ブレーキ システム (ABS) フィードバック コントローラー。ここで、望ましい滑りは、タイヤの摩擦係数がその最大値に達する値です。

Five-State ABS and TCS

車輪加速度と車両加速度に基づく論理スイッチを使用して各車輪のブレーキ圧力を制御する 5 状態の ABS およびトラクション制御システム (TCS)。

操作時の車輪のロックアップを防止し、制動距離を短縮し、ヨー安定性を維持するには、5 状態の ABS および TCS 制御の使用を検討してください。既定の ABS のパラメーターは、摩擦係数のスケーリング係数が 0.6 で一定である路面を想定して設定されています。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで [Vehicle class][Passenger car] に設定します。

乗用車のパワートレイン

パラメーター オプションは、使用可能な製品によって異なります。次の表は、Powertrain Blockset および Vehicle Dynamics Blockset で有効になるオプションをまとめています。

設定

Powertrain Blockset

Vehicle Dynamics Blockset

説明

SI Mapped Engine

パワー、空気質量流量、燃料流量、排気温度、効率およびエミッションの各性能のルックアップ テーブルを使用するマッピングされた SI エンジン モデル。

[SI Mapped Engine] を選択すると、[Engine Control Unit] パラメーターが [SI Engine Controller] に設定されます。

Model-Based Calibration Toolbox™ がある場合、静的キャリブレーションを生成できます。[Calibrate from Data] のオプションから選択します。詳細については、Calibrate Mapped SI Engine Using Data (Powertrain Blockset)を参照してください。

Simple Engine (SI)

エンジン トルクと燃料流量を推定するために、最大トルクとエンジン回転数のテーブル、2 つのスカラーの燃料質量プロパティ、および 1 つのスカラーのエンジン効率パラメーターを使用する簡易 SI エンジン モデル。

[Simple Engine (SI)] を選択すると、[Engine Control Unit] パラメーターが [Simple ECU] に設定されます。

Simple Engine (CI)

エンジン トルクと燃料流量を推定するために、最大トルクとエンジン回転数のテーブル、2 つのスカラーの燃料質量プロパティ、および 1 つのスカラーのエンジン効率パラメーターを使用する簡易 CI エンジン モデル。

[Simple Engine (CI)] を選択すると、[Engine Control Unit] パラメーターが [Simple ECU] に設定されます。

CI Engine

 

吸気端子から排気端子までのモデル化された圧縮点火エンジン。

[CI Engine] を選択すると、[Engine Control Unit] パラメーターが [CI Engine Controller] に設定されます。

CI Mapped Engine

 

パワー、空気質量流量、燃料流量、排気温度、効率およびエミッションの各性能のルックアップ テーブルを使用するマッピングされた CI エンジン モデル。

[CI Mapped Engine] を選択すると、[Engine Control Unit] パラメーターが [CI Engine Controller] に設定されます。

Model-Based Calibration Toolbox がある場合、静的キャリブレーションを生成できます。[Calibrate from Data] のオプションから選択します。詳細については、Calibrate Mapped CI Engine Using Data (Powertrain Blockset)を参照してください。

SI Engine

 

吸気端子から排気端子までのモデル化された火花点火エンジン。

[SI Engine] を選択すると、[Engine Control Unit] パラメーターが [SI Engine Controller] に設定されます。

SI Deep Learning Engine

 

深層学習 SI エンジン。

Deep Learning Toolbox™ および Statistics and Machine Learning Toolbox™ のライセンスがある場合に使用できます。この設定を使用すると、パワートレイン制御、診断、および推定器のアルゴリズム設計に使用する動的な深層学習 SI エンジン モデルが生成されます。

[SI Deep Learning Engine] を選択すると、[Engine Control Unit] パラメーターが [SI Engine Controller] に設定されます。

