Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

要件に基づくテスト

要件に基づくモデルの検証、テスト結果の解釈とレポート

次のような、要件アーティファクトとテスト アーティファクトの間の検証リンク タイプを設定します。

  • Simulink® Test™ のテスト ファイル、テスト スイート、およびテスト ケース

  • Simulink Design Verifier™ Verification ブロック

  • Simulink Model Verification ライブラリ ブロック

実装の状態メトリクスを使用して、要件が実装されていて、整合性のギャップが解決されているかどうかを確認します。検証の状態メトリクスを使用して、これらに関連付けられているテストを実行することで要件が検証されているかどうかを確認します。要件エディターにおいて、要件セットの検証の実装および検証の状態を確認します。テストの実行後、結果の概要を表示してテストの失敗を解決します。正当化を作成し、実装と検証の状態のメトリクスの計算から要件を除外します。

クラス

slreq.JustificationWork with slreq.Justification objects
slreq.verification.services.TAP Work with external results sources
slreq.verification.services.JUnit Work with external results sources

トピック

要件実装の状態の確認

要件の実装の状態を使用して、モデルにどの程度の範囲で要件が実装されているかをチェックする。

要件検証の状態の確認

要件の検証の状態を使用して、要件にリンクされたテスト結果と解析結果を確認する。

要件からテスト ケースへのリンク

テスト ケースを要件と関連付ける。

要件の正当化

要件に正当化を指定する。

外部ソースからの結果を検証の状態に含める

外部ソースからの結果をリンクして、要件の検証の状態に反映します。

テスト スクリプトへのリンク

要件を MATLAB スクリプトにリンクする。

要件ファイルへのリンク

要件をテスト結果ファイルにリンクする。

注目の例