Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

関数ベースのユニット テスト

検定を使用したテストの記述、テスト ランナーのカスタマイズ、テストの選択と実行

関数ベースのテストを記述し、MATLAB® のスクリプト、関数またはクラスの出力が期待どおりになっているかを確認します。検定関数のライブラリを全部使用した場合、4 種類のテスト エラーを生成できます。たとえば、検証または致命的なアサーションのテスト エラーを生成できます。関数ベースのテストは、xUnit テストの原理を取り入れています。

はじめに、関数ベースのユニット テストの記述および関数を使用する単純なテスト ケースの記述を参照してください。

テストのパラメーター化やテスト フィクスチャなど、より高度なテスト オーサリングを行う場合は、クラス ベースのユニット テストを記述することを検討してください。

関数

functiontestsローカル関数へのハンドルからのテストの配列の作成
runtests一連のテストの実行
testsuiteテスト スイートを作成
testrunnerCreate test runner
run (TestSuite)テキスト出力用に設定された TestRunner オブジェクトを使用して配列 TestSuite を実行

クラス

Test単一のテスト メソッドの仕様
FunctionTestCase関数ベースのテストに使用する TestCase
TestResult実行中のテスト スイートの結果

トピック

テストの記述

テストの実行と結果の解析