Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

groupsummary

グループ要約の計算

説明

テーブル データ

G = groupsummary(T,groupvars) は、table または timetable T に対応する一意のグループ化変数の組み合わせと各グループのメンバー数を返します。グループは、同じ一意の値の組み合わせをもつ groupvars の変数の行により定義されます。出力 table の各行は 1 つのグループに対応しています。たとえば、G = groupsummary(T,"HealthStatus") は、変数 HealthStatus の各グループの数を含む table を返します。

G = groupsummary(T,groupvars,method) は、method で指定されたグループ単位の計算を適用し、計算結果を出力 table に追加変数として追加します。たとえば、G = groupsummary(T,"Location","median") は、各場所グループのメンバー数に加えて、各場所について T 内のすべての非グループ化変数の中央値を返します。

G = groupsummary(T,groupvars,method,datavars) は、方法を適用する table 変数を指定します。

G = groupsummary(T,groupvars,groupbins) は、グループ化の前にビン化スキーム groupbins に従って groupvars の行をビン化するよう指定します。たとえば、G = groupsummary(T,"SaleDate","year") は、グループ化変数 SaleDate に従って、各年度内の T のすべての売上げのグループ カウントを返します。

G = groupsummary(T,groupvars,groupbins,method) は、グループ化して method で指定されたグループ単位の計算を適用する前に、groupvars 内のデータをビン化する方法を指定します。

G = groupsummary(T,groupvars,groupbins,method,datavars) は、方法を適用する table 変数を指定します。

G = groupsummary(___,Name,Value) は、前述の任意の構文について名前と値の引数を 1 つ以上使用して、追加のグループ化プロパティを指定します。たとえば、G = groupsummary(T,"Category1","IncludeMissingGroups",false) は、Category1<undefined> で示される categorical 型の欠損データからなるグループを除外します。

配列データ

B = groupsummary(A,groupvars,method) は、ベクトル、行列、または cell 配列 A の一意のグループに method のグループ単位の計算を適用した結果を連結したものを返します。グループは、同じ一意の値の組み合わせをもつ groupvars の列ベクトルの行により定義されます。出力配列の各行は、1 つのグループについての計算結果を含みます。

B = groupsummary(A,groupvars,groupbins,method) は、グループ化の前にビン化スキーム groupbins に従って groupvars の行をビン化するよう指定します。

B = groupsummary(___,Name,Value) は、入力配列についての前述の構文のいずれかについて、名前と値の引数を 1 つ以上使用して、追加のグループ化プロパティを指定します。

[B,BG,BC] = groupsummary(A,___) は追加のグループ情報を返します。BGB の行に対応する一意のグループ化ベクトルの組み合わせです。BCBG の各グループのメンバー数です。

すべて折りたたむ

table 変数の要約統計量を計算します。

8 人の個人に関する情報を含む table T を作成します。

HealthStatus = categorical(["Poor"; "Good"; "Fair"; "Fair"; "Poor"; "Excellent"; "Good"; "Excellent"]);
Age = [38; 43; 38; 40; 49; 51; 52; 35];
Height = [71; 68; 64; 67; 64; 62; 65; 55];
Weight = [176; 153; 131; 133; 119; 120; 140; 129];
T = table(HealthStatus,Age,Height,Weight)
T=8×4 table
    HealthStatus    Age    Height    Weight
    ____________    ___    ______    ______

     Poor           38       71       176  
     Good           43       68       153  
     Fair           38       64       131  
     Fair           40       67       133  
     Poor           49       64       119  
     Excellent      51       62       120  
     Good           52       65       140  
     Excellent      35       55       129  

グループ化変数として HealthStatus を指定して、健康状態グループのカウントを計算します。

G = groupsummary(T,"HealthStatus")
G=4×2 table
    HealthStatus    GroupCount
    ____________    __________

     Excellent          2     
     Fair               2     
     Good               2     
     Poor               2     