詳細については、Generate Deep Learning SI Engine Model (Powertrain Blockset)を参照してください。

FMU Engine

Functional Mockup Unit (FMU) エンジンは、次のエンジン入力とエンジン出力をもつ FMU ブロックを実装します。

入力出力

トルク コマンド

エンジン RPM

ブレーキ トルク

燃料流量

気流

排気ガス温度

空燃比

ブレーキ固有の燃料消費 (BSFC)

クランク角

[FMU Engine] を選択すると、[Engine Control Unit] パラメーターが [Simple ECU] に設定されます。

FMU エンジン モデルを実装するには、次のようにします。

  1. [Engine][FMU Engine] に設定します。

  2. [Browse] を使用して FMU ファイルを選択します。

  3. [Read] を選択して FMU の入力と出力を検証します。

    • 検証にパスした場合、FMU の入力数と出力数は FMU Import サブシステムの信号と一致します。

    • 検証で警告が表示された場合、FMU の入力数と出力数は FMU Import サブシステムの信号と一致しません。ただし、その場合も、FMU ファイルをインポートして手動で信号を接続できます。

  4. [Import] を選択して、バーチャル車両の FMU Import サブシステムで FMU を統合します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで次のようにします。

  • [Vehicle class][Passenger car] に設定します。

  • [Powertrain architecture] を次のいずれかのオプションに設定します。

    • Conventional Vehicle

    • Hybrid Electric Vehicle P0

    • Hybrid Electric Vehicle P1

    • Hybrid Electric Vehicle P2

    • Hybrid Electric Vehicle P3

    • Hybrid Electric Vehicle P4

    • Hybrid Electric Vehicle MM

    • Hybrid Electric Vehicle IPS

パラメーター オプションは、使用可能な製品によって異なります。次の表は、Powertrain Blockset および Vehicle Dynamics Blockset で有効になるオプションをまとめています。

設定

Powertrain Blockset

Vehicle Dynamics Blockset

説明

Ideal Fixed Gear Transmission

クラッチまたは同期のない理想的な固定ギア式トランスミッション。この設定を使用すると、詳細なトランスミッション モデルが不要な場合にギア比と電力損失がモデル化されます。

Automatic Transmission with Torque Converter

 

遊星歯車とトルク コンバーターを装備したオートマチック トランスミッション。

Automated Manual Transmission

 

追加のアクチュエータと電子コントロール ユニット (ECU) を使用して、コントローラーからの指令に基づいてクラッチおよびギア選択を調整するマニュアル トランスミッション。クラッチおよび同期装置のかみ合い比は線形であり、調整可能です。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで次のようにします。

  • [Vehicle class][Passenger car] に設定します。

  • [Powertrain architecture] を次のいずれかのオプションに設定します。

    • Conventional Vehicle

    • Hybrid Electric Vehicle P0

    • Hybrid Electric Vehicle P1

    • Hybrid Electric Vehicle P2

    • Hybrid Electric Vehicle P3

    • Hybrid Electric Vehicle P4

パラメーター オプションは、使用可能な製品によって異なります。次の表は、Powertrain Blockset および Vehicle Dynamics Blockset で有効になるオプションをまとめています。

設定

Powertrain Blockset

Vehicle Dynamics Blockset

説明

PRNDL Controller

選択されたシフト スケジュールに従って前進、後退、ニュートラル、パーキング、N 回転数のギア シフトを実行するコントローラー。複数のスケジュールを提供し、ブロック入力を使用してそれらを選択できます。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで次のようにします。

  • [Vehicle class][Passenger car] に設定します。

  • [Powertrain architecture] を次のいずれかのオプションに設定します。

    • Conventional Vehicle

    • Hybrid Electric Vehicle P0

    • Hybrid Electric Vehicle P1

    • Hybrid Electric Vehicle P2

    • Hybrid Electric Vehicle P3

    • Hybrid Electric Vehicle P4

パラメーター オプションは、使用可能な製品によって異なります。次の表は、Powertrain Blockset および Vehicle Dynamics Blockset で有効になるオプションをまとめています。

