Main Content

サポート パッケージのインストールと環境の構成

Unreal® のインストール環境でシーンをカスタマイズし、Simulink® でそのシーン内でシミュレートするには、まず Vehicle Dynamics Blockset™ Interface for Unreal Engine® 4 Projects サポート パッケージをインストールして構成する必要があります。

メモ

以下のインストール手順は R2023b に適用されます。以前のリリースを使用している場合は、他のリリースのドキュメンテーションを参照してください。

ソフトウェアおよびハードウェア要件の確認

サポート パッケージをインストールする前に、ご使用の環境がUnreal Engine シミュレーション環境の要件と制限に記載されているソフトウェアとハードウェアの最小要件を満たしていることを確認してください。

サポート パッケージのインストール

Vehicle Dynamics Blockset Interface for Unreal Engine 4 Projects サポート パッケージをインストールするには、次の手順に従います。

  1. MATLAB®[ホーム] タブの [環境] セクションで、[アドオン][アドオンの入手] を選択します。

    Get Add-Ons menu choice

  2. [アドオン エクスプローラー] ウィンドウで Vehicle Dynamics Blockset Interface for Unreal Engine 4 Projects サポート パッケージを検索します。[インストール] をクリックします。

    メモ

    インストール フォルダーに対する書き込み権限が必要です。

環境の構成

Vehicle Dynamics Blockset Interface for Unreal Engine 4 Projects サポート パッケージには、次のコンポーネントが含まれています。

  • Unreal プロジェクト (AutoVrtlEnv.uproject で定義) とその関連ファイル。プロジェクトには、Simulation 3D Scene Configuration ブロックの [シーン名] パラメーターから選択できる、あらかじめ用意された 3D シーンの編集可能版が含まれています。

  • 3 つのプラグイン: MathWorkSimulationRoadRunnerMaterials、および MathWorksAutomotiveContent。これらは MATLAB と Unreal Editor の間の接続を確立するプラグインで、コシミュレーションに必要です。

シーンをカスタマイズできるように環境を構成するには、copyExampleSim3dProject を使用してサポート パッケージのコンポーネントをローカル マシンのフォルダーにコピーします。たとえば、次のコードではファイルを C:\project にコピーします。

sim3d.utils.copyExampleSim3dProject("C:\project");

Vehicle Dynamics Blockset Interface for Unreal Engine 4 Projects サポート パッケージの以前のリリースを使用して開発されたプロジェクトを使用する場合は、Unreal Editor 4.27 との互換性をもたせるためにプロジェクトを移行する必要があります。以前のサポート パッケージを使用して開発されたプロジェクトの移行を参照してください。それ以外の場合は、Simulink および Unreal Editor を使用したシーンのカスタマイズに進むことができます。

メモ

プラグインを使用して複数の Unreal プロジェクトとコシミュレートする場合は、Unreal Engine 4.27 の「プラグイン」を参照してください。

参考

|

関連するトピック