各健康状態グループの平均年齢、身長、体重を計算します。

G = groupsummary(T,"HealthStatus","mean")
G=4×5 table
    HealthStatus    GroupCount    mean_Age    mean_Height    mean_Weight
    ____________    __________    ________    ___________    ___________

     Excellent          2             43         58.5           124.5   
     Fair               2             39         65.5             132   
     Good               2           47.5         66.5           146.5   
     Poor               2           43.5         67.5           147.5   

健康状態でグループ化して、平均身長のみを計算します。

G = groupsummary(T,"HealthStatus","median","Height")
G=4×3 table
    HealthStatus    GroupCount    median_Height
    ____________    __________    _____________

     Excellent          2             58.5     
     Fair               2             65.5     
     Good               2             66.5     
     Poor               2             67.5     

2 つのグループ化変数を使用してテーブル データをグループ化します。

8 人の個人に関する情報を含む table T を作成します。

HealthStatus = categorical(["Poor"; "Good"; "Fair"; "Fair"; "Poor"; "Excellent"; "Good"; "Excellent"]);
Smoker = logical([1; 0; 0; 1; 1; 0; 0; 1]);
Weight = [176; 153; 131; 133; 119; 120; 140; 129];
T = table(HealthStatus,Smoker,Weight)
T=8×3 table
    HealthStatus    Smoker    Weight
    ____________    ______    ______

     Poor           true       176  
     Good           false      153  
     Fair           false      131  
     Fair           true       133  
     Poor           true       119  
     Excellent      false      120  
     Good           false      140  
     Excellent      true       129  

健康状態および喫煙状態でグループ化した、平均体重を計算します。既定では、健康状態と喫煙状態の一部の組み合わせは空のグループであるため、出力に表されません。

G = groupsummary(T,["HealthStatus","Smoker"],"mean","Weight")
G=6×4 table
    HealthStatus    Smoker    GroupCount    mean_Weight
    ____________    ______    __________    ___________

     Excellent      false         1              120   
     Excellent      true          1              129   
     Fair           false         1              131   
     Fair           true          1              133   
     Good           false         2            146.5   
     Poor           true          2            147.5   

IncludeEmptyGroups の値を true に設定して、空の組み合わせを含む、すべてのグループの組み合わせを表示します。

G = groupsummary(T,["HealthStatus","Smoker"],"mean","Weight","IncludeEmptyGroups",true)
G=8×4 table
    HealthStatus    Smoker    GroupCount    mean_Weight
    ____________    ______    __________    ___________

     Excellent      false         1              120   
     Excellent      true          1              129   
     Fair           false         1              131   
     Fair           true          1              133   
     Good           false         2            146.5   
     Good           true          0              NaN   
     Poor           false         0              NaN   
     Poor           true          2            147.5   

指定されたビンに従ってデータをグループ化します。

1 か月以内の日数分の売上情報が含まれる timetable を作成します。

TimeStamps = datetime([2017 3 4; 2017 3 2; 2017 3 15; 2017 3 10; ...
                       2017 3 14; 2017 3 31; 2017 3 25; ...
                       2017 3 29; 2017 3 21; 2017 3 18]);
Profit = [2032 3071 1185 2587 1998 2899 3112 909 2619 3085]';
ItemsSold = [14 13 8 5 10 16 8 6 7 11]';
TT = timetable(TimeStamps,Profit,ItemsSold)
TT=10×2 timetable
    TimeStamps     Profit    ItemsSold
    ___________    ______    _________

    04-Mar-2017     2032        14    
    02-Mar-2017     3071        13    
    15-Mar-2017     1185         8    
    10-Mar-2017     2587         5    
    14-Mar-2017     1998        10    
    31-Mar-2017     2899        16    
    25-Mar-2017     3112         8    
    29-Mar-2017      909         6    
    21-Mar-2017     2619         7    
    18-Mar-2017     3085        11    

