Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

スタック (table 変数)

ライブ エディターで複数の table 変数からの値を結合して 1 つの table 変数にする

説明

スタック (table 変数) タスクでは、複数の table 変数または timetable 変数から値を対話的にスタックして 1 つの変数にできます。このタスクは、ライブ スクリプト用の MATLAB® コードを自動生成します。

タスクを開く

スタック (table 変数) タスクを MATLAB エディターでライブ スクリプトに追加するには、次を行います。

  • [ライブ エディター] タブで、[タスク]、[スタック (table 変数)] を選択します。

  • スクリプトのコード ブロック内に、stacktable などの関連キーワードを入力します。コマンドの補完候補から [スタック (table 変数)] を選択します。

すべて展開する

この例では、スタック (table 変数) ライブ エディター タスクを使用することで変数をスタックする方法を示します。1 つの入力 table の複数の変数から値を取り、それらを出力 table の 1 つの変数に結合します。

まず、米国東海岸のインフルエンザ推定羅患率を含む table を読み込みます。table には北東 (NE)、中大西洋 (MidAtl)、および南東 (SE) の各地域の羅患率をもつ 3 つの変数があります (これらのデータは Google Flu Trends、https://www.google.org/flutrends から取得)。

load fluByRegion

変数 NEMidAtl、および SE からのインフルエンザ羅患率が出力 table の 1 つの変数になるように、インフルエンザ羅患率をスタックします。

スタック (table 変数) タスクをライブ スクリプトに追加します。

  • 変数 Month からの値を出力 table の行にコピーするには、タスクで変数の上のドロップダウン リストから Constant を選択

  • 変数 NEMidAtl、および SE からの値を出力の 1 つの変数にスタックすることで結合するには、各変数について Stack を選択

出力にスタックされた変数の名前は、各入力変数名を結合したものになります。

タスクは NE_MidAtl_SE_Indicator という名前の新しい変数に入力変数の名前もスタックします。この例では、地域の名前が入力 table の変数の名前です。これらの名前は、インフルエンザ羅患率の地域を示す新しい変数のデータ値になります。

出力 table の変数には、より意味のある名前を付けてください。table 変数の名前を変更するには、関数 renamevars を使用します。

load fluRateOriginalNames
fluRate = renamevars(stackedTable,["NE_MidAtl_SE_Indicator" "NE_MidAtl_SE"],["Region" "Flu Rate"]);

関連する例

パラメーター

ワークスペース内のすべての空でない table と timetable のリストから、入力 table または入力 timetable の名前を指定します。

入力 table または入力 timetable の各変数について行うアクションを指定します。変数のスタック時には、次の 3 つの可能なアクションがあります。

  • 定数 — 出力 table または出力 timetable に変数をコピーします。出力の行で必要とされる箇所に値を複製します。

  • スタック — 変数の値を出力の 1 つの変数にスタックします。たとえば、3 つの変数をスタックするよう選択する場合、それらすべての値が出力の 1 つの変数にスタックされます。

  • 破棄 — 変数およびその値を出力から除外します。

R2020a で導入