Main Content

テストとしてカスタムに作成された MATLAB スクリプトからの結果の統合

この例では、要件を MATLAB® スクリプトにリンクします。要件エディターの検証の状態にテスト結果が反映されます。この例では、テスト スクリプトへのリンクで説明した手順を実行します。この例を実行するには、[例を開く] をクリックして実行します。この例では、以下を使用します。

  • counter_req.slreqx という名前の要件セット ファイル。

  • Counter.mCounter クラスのテストを実行する、runmytests.m という名前の MATLAB スクリプト。テスト スクリプトには、結果を TAP 形式で results.tap という名前のファイルに書き込むカスタム メソッドが含まれています。

リンク タイプの登録

リンクを作成する前に、要件セット ファイルからリンク タイプを登録する必要があります。要件エディターで要件ファイル counter_req.slreqx を開きます。

reqSet = slreq.open('counter_req.slreqx');

外部テスト ファイルに固有のリンク タイプを登録します。この例で必要なドメイン登録は linktype_mymscripttap.m です。カスタム リンク タイプ linktype_mymscripttap.m を登録するには、以下を入力します。

rmi register linktype_mymscripttap;

関数 GetResultFcn のカスタム ロジックは、テスト ケースに対応するテスト ファイルの場所を特定し、そのテスト ファイルから結果を取得します。GetResultFcn の詳細については、リンクとリンク タイプを参照してください。

メモ: 登録コマンドが何らかの警告を返す場合、ファイルの登録を解除し、コマンドをもう一度実行しなければなりません。ファイルの登録を解除するには、rmi unregister linktype_mymscripttap と入力します。

リンクの作成

外部テストのプロパティを含む struct を作成します。リンクを作成するには、コマンド プロンプトに以下を入力します。

externalSource.id = 'counterStartsAtZero';
externalSource.artifact = 'runmytests.m';
externalSource.domain = 'linktype_mymscripttap';

リンクに関連する要件の SID は 2 に設定されています。リンクに関連する要件を見つけるには、以下を入力します。

requirement = reqSet.find('Type', 'Requirement', 'SID', 2);

リンクを作成するには、以下を入力します。

link = slreq.createLink(requirement, externalSource);

このコマンドは、テスト ケース counterStartsAtZero と、SID が 2 の要件の間にリンクを作成します。要件エディターで、[詳細] ペインの [リンク] にリンクが表示されます。

検証の状態の表示

検証の状態を表示するには、まず、要件セットの検証の状態を更新する必要があります。MATLAB コマンド プロンプトで、以下を入力します。

reqSet.updateVerificationStatus;

要件エディターに検証の状態の列を表示するには、 [列][検証の状態] が選択されていることを確認します。更新後、要件の検証の状態を取得します。

status = reqSet.getVerificationStatus;

要件エディターに、パスまたは失敗した要件セット全体の検証の状態が示されます。

counterStartsAtZero の要件の検証の状態は完全に検証されています。要件エディターを開き、検証の状態を表示します。

reqSet = slreq.open('counter_req.slreqx');

検証の状態は、3 つのテストのうち 1 つがパスしたことを示しています。要件エディターで要件の検証の状態を表示するには、[更新] をクリックします。

クリーンアップ

開いている要件セットおよびリンク セットをクリアし、開いているすべてのモデルを保存せずに閉じます。リンク タイプの登録を解除します。

slreq.clear;
bdclose('all');
rmi unregister linktype_mymscripttap;

関連するトピック