品目番号の区間にグループをビン化し、販売済み品目別にビン化された利益の平均とモードを計算します。

format shorte
G = groupsummary(TT,"ItemsSold",[0 4 8 12 16],{"mean","mode"},"Profit")
G=3×4 table
    disc_ItemsSold    GroupCount    mean_Profit    mode_Profit
    ______________    __________    ___________    ___________

       [4, 8)         3.0000e+00    2.0383e+03     9.0900e+02 
       [8, 12)        4.0000e+00    2.3450e+03     1.1850e+03 
       [12, 16]       3.0000e+00    2.6673e+03     2.0320e+03 

曜日別にグループ化された平均利益を計算します。

G = groupsummary(TT,"TimeStamps","dayname","mean","Profit")
G=5×3 table
    dayname_TimeStamps    GroupCount    mean_Profit
    __________________    __________    ___________

        Tuesday           2.0000e+00    2.3085e+03 
        Wednesday         2.0000e+00    1.0470e+03 
        Thursday          1.0000e+00    3.0710e+03 
        Friday            2.0000e+00    2.7430e+03 
        Saturday          3.0000e+00    2.7430e+03 

日付のベクトルと、対応する利益額のベクトルを作成します。

TimeStamps = datetime([2017 3 4; 2017 3 2; 2017 3 15; 2017 3 10; ...
                       2017 3 14; 2017 3 31; 2017 3 25; ...
                       2017 3 29; 2017 3 21; 2017 3 18]);
Profit = [2032 3071 1185 2587 1998 2899 3112 909 2619 3085]';

各曜日の平均利益を計算します。各グループの平均、グループ名、メンバー数を表示します。

format shorte
[meanDailyProfit,dayOfWeek,dailyCounts] = groupsummary(Profit,TimeStamps,"dayname","mean")
meanDailyProfit = 5×1

   2.3085e+03
   1.0470e+03
   3.0710e+03
   2.7430e+03
   2.7430e+03

dayOfWeek = 5x1 categorical
     Tuesday 
     Wednesday 
     Thursday 
     Friday 
     Saturday 

dailyCounts = 5×1

     2
     2
     1
     2
     3

健康状態と喫煙状況によりグループ化された集団の平均体重を計算します。

個人に関する情報を異なるタイプの 3 つのベクトルとして保存します。

HealthStatus = categorical(["Poor"; "Good"; "Fair"; "Fair"; "Poor"; "Excellent"; "Good"; "Excellent"]);
Smoker = logical([1; 0; 0; 1; 1; 0; 0; 1]);
Weight = [176; 153; 131; 133; 119; 120; 140; 129];

健康状態と喫煙状況でグループ化し、平均体重を計算します。

B には各グループの平均値 (空のグループの場合は NaN) が格納されます。BG は、行基準で要素を見た場合のグループを表す 2 つのベクトルを含む cell 配列です。たとえば、BG{1} の最初の行からは、最初のグループの患者の健康状態が Excellent であることがわかり、BG{2} の最初の行からは、これらの患者が非喫煙者であることがわかります。最後に、BC には、BG の対応する各グループのメンバー数が格納されます。

[B,BG,BC] = groupsummary(Weight,{HealthStatus,Smoker},"mean","IncludeEmptyGroups",true);
B
B = 8×1

  120.0000
  129.0000
  131.0000
  133.0000
  146.5000
       NaN
       NaN
  147.5000

BG{1}
ans = 8x1 categorical
     Excellent 
     Excellent 
     Fair 
     Fair 
     Good 
     Good 
     Poor 
     Poor 

BG{2}
ans = 8x1 logical array

   0
   1
   0
   1
   0
   1
   0
   1

BC
BC = 8×1

     1
     1
     1
     1
     2
     0
     0
     2

患者情報を含むデータを読み込み、各患者のいる場所、収縮期および拡張期の血圧、身長、体重を記述する table を作成します。

load patients
Location = categorical(Location);
T = table(Location,Systolic,Diastolic,Height,Weight)
T=100×5 table
            Location             Systolic    Diastolic    Height    Weight
    _________________________    ________    _________    ______    ______

