Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

シンボリックの変数、式、関数および設定

シンボリックの変数、式、関数を作成、設定する

Symbolic Math Toolbox™ は、特殊なデータ型、シンボリック オブジェクト、を導入します。このデータ型には、シンボリック数、シンボリック変数、シンボリック式およびシンボリック関数が含まれます。また、シンボリック数、変数、式および関数のベクトル、行列および多次元配列も含まれます。計算におけるシンボリック オブジェクトの使用は、MATLAB® でそのような計算を数値的ではなく解析的に実行しなければならないことを意味します。シンボリックの計算は厳密で、丸め誤差が発生しにくい傾向があります。シンボリック オブジェクトの詳細については、数学的オブジェクトを表現するためのシンボリック オブジェクトを参照してください。シンボリックの変数、式および関数の作成のクイック ガイドは、シンボリック数、シンボリック変数およびシンボリック式の作成およびシンボリック関数の作成を参照してください。

関数

すべて展開する

symシンボリック変数、シンボリック式、シンボリック関数、シンボリック行列を作成
symsシンボリック スカラー変数、シンボリック関数、およびシンボリック行列変数を作成する
symfunシンボリック関数の作成
symmatrixシンボリック行列変数の作成
symmatrix2symシンボリック行列変数をスカラー変数の配列に変換する
str2symシンボリック式を表す文字列を評価します。
fold関数を使用したベクトルの結合 (たたみ込み)
piecewise条件定義された式または関数
symvarシンボリック入力内のシンボリック変数を求める
argnamesシンボリック関数の入力変数
formulaシンボリック関数の本体を返す
has式に特定の部分式が含まれるかどうかのチェック
childrenシンボリック式の部分式または項
symTypeシンボリック オブジェクトの型の決定
symFunTypeシンボリック オブジェクトの関数型の決定
isSymTypeシンボリック オブジェクトが特定のタイプであるかの判別
hasSymTypeシンボリック オブジェクトに特定のタイプが含まれているかの判別
findSymType特定のタイプのシンボリック サブオブジェクトを求める
mapSymType特定のタイプのシンボリック サブオブジェクトへの関数の適用
isfiniteシンボリック配列の要素が有限かどうかの確認
isinfシンボリック配列の要素が無限かどうかの確認
isnanシンボリック配列の要素が NaN かどうかの確認
symprefシンボリック設定の指定

トピック

シンボリック数、シンボリック変数およびシンボリック式の作成

シンボリック値とシンボリック変数を使用します。

シンボリック関数の作成

f(x,y) など、シンボリック入力を受け取るシンボリック関数を使用します。

シンボリック行列の作成

シンボリック値を含む行列を使用します。

シンボリック行列変数の作成

シンボリック行列変数を使用する

数学的オブジェクトを表現するためのシンボリック オブジェクト

シンボリック オブジェクトを使用して、数学的オブジェクトを表現する。

式、関数および行列でのシンボリック変数の検索

シンボリック式の変数を検出します。

関数 syms または sym の選択

関数 syms または sym を選択します。

ライブ エディターでのシンボリックな結果の出力表示形式の変更

シンボリックな結果の出力を変更します。

ライブ エディターでのシンボリック変数への下付き文字、上付き文字、アクセントの追加

シンボリック変数に添字を追加します。

ライブ エディターにおけるシンボリック出力のコピーと貼り付け

シンボリック出力をコピーして貼り付けます。