Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

適応制御設計

変化するプロセス情報に適応できるコントローラーの設計

制御システムに時間と共に変化する不確かさが含まれる場合 (モデル化されていないシステム ダイナミクスや外乱など)、適応コントローラーでは、パラメーターをリアルタイムで調整することで変化するプロセス情報を補正できます。そうすることで、このようなコントローラーでは、プラント ダイナミクスの不確かさに関係なく目的の設定値追従を達成できます。

Simulink® Control Design™ ソフトウェアには、制御システムから導出された目的関数を最大化するコントローラー パラメーターを計算するための、モデルに依存しないリアルタイムの適応制御法が用意されています。詳細については、極値探索制御を参照してください。

ブロック

Extremum Seeking Control目的関数の最大化によるコントローラー パラメーターのリアルタイムでの計算

トピック

極値探索制御

不明なシステム ダイナミクスがある場合のコントローラー パラメーターの更新による目的関数の最大化。

不確かさをもつシステムの参照モデルに対する極値探索制御

不確かさをもつ動的なシステムにフィードフォワード ゲインおよびフィードバック ゲインを適応することにより、参照プラント モデルを追従します。

注目の例