設定

Powertrain Blockset

Vehicle Dynamics Blockset

説明

Front Wheel Drive

前車軸の両方の車輪を駆動します。

Rear Wheel Drive

後車軸の両方の車輪を駆動します。

All Wheel Drive

4 つのすべての車輪を駆動します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで [Vehicle class][Passenger car] に設定します。

パラメーター オプションは、使用可能な製品によって異なります。次の表は、Powertrain Blockset および Vehicle Dynamics Blockset で有効になるオプションをまとめています。

設定

Powertrain Blockset

Vehicle Dynamics Blockset

説明

Open Differential

両方の車輪に等しいトルクを使用してディファレンシャル アクションを実装します。

Active Differential

アクティブな素子をオープン ディファレンシャルと結合して、望ましい車軸トルク バイアスを達成します。

[Model template][Simscape] に設定した場合は使用できません。

Limited Slip Differential

パッシブな摩擦素子をオープン ディファレンシャルと結合して、望ましい車軸トルク バイアスを達成します。

Dual EM Drive Front 2 つの電気モーターが前輪を独立して駆動し、ディファレンシャル アクションを実現します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Vehicle class][Passenger car] に設定し、[Drivetrain][Front Wheel Drive] または [All Wheel Drive] に設定します。

あるいは、[Vehicle class][Passenger car] に設定し、[Powertrain architecture][Electric Vehicle 3EM Dual Front][Electric Vehicle 3EM Dual Rear]、または [Electric Vehicle 4EM] に設定します。

パラメーター オプションは、使用可能な製品によって異なります。次の表は、Powertrain Blockset および Vehicle Dynamics Blockset で有効になるオプションをまとめています。

設定

Powertrain Blockset

Vehicle Dynamics Blockset

説明

Open Differential

両方の車輪に等しいトルクを使用してディファレンシャル アクションを実装します。

Active Differential

アクティブな素子をオープン ディファレンシャルと結合して、望ましい車軸トルク バイアスを達成します。

[Model template][Simscape] に設定した場合は使用できません。

Limited Slip Differential

パッシブな摩擦素子をオープン ディファレンシャルと結合して、望ましい車軸トルク バイアスを達成します。

Dual EM Drive Rear 2 つの電気モーターが後輪を独立して駆動し、ディファレンシャル アクションを実現します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Vehicle class][Passenger car] に設定し、[Drivetrain][Rear Wheel Drive] または [All Wheel Drive] に設定します。

あるいは、[Vehicle class][Passenger car] に設定し、[Powertrain architecture][Electric Vehicle 3EM Dual Front][Electric Vehicle 3EM Dual Rear]、または [Electric Vehicle 4EM] に設定します。

前車軸と後車軸間の結合をトランスファー ケースとして指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Vehicle class][Passenger car] に設定し、[Drivetrain][All Wheel Drive] に設定します。

昇圧 (電圧上昇) および降圧 (電圧降下) 動作をサポートする双方向 DC-DC コンバーター。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Vehicle class][Passenger car] に設定し、[Powertrain architecture] を次のいずれかのオプションに設定します。

  • Electric Vehicle xEM。ここで、x は 1、2、または 4 です。

  • Electric Vehicle 3EM Dual Front

  • Electric Vehicle 3EM Dual Rear

  • Hybrid Electric Vehicle Px。ここで、x は 0、1、2、3、または 4 です。

  • Hybrid Electric Vehicle MM

  • Hybrid Electric Vehicle IPS

[Setup] ペインの [Powertrain architecture] の図に表示される、各位置 x のモーターのバーチャル車両の電気機械設定。

設定

Powertrain Blockset

Vehicle Dynamics Blockset

説明

Electric Vehicle 1EM

最大トルクはモーター回転数に対してマッピングされ、機械損失は回転数とトルクの関数としてマッピングされます。各モーターのパラメーターは、その位置によって設定されます。

Electric Vehicle 2EM

 