    County General Hospital        124          93          71       176  
    VA Hospital                    109          77          69       163  
    St. Mary's Medical Center      125          83          64       131  
    VA Hospital                    117          75          67       133  
    County General Hospital        122          80          64       119  
    St. Mary's Medical Center      121          70          68       142  
    VA Hospital                    130          88          64       142  
    VA Hospital                    115          82          68       180  
    St. Mary's Medical Center      115          78          68       183  
    County General Hospital        118          86          66       132  
    County General Hospital        114          77          68       128  
    St. Mary's Medical Center      115          68          66       137  
    VA Hospital                    127          74          71       174  
    VA Hospital                    130          95          72       202  
    St. Mary's Medical Center      114          79          65       129  
    VA Hospital                    130          92          71       181  
      ⋮

場所でグループ化し、患者の身長と体重の間の相関と収縮期および拡張期の血圧の間の相関を計算します。相関を計算する方法として関数 xcov を使用します。xcov の最初の 2 つの入力引数は相関するデータを記述し、3 番目の引数はラグ サイズを記述し、4 番目の引数は正規化の種類を記述します。各グループ計算で、xcov に渡される引数 xy は、2 つの cell 要素 ["Height","Systolic"]["Weight","Diastolic"] の変数によってペアで指定されます。

G = groupsummary(T,"Location",@(x,y) xcov(x,y,0,"coeff"),{["Height","Systolic"],["Weight","Diastolic"]})
G=3×4 table
            Location             GroupCount    fun1_Height_Weight    fun1_Systolic_Diastolic
    _________________________    __________    __________________    _______________________

    County General Hospital          39             0.65483                  0.44187        
    St. Mary's Medical Center        24             0.62047                  0.44466        
    VA Hospital                      37             0.78438                  0.62256        

あるいは、データが table ではなくベクトルまたは行列形式である場合、相関するデータを groupsummary の最初の入力引数として提供できます。

[B,BG,BC] = groupsummary({[Height,Systolic],[Weight,Diastolic]},Location,@(x,y) xcov(x,y,0,"coeff"))
B = 3×2

    0.6548    0.4419
    0.6205    0.4447
    0.7844    0.6226

BG = 3x1 categorical
     County General Hospital 
     St. Mary's Medical Center 
     VA Hospital 

BC = 3×1

    39
    24
    37

入力引数

すべて折りたたむ

入力 table。table または timetable として指定します。

入力配列。列ベクトル、行列として保存された列ベクトルのグループ、または列ベクトル、文字の行ベクトル、行列の cell 配列として指定します。

複数の入力引数を受け入れる method の関数ハンドルを指定する場合、入力配列 A は列ベクトル、文字の行ベクトル、行列の cell 配列でなければなりません。グループ単位での関数の各呼び出しでは、入力引数は cell 配列の各要素の対応する列です。以下に例を示します。

  • groupsummary({x1,y1},groupvars,@(x,y) myFun(x,y)) は各グループの myFun(x1,y1) を計算します。

  • groupsummary({[x1 x2],[y1 y2]},groupvars,@(x,y) myFun(x,y)) は最初に各グループの myFun(x1,y1) を計算し、次に各グループの myFun(x2,y2) を計算します。

グループ化変数またはベクトル。次のオプションのいずれかとして指定します。

  • 配列の入力データの場合、groupvarsA と同じ行数をもつ列ベクトルか、行列内あるいは cell 配列内に配置した列ベクトルのグループのいずれかにすることができます。

  • 入力データが table または timetable の場合、groupvars はデータ内のグループの計算にどの変数を使用するかを表します。グループ化変数は、次の表のオプションのいずれかを使用して指定できます。

