Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

エディターでのテストの実行

関数ベースのテスト ファイルを MATLAB® エディターまたはライブ エディターで開くか、クラスベースのテスト ファイルをエディターで開くと、ファイル内のすべてのテストまたはカーソル位置のテストを対話的に実行できます。この例では、エディターまたはライブ エディターでの作業中にテストを実行する方法を説明します。

現在のフォルダーに、関数ベースのテスト ファイル sampleTest.m (または sampleTest.mlx) を作成します。

function tests = sampleTest
tests = functiontests(localfunctions);
end

function testA(testCase)
verifyEqual(testCase,2+3,5)
end

function testB(testCase)
verifyGreaterThan(testCase,42,13)
end

function testC(testCase)
verifySubstring(testCase,"Hello World!","llo")
end

テスト ファイルを保存すると、[エディター] (または [ライブ エディター]) タブの [実行] セクションが変わり、ファイル内のテストを実行できるようになります。

Run section in the Editor or Live Editor tab

[テストの実行] アイコンをクリックします。MATLAB のコマンド ウィンドウに、テストの実行に使用するコマンドが表示され、ファイル内のすべてのテストが実行されます。

runtests("sampleTest")
Running sampleTest
...
Done sampleTest
__________


ans = 

  1×3 TestResult array with properties:

    Name
    Passed
    Failed
    Incomplete
    Duration
    Details

Totals:
   3 Passed, 0 Failed, 0 Incomplete.
   0.45951 seconds testing time.

ここで、カーソルを関数 testB に置いて [現在のテストを実行] をクリックします。MATLAB が testB だけを実行します。

runtests("sampleTest","ProcedureName","testB")
Running sampleTest
.
Done sampleTest
__________


ans = 

  TestResult with properties:

          Name: 'sampleTest/testB'
        Passed: 1
        Failed: 0
    Incomplete: 0
      Duration: 0.0037
       Details: [1×1 struct]

Totals:
   1 Passed, 0 Failed, 0 Incomplete.
   0.0036537 seconds testing time.

テストの実行に加えて、[テストの実行] の下にあるテスト オプションを使用してテストの実行をカスタマイズできます。テスト オプションの完全なリストにアクセスするには、[テストの実行] の下の下向き矢印をクリックし、[テストの実行をカスタマイズ] をクリックします。MATLAB は、ファイル内のすべてのテストを実行する場合も、カーソル位置にあるテストだけを実行する場合も、選択されたテスト オプションを使用します。テスト オプションを選択すると、選択内容は現在の MATLAB セッションの期間中保持されます。

テスト オプション説明

テストを実行する前に出力をクリア

テストを実行する前にコマンド ウィンドウの表示内容をクリアします。

厳密

テストの実行時に厳密なチェックを適用します。たとえば、テストで警告が発行されると、フレームワークで検定エラーが生成されます。

このオプションを選択することは、runtests の名前と値の引数 Stricttrue に指定することと同じです。

並列

テストを並列実行します。このオプションは Parallel Computing Toolbox™ がインストールされている場合にのみ使用できます。

このオプションを選択することは、runtests の名前と値の引数 UseParalleltrue に指定することと同じです。

デバッグ

テストの実行時にデバッグ機能を適用します。たとえば、テストの失敗またはキャッチされないエラーが検出された場合、フレームワークはテストの実行を一時停止しデバッグ モードに切り替わります。

このオプションを選択することは、runtests の名前と値の引数 Debugtrue に指定することと同じです。