Electric Vehicle 3EM Dual Front

 

Electric Vehicle 3EM Dual Rear

 

Electric Vehicle 4EM

 

Hybrid Electric Vehicle P0

 

Hybrid Electric Vehicle P1

 

Hybrid Electric Vehicle P2

 

Hybrid Electric Vehicle P3

 

Hybrid Electric Vehicle P4

 

Hybrid Electric Vehicle MM

 

Hybrid Electric Vehicle IPS

 

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Vehicle class][Passenger car] に設定し、[Powertrain architecture] を次のいずれかのオプションに設定します。

  • Electric Vehicle xEM。ここで、x は 1、2、または 4 です。

  • Electric Vehicle 3EM Dual Front

  • Electric Vehicle 3EM Dual Rear

  • Hybrid Electric Vehicle Px。ここで、x は 0、1、2、3、または 4 です。

  • Hybrid Electric Vehicle MM

  • Hybrid Electric Vehicle IPS

パラメーター オプションは、使用可能な製品によって異なります。次の表は、Powertrain Blockset および Vehicle Dynamics Blockset で有効になるオプションをまとめています。

設定

Powertrain Blockset

Vehicle Dynamics Blockset

説明

Mapped Battery (Electric Vehicle 1EM)

開回路電圧と内部抵抗は、充電状態 (SOC) とバッテリー温度のマッピングされた関数です。

Mapped Battery (Electric Vehicle 2EM)

 

Mapped Battery (Electric Vehicle 3EM Dual Front)

 

Mapped Battery (Electric Vehicle 3EM Dual Rear)

 

Mapped Battery (Electric Vehicle 4EM)

 

Mapped Battery (Hybrid Electric Vehicle P0)

 

Mapped Battery (Hybrid Electric Vehicle P1)

 

Mapped Battery (Hybrid Electric Vehicle P2)

 

Mapped Battery (Hybrid Electric Vehicle P3)

 

Mapped Battery (Hybrid Electric Vehicle P4)

 

Mapped Battery (Hybrid Electric Vehicle MM)

 

Mapped Battery (Hybrid Electric Vehicle IPS)

 

Ideal Voltage Source

無限の貯蔵容量をもつ定電圧源。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Vehicle class][Passenger car] に設定し、[Powertrain architecture] を次のいずれかのオプションに設定します。

  • Electric Vehicle xEM。ここで、x は 1、2、または 4 です。

  • Electric Vehicle 3EM Dual Front

  • Electric Vehicle 3EM Dual Rear

  • Hybrid Electric Vehicle Px。ここで、x は 0、1、2、3、または 4 です。

  • Hybrid Electric Vehicle MM

  • Hybrid Electric Vehicle IPS

パラメーター オプションは、使用可能な製品によって異なります。次の表は、Powertrain Blockset および Vehicle Dynamics Blockset で有効になるオプションをまとめています。

設定

Powertrain Blockset

Vehicle Dynamics Blockset

Powertrain Architecture

説明

EV 1EM with BMS

Electric Vehicle 1EMトルク調停と電力管理でモーターを制御します。回生ブレーキを実装します。
EV 2EM

 Electric Vehicle 2EM
EV 3EM Dual Front

 Electric Vehicle 3EM Dual Front
EV 3EM Dual Rear

 Electric Vehicle 3EM Dual Rear
EV 4EM

 Electric Vehicle 4EM

HEVP0 Optimal

 Hybrid Electric Vehicle P0

等価消費最小化戦略 (ECMS) を実装してハイブリッド電気自動車 (HEV) のエネルギー管理を制御します。この戦略では、エンジンとモーター間のトルク分割を最適化することで、バッテリーの充電状態 (SOC) を維持しながらエネルギー消費を最小限に抑えます。回生ブレーキを実装します。

HEVP1 Optimal

 Hybrid Electric Vehicle P1

HEVP2 Optimal

 

Hybrid Electric Vehicle P2

HEVP3 Optimal

 