    インデックス方式

    変数名:

    • string、文字ベクトル、または cell 配列

    • pattern オブジェクト

    • "A" または 'A'A という名前の変数

    • ["A","B"] または {'A','B'}A および B という名前の 2 つの変数

    • "Var"+digitsPattern(1)"Var" の後に数字 1 桁が続く名前の変数

    変数インデックス:

    • table 内の変数の位置を参照するインデックス番号

    • 数値のベクトル

    • logical ベクトル。通常、このベクトルの長さは変数の数と同じですが、末尾の 0 値や false 値は省略できます。

    • 3 — table の 3 番目の変数

    • [2 3] — table の 2 番目と 3 番目の変数

    • [false false true] — 3 番目の変数

    関数ハンドル:

    • 入力として table 変数をとり、logical スカラーを返す関数ハンドル

    • @isnumeric — 数値を含んでいるすべての変数

    変数の型:

    • 指定した型の変数を選択する vartype 添字

    • vartype("numeric") — 数値を含んでいるすべての変数

例: groupsummary(T,"Var3")

計算メソッド。次の値のいずれかとして指定します。

メソッド

説明
"sum"総和
"mean"平均値
"median"中央値
"mode"モード
"var"分散
"std"標準偏差
"min"最小値
"max"最大値
"range"最大値から最小値を引いた値
"nummissing"欠損要素の数
"numunique"異なる非欠損要素の数
"nnz"

非ゼロと非 NaN 要素の数

"all"前述のすべての計算

最初の次元の長さが 1 であるグループごとに 1 つの出力を返す関数ハンドルとして method を指定することもできます。table 入力データの場合、関数はそれぞれの table 変数に対して個別に演算を行います。

入力データが table T であり、複数の入力引数を受け入れる method の関数ハンドルを指定する場合、datavars を指定しなければなりません。datavars 引数は、cell 配列 (その要素が、メソッドへの各入力に使用する table 変数を示す) でなければなりません。グループ単位での関数の各呼び出しでは、入力引数は cell 配列の要素の対応する table 変数です。以下に例を示します。

  • groupsummary(T,groupvars,@(x,y) myFun(x,y),{"x1","y1"}) は各グループの myFun(T.x1,T.y1) を計算します。

  • groupsummary(T,groupvars,@(x,y) myFun(x,y),{["x1" "x2"],["y1" "y2"]}) は最初に各グループの myFun(T.x1,T.y1) を計算し、次に各グループの myFun(T.x2,T.y2) を計算します。

入力データがベクトルまたは行列であり、複数の入力引数を受け入れる method の関数ハンドルを指定する場合、入力データ A はベクトルまたは行列の cell 配列でなければなりません。関数の各呼び出しでは、入力引数は cell 配列の各要素の対応する列です。以下に例を示します。

  • groupsummary({x1,y1},groupvars,@(x,y) myFun(x,y)) は各グループの myFun(x1,y1) を計算します。

  • groupsummary({[x1 x2],[y1 y2]},groupvars,@(x,y) myFun(x,y)) は最初に各グループの myFun(x1,y1) を計算し、次に各グループの myFun(x2,y2) を計算します。

一度に複数の計算を指定するには、{"mean","median"} または {myFun1,myFun2} などのように cell 配列にオプションをリストします。

入力データ内の NaN 値は、"nummissing" を除いて、ここで説明されているメソッド名を使用すると自動的に省略されます。NaN 値を含めるには、メソッドで "sum" の代わりに @sum などの関数ハンドルを使用します。

データ型: char | string | cell | function_handle

演算の対象とする table 変数。次の表のオプションのいずれかとして指定します。datavars は、メソッドを適用する入力 table または timetable の変数を示します。datavars で指定されていないその他の変数は演算されず、出力に渡されません。datavars が指定されない場合、groupsummary はそれぞれの非グループ化変数を処理します。

