Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

symfun

シンボリック関数の作成

説明

f(inputs) = formula はシンボリック関数 f を作成します。たとえば、f(x,y) = x + y を使用すると、inputs 内のシンボリック変数は、入力引数です。シンボリック式 formula は、関数 f の本体です。

f = symfun(formula,inputs) は、形式に則ったシンボリック関数の作成方法です。

すべて折りたたむ

シンボリック関数 x + y を定義します。まず、syms を使用して関数を作成します。その後、関数を定義します。

syms f(x,y)
f(x,y) = x + y
f(x, y) =
x + y

x = 1y = 2 における f の値を求めます。

f(1,2)
ans =
3

形式に則った方法を使用して関数を再定義します。

syms x y
f = symfun(x+y,[x y])
f(x, y) =
x + y

formula を使用して、シンボリック関数の本体を返します。本体は、関数にインデックスを付けるといった演算に使用できます。argnames を使用して、シンボリック関数の引数を返します。

シンボリック関数 [x^2, y^4] にインデックスを付けます。シンボリック関数がスカラーであるため、関数に直接インデックス付けができません。代わりに、関数の本体にインデックスを付けます。

syms f(x,y)
f(x,y) = [x^2, y^4];

fbody = formula(f);
fbody(1)
fbody(2)
ans =
x^2
ans =
y^4

関数の引数を返します。

fvars = argnames(f)
fvars =
[ x, y]

入力引数

すべて折りたたむ

関数本体。シンボリック式、シンボリック式のベクトルまたはシンボリック式の行列で指定します。

例: x + y

関数の入力引数。シンボリック変数、またはシンボリック変数の配列 (複数指定の場合) で指定します。

例: [x,y]

出力引数

すべて折りたたむ

シンボリック関数 (symfun データ型) として返される関数。

R2012a で導入