Hybrid Electric Vehicle P3

HEVP4 Optimal

 

Hybrid Electric Vehicle P4

HEVMM RuleBased

 

Hybrid Electric Vehicle MM

Stateflow® に実装されている一連の規則と判定ロジックによってモーター、発電機、およびエンジンを制御します。回生ブレーキを実装します。

HEVIPS RuleBased

 

Hybrid Electric Vehicle IPS

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Vehicle class][Passenger car] に設定し、[Powertrain architecture] を次のいずれかのオプションに設定します。

  • Electric Vehicle xEM。ここで、x は 1、2、または 4 です。

  • Electric Vehicle 3EM Dual Front

  • Electric Vehicle 3EM Dual Rear

  • Hybrid Electric Vehicle Px。ここで、x は 0、1、2、3、または 4 です。

  • Hybrid Electric Vehicle MM

  • Hybrid Electric Vehicle IPS

乗用車のドライバー

パラメーター オプションは、使用可能な製品によって異なります。次の表は、Powertrain Blockset および Vehicle Dynamics Blockset で有効になるオプションをまとめています。

設定

Powertrain Blockset

Vehicle Dynamics Blockset

説明

Longitudinal Driver

縦方向の速度追跡コントローラーを実装します。

Predictive Driver

 

参照姿勢に対する縦方向の速度と横方向の変位を追跡します。

[Vehicle dynamics][Combined longitudinal and lateral vehicle dynamics] に設定した場合に使用できます。

Predictive Stanley Driver

 

車両の現在の速度と方向に基づいて、車両の現在の姿勢が参照姿勢と一致するように、ステアリング角度コマンドを調整します。

[Vehicle dynamics][Combined longitudinal and lateral vehicle dynamics] に設定した場合に使用できます。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで [Vehicle class][Passenger car] に設定します。

環境

[Ambient Conditions] でパラメーターを設定して、動作環境を指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで [Vehicle class][Passenger car] に設定します。

Data and Calibration: オートバイ

アプリを使用して、シャシー、サスペンション、タイヤ、パワートレイン、ライダーなど、バーチャル オートバイのパラメーターを迅速に設定できます。各パラメーターにいずれかのオプションを選択します。使用可能なオプションは、[Setup] の選択によって異なります。

[Vehicle class][Motorcycle] に設定して構成されたすべての車両には、以下が必要です。

  • Vehicle Dynamics Blockset

  • Simscape Multibody

パラメーター説明
Chassis

シャシー タイプを選択します。使用可能なオプションは、[Vehicle dynamics] の設定によって異なります。

Steering System

[Vehicle dynamics][Out-of-plane motorcycle dynamics] に設定すると、ステアリング システムを指定できます。

Front Suspension

[Vehicle dynamics][Out-of-plane motorcycle dynamics] に設定すると、フロント サスペンションを指定できます。

Rear Suspension

[Vehicle dynamics][Out-of-plane motorcycle dynamics] に設定すると、リア サスペンションを指定できます。

Front Tire

フロント タイヤ モデルとタイヤ データを選択します。

Rear Tire

リア タイヤ モデルとタイヤ データを選択します。

Front Brake Type

フロント ブレーキ タイプを選択し、パラメーターを設定します。

Rear Brake Type

リア ブレーキ タイプを選択し、パラメーターを設定します。

Brake Control Unit

ブレーキ制御タイプを指定します。

Powertrain

エンジン、電気モーター、チェーン ドライブのパラメーターを選択します。使用可能なオプションは、[Powertrain architecture] の設定によって異なります。

Rider

ライダーの物理モデルとコントローラー モデルを指定します。

Environment

[Ambient Conditions] でパラメーターを設定して、動作環境を指定します。

Virtual Vehicle Composer app scenario and test tab

オートバイのシャシー

[Vehicle class][Motorcycle] に設定して構成されたすべての車両には、Vehicle Dynamics Blockset および Simscape Multibody が必要です。