インデックス方式

変数名:

  • string、文字ベクトル、または cell 配列

  • pattern オブジェクト

  • "A" または 'A'A という名前の変数

  • ["A","B"] または {'A','B'}A および B という名前の 2 つの変数

  • "Var"+digitsPattern(1)"Var" の後に数字 1 桁が続く名前の変数

変数インデックス:

  • table 内の変数の位置を参照するインデックス番号

  • 数値のベクトル

  • logical ベクトル。通常、このベクトルの長さは変数の数と同じですが、末尾の 0 値や false 値は省略できます。

  • 3 — table の 3 番目の変数

  • [2 3] — table の 2 番目と 3 番目の変数

  • [false false true] — 3 番目の変数

関数ハンドル:

  • 入力として table 変数をとり、logical スカラーを返す関数ハンドル

  • @isnumeric — 数値を含んでいるすべての変数

変数の型:

  • 指定した型の変数を選択する vartype 添字

  • vartype("numeric") — 数値を含んでいるすべての変数

入力データが table T であり、複数の入力引数を受け入れる method の関数ハンドルを指定する場合、datavars を指定しなければなりません。datavars 引数は、その要素がこの表のオプションのいずれかである cell 配列でなければなりません。cell 配列の要素は、メソッドへの各入力に使用する table 変数を示します。グループ単位での関数の各呼び出しでは、入力引数は cell 配列の要素の対応する table 変数です。以下に例を示します。

  • groupsummary(T,groupvars,@(x,y) myFun(x,y),{"x1","y1"}) は各グループの myFun(T.x1,T.y1) を計算します。

  • groupsummary(T,groupvars,@(x,y) myFun(x,y),{["x1" "x2"],["y1" "y2"]}) は最初に各グループの myFun(T.x1,T.y1) を計算し、次に各グループの myFun(T.x2,T.y2) を計算します。

例: groupsummary(T,groupvars,method,["Var1" "Var2" "Var4"])

ビン化スキーム。次のオプションのいずれかとして指定します。

  • ビン化しないことを示す "none"

  • 数値ベクトル、または datetime ベクトル (datetime グループ化変数またはベクトルの場合) として指定されるビン エッジのリスト

  • 正の整数スカラーとして指定されるビンの数

  • ビンの幅を示す duration 型または calendarDuration 型のスカラーとして指定される時間範囲 (datetime または duration グループ化変数またはベクトルの場合のみ)

  • 各グループ化変数またはベクトルのビン化方法をリストする cell 配列

  • 次のいずれかの string として指定される時間ビン (datetime または duration グループ化変数またはベクトルの場合のみ)

    説明データ型
    "second"

    各ビンは 1 秒です。

    datetimeduration
    "minute"

    各ビンは 1 分です。

    datetimeduration
    "hour"

    各ビンは 1 時間です。

    datetimeduration
    "day"

    各ビンは 1 カレンダー日です。この値には、夏時間のシフトが考慮されます。

    datetimeduration
    "week"各ビンは 1 カレンダー週です。datetime のみ
    "month"各ビンは 1 カレンダー月です。datetime のみ
    "quarter"各ビンは 1 カレンダー四半期です。datetime のみ
    "year"

    各ビンは 1 カレンダー年です。この値には、うるう日が考慮されます。

    datetimeduration
    "decade"各ビンは 10 年 (10 カレンダー年) です。datetime のみ
    "century"各ビンは 1 世紀 (100 カレンダー年) です。datetime のみ
    "secondofminute"

    ビンは 0 から 59 までの秒です。

    datetime のみ
    "minuteofhour"

    ビンは 0 から 59 までの分です。

    datetime のみ
    "hourofday"

    ビンは 0 から 23 までの時間です。

    datetime のみ
    "dayofweek"

