ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

混合効果

一般化線形混合効果モデル

クラス

GeneralizedLinearMixedModel一般化線形混合効果モデル クラス

関数

fitglme一般化線形混合効果モデルの近似
disp一般化線形混合効果モデルの表示
predict一般化線形混合効果モデルの応答の予測
random近似された一般化線形混合効果モデルからのランダム応答の生成
fixedEffects固定効果と関連する統計の推定
randomEffects変量効果と関連する統計の推定
designMatrix固定効果と変量効果の計画行列
fitted一般化線形混合効果モデルからの近似応答
response一般化線形混合効果モデルの応答ベクトル
anova一般化線形混合効果モデルの分散分析
coefCI一般化線形混合効果モデルの係数の信頼区間
coefTest一般化線形混合効果モデルの固定効果と変量効果についての仮説検定
compare一般化線形混合効果モデルの比較
covarianceParameters一般化線形混合効果モデルの共分散パラメーターの抽出
plotPartialDependence部分従属プロット (PDP) および個別条件付き期待値 (ICE) プロットの作成
plotResiduals一般化線形混合効果モデルの残差のプロット
residuals近似された一般化線形混合効果モデルの残差
refit 一般化線形混合効果モデルの再近似

例および操作のヒント

一般化線形混合効果モデルの近似

一般化線形混合効果モデル (GLME) を標本データにあてはめます。

概念

一般化線形混合効果モデル

GLME (一般化線形混合効果) モデルは、正規分布以外の応答変数分布をもつデータの場合に、1 つ以上のグループ化変数によって変化する可能性のある係数を使用し、応答変数と独立変数との関係を記述します。

ウィルキンソンの表記法

ウィルキンソンの表記法を使用すると、係数の値を指定せずに回帰と反復測定のモデルを記述できます。