設定

説明

In-Plane Model

縦方向/垂直方向の設計における運動をモデル化します。

[Vehicle dynamics][In-plane motorcycle dynamics] に設定されている場合に使用できます。

Out-of-Plane Model

6 DOF で運動をモデル化します。

[Vehicle dynamics][Out-of-plane motorcycle dynamics] に設定されている場合に使用できます。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで [Vehicle class][Motorcycle] に設定します。

[Vehicle class][Motorcycle] に設定して構成されたすべての車両には、Vehicle Dynamics Blockset および Simscape Multibody が必要です。

設定

説明

Steering

フレームに取り付けられた回転ジョイント上のハンドルバー ステアリング フロント フォーク。

No Steering

ゼロで固定されたステアリング角度。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで次のようにします。

  • [Vehicle class][Motorcycle] に設定します。

  • [Vehicle dynamics][Out-of-plane motorcycle dynamics] に設定します。

[Vehicle class][Motorcycle] に設定して構成されたすべての車両には、Vehicle Dynamics Blockset および Simscape Multibody が必要です。

設定

説明

No Damper

ねじり減衰なし。

Linear Damper

線形の粘性減衰をもつステアリング軸を中心としたねじりダンパー。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで次のようにします。

  • [Vehicle class][Motorcycle] に設定します。

  • [Vehicle dynamics][Out-of-plane motorcycle dynamics] に設定します。

[Vehicle class][Motorcycle] に設定して構成されたすべての車両には、Vehicle Dynamics Blockset および Simscape Multibody が必要です。

設定

説明

Linear Spring and Damper Front

線形のバネとダンパーをもつ伸縮フォーク。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで次のようにします。

  • [Vehicle class][Motorcycle] に設定します。

  • [Vehicle dynamics][Out-of-plane motorcycle dynamics] に設定します。

[Vehicle class][Motorcycle] に設定して構成されたすべての車両には、Vehicle Dynamics Blockset および Simscape Multibody が必要です。

設定

説明

Linear Spring and Damper Rear

ねじりバネとダンパーをもつスイング アーム。剛性と減衰は線形です。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで次のようにします。

  • [Vehicle class][Motorcycle] に設定します。

  • [Vehicle dynamics][Out-of-plane motorcycle dynamics] に設定します。

[Vehicle class][Motorcycle] に設定して構成されたすべての車両には、Vehicle Dynamics Blockset および Simscape Multibody が必要です。

設定

説明

Linear Tire Front

Simscape モデリングを使用した、線形の力とモーメントのモデルをもつタイヤ。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで [Vehicle class][Motorcycle] に設定します。

[Vehicle class][Motorcycle] に設定して構成されたすべての車両には、Vehicle Dynamics Blockset および Simscape Multibody が必要です。

設定

説明

Linear Tire Rear

Simscape モデリングを使用した、線形の力とモーメントのモデルをもつタイヤ。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで [Vehicle class][Motorcycle] に設定します。

[Vehicle class][Motorcycle] に設定して構成されたすべての車両には、Vehicle Dynamics Blockset および Simscape Multibody が必要です。

設定

説明

Disc

ブレーキ モデルは、ブレーキの流体圧力を制動トルクに変換します。

Drum

ブレーキ モデルは、ブレーキの流体圧力とブレーキ ジオメトリを制動トルクに変換します。
Mappedブレーキ トルクは、車輪回転数とブレーキの流体圧力のマッピングされた関数です。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで [Vehicle class][Motorcycle] に設定します。

[Vehicle class][Motorcycle] に設定して構成されたすべての車両には、Vehicle Dynamics Blockset および Simscape Multibody が必要です。

設定

説明

Disc

ブレーキ モデルは、ブレーキの流体圧力を制動トルクに変換します。

Drum

ブレーキ モデルは、ブレーキの流体圧力とブレーキ ジオメトリを制動トルクに変換します。
Mappedブレーキ トルクは、車輪回転数とブレーキの流体圧力のマッピングされた関数です。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで [Vehicle class][Motorcycle] に設定します。