    ビンは 1 から 7 までの曜日です。週の始まりは日曜日です。

    datetime のみ
    "dayname"ビンは "Sunday" などの完全な曜日名です。datetime のみ
    "dayofmonth"ビンは 1 から 31 までの日です。datetime のみ
    "dayofyear"ビンは 1 から 366 までの日です。datetime のみ
    "weekofmonth"ビンは 1 から 6 までの週です。datetime のみ
    "weekofyear"ビンは 1 から 54 までの週です。datetime のみ
    "monthname"ビンは "January" などの完全な月名です。datetime のみ
    "monthofyear"

    ビンは 1 から 12 までの月です。

    datetime のみ
    "quarterofyear"ビンは 1 から 4 までの四半期です。datetime のみ

複数のグループ化変数またはグループ化ベクトルを指定する場合、すべてのグループ化変数またはベクトルに適用される 1 つのビン化方法を指定したり、グループ変数またはベクトルごとのビン化方法が格納される cell 配列 ({"none",[0 2 4 Inf]} など) を指定したりできます。

名前と値の引数

引数のオプションのペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで Name は引数名で、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後になければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

例: G = groupsummary(T,groupvars,groupbins,IncludedEdge="right")

R2021a より前では、コンマを使用してそれぞれの名前と値を区切り、Name を引用符で囲みます。

例: G = groupsummary(T,groupvars,groupbins,"IncludedEdge","right")

含めるビン エッジ。"left" または "right" のいずれかとして指定し、ビン区間のどちらの端が含まれるかを示します。

この名前と値の引数は、groupbins が指定され、かつその値によりすべてのグループ化変数またはグループ化ベクトルにすべてのビン化スキームが適用される場合にのみ指定できます。

欠損グループ インジケーター。数値または logical 1 (true) または 0 (false) として指定します。IncludeMissingGroups の値が true の場合、groupsummary には NaN などの欠損値で構成されたグループが表示されます。IncludeMissingGroups の値が false の場合、欠損値グループは groupsummary に表示されません。

空のグループ インジケーター。数値または logical 1 (true) または 0 (false) として指定します。IncludeEmptyGroups の値が false の場合、要素がゼロのグループは groupsummary に表示されません。IncludeEmptyGroups の値が true の場合、groupsummary には空のグループが表示されます。

出力引数

すべて折りたたむ

table または timetable 入力データの出力 table。G には計算されたグループ、各グループの要素数、および method を指定した場合は指定した計算の結果が含まれます。

配列の入力データの出力配列。ベクトルまたは行列として返されます。B にはグループ別に指定された計算が含まれます。複数の方法を指定した場合、groupsummary はリストされた順序で計算を横方向に連結します。

配列の入力データのグループ。列ベクトルまたは列ベクトルの cell 配列として返されます。グループ化ベクトルが 1 つの場合、"sorted" オプションを指定した関数 unique により返された順序に従って、出力グループが並べ替えられます。

入力ベクトルが複数ある場合、BG は長さの等しい列ベクトルを含む cell 配列になります。各グループの情報は、BG のすべてのベクトルにまたがる行の要素に格納されます。各グループは、出力配列 B の対応する行にマッピングされます。

配列の入力データのグループ カウント。列ベクトルとして返されます。BC には各グループの要素数が含まれます。BC の長さは、BG で返されるグループ列ベクトルの長さと同じです。

ヒント

  • groupsummary を何度も呼び出す場合、可能であればパフォーマンス向上のためグループ変数を categorical 型または logical 型に変換することを検討してください。たとえば、string 配列のグループ化変数 (要素が "Poor""Fair""Good""Excellent" である HealthStatus など) がある場合、categorical(HealthStatus) コマンドを使用してこれを categorical 変数に変換することができます。

  • 関数 groupsummary は 1 次元の要約統計量を計算します。2 次元のグループ化された要約を計算する場合は、関数 pivot の使用を検討してください。

拡張機能

バージョン履歴

R2018a で導入

すべて展開する