[Vehicle class][Motorcycle] に設定して構成されたすべての車両には、Vehicle Dynamics Blockset および Simscape Multibody が必要です。

設定

説明

Open Loop

開ループ ブレーキ制御。制動指令の唯一の関数としての、コントローラー コマンドのブレーキ圧。

Bang Bang ABS

実際の滑りと望ましい滑りの間の誤差を最小限に抑えるために 2 つの状態を切り替える、アンチロック ブレーキ システム (ABS) フィードバック コントローラー。ここで、望ましい滑りは、タイヤの摩擦係数がその最大値に達する値です。

Five-State ABS and TCS

車輪加速度と車両加速度に基づく論理スイッチを使用して各車輪のブレーキ圧力を制御する 5 状態の ABS およびトラクション制御システム (TCS)。

操作時の車輪のロックアップを防止し、制動距離を短縮し、ヨー安定性を維持するには、5 状態の ABS および TCS 制御の使用を検討してください。既定の ABS のパラメーターは、摩擦係数のスケーリング係数が 0.6 で一定である路面を想定して設定されています。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで [Vehicle class][Motorcycle] に設定します。

オートバイのパワートレイン

[Vehicle class][Motorcycle] に設定して構成されたすべての車両には、Vehicle Dynamics Blockset および Simscape Multibody が必要です。

設定

説明

Simple Engine

エンジン トルクと燃料流量を推定するために、最大トルクとエンジン回転数のテーブル、2 つのスカラーの燃料質量プロパティ、および 1 つのスカラーのエンジン効率パラメーターを使用する簡易 SI エンジン モデル。

[Powertrain architecture][Conventional Motorcycle with Chain Drive] に設定した場合に使用できます。

SI Mapped Engine

パワー、空気質量流量、燃料流量、排気温度、効率およびエミッションの各性能のルックアップ テーブルを使用するマッピングされた SI エンジン モデル。

[Powertrain architecture][Conventional Motorcycle with Chain Drive] に設定した場合に使用できます。

Mapped Motor

電気モーター。最大トルクはモーター回転数に対してマッピングされ、機械損失は回転数とトルクの関数としてマッピングされます。

[Powertrain architecture][Electric Motorcycle with Chain Drive] に設定した場合に使用できます。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで [Vehicle class][Motorcycle] に設定します。

[Vehicle class][Motorcycle] に設定して構成されたすべての車両には、Vehicle Dynamics Blockset および Simscape Multibody が必要です。

設定

説明

Chain/Belt Drive

フロント スプロケット/プーリおよびリア スプロケット/プーリで噛み合う拡張不可能なチェーン/ベルト。リア スプロケット/プーリは、ねじりダンパーをもつ車輪に取り付けられます。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで [Vehicle class][Motorcycle] に設定します。

オートバイのライダー

[Vehicle class][Motorcycle] に設定して構成されたすべての車両には、Vehicle Dynamics Blockset および Simscape Multibody が必要です。

設定

説明

Rigid

オートバイのフレームに対する相対運動がゼロになるように、剛体として実装されたライダー。クラウチングなし。リーン角はオートバイのフレームと同じです。

6DOF and External Forces and Moments

オートバイのフレームに対して 6 DOF で実装されたライダー ボディ。フレームとは無関係にリーンおよびクラウチングできます。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで [Vehicle class][Motorcycle] に設定します。

[Vehicle class][Motorcycle] に設定して構成されたすべての車両には、Vehicle Dynamics Blockset および Simscape Multibody が必要です。

設定

説明

Longitudinal Rider

縦方向の速度追跡コントローラーを実装します。

Open Loop

ライダーはテスト シナリオで指定されている制御を行います。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで [Vehicle class][Motorcycle] に設定します。

環境

[Ambient Conditions] でパラメーターを設定して、動作環境を指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[Setup] ペインで [Vehicle class][Motorcycle] に設定します。

Scenario and Test: 乗用車

バーチャル乗用車のテスト計画を作成します。

[Passenger car] では、[Vehicle dynamics][Longitudinal vehicle dynamics] に設定すると、以下を選択できます。

  • 業界機関や団体からの標準的なドライブ サイクル。既定では FTP75 ドライブ サイクルが選択されています。一部のドライブ サイクル (JC08CUEDC など) にはギア シフト スケジュールが含まれています。

  • 初期基準速度、定格基準速度、減速開始時間、最終基準速度などの Wide Open Throttle (WOT) パラメーター。

[Passenger car] では、Vehicle Dynamics Blockset がある場合、[Vehicle dynamics][Combined longitudinal and lateral vehicle dynamics] に設定すると、車両のハンドリング、安定性、走行の解析のための操作を選択できます。操作には次のようなものがあります。

  • Increasing Steer

  • Swept Sine

  • Sine with Dwell

  • Fishhook

  • Wide Open Throttle

Unreal Engine 3D シミュレーション環境でバーチャル車両を実行する場合は、[3D Scene Selection][3D Scene] に設定します。ハードウェア要件については、Unreal Engine シミュレーション環境の要件と制限を参照してください。

Scenario and Test: オートバイ

バーチャル オートバイのテスト計画を作成します。

[Motorcycle] では、[Vehicle dynamics][In-plane motorcycle dynamics] に設定すると、以下を選択できます。

  • 業界機関や団体からの標準的なドライブ サイクル。既定では FTP75 ドライブ サイクルが選択されています。一部のドライブ サイクル (JC08CUEDC など) にはギア シフト スケジュールが含まれています。

  • 初期基準速度、定格基準速度、減速開始時間、最終基準速度などの Wide Open Throttle (WOT) パラメーター。

[Motorcycle] では、[Vehicle dynamics][Out-of-plane motorcycle dynamics] に設定すると、車両のハンドリング、安定性、走行の解析のための操作を選択できます。操作には次のようなものがあります。

  • Steady Turning

  • Handle Hit

Unreal Engine 3D シミュレーション環境でバーチャル車両を実行する場合は、[3D Scene Selection][3D Scene] に設定します。ハードウェア要件については、Unreal Engine シミュレーション環境の要件と制限を参照してください。

Logging

[Logging] タブで、ログ記録する信号を選択します。アプリには、[Selected Signals] リスト内の既定の信号セットがあります。既定のリストは車両の構成によって異なります。信号を追加または削除できます。オプションには、エネルギー関連の量、車両の位置、速度、加速度などがあります。

Build

[Virtual Vehicle] をクリックして車両を作成します。作成すると、バーチャル ビークル コンポーザー アプリにより、指定した車両のアーキテクチャとパラメーターを組み込んだ Simulink モデルが作成されて、作成したテスト計画に関連付けられます。

作成が完了するまでには時間がかかります。進行状況バーに進捗状況が表示されます。

Operate

モデルを操作するには、[Composer] タブの [Operate] セクションで [Run Test Plan] Virtual Vehicle operate icon をクリックします。

シミュレーションが完了するまでには時間がかかります。MATLAB コマンド ウィンドウで進捗状況を表示します。

Analyze

[Simulation Data Inspector] をクリックし、操作中にログ記録することを選択したシミュレーション信号を表示して解析します。

テスト計画に複数のテスト シナリオが含まれている場合、シミュレーション データ インスペクターには最後のシナリオの結果が表示されます。これより前のシナリオの結果を表示するには、アーカイブされた結果を読み込みます。

詳細については、シミュレーション データ インスペクターを参照してください。

プログラムでの使用

すべて展開する

コマンド「virtualVehicleComposer」を入力すると、バーチャル車両を構成、作成、解析できるアプリの新しいセッションが開きます。

バージョン履歴

R2022a で導入

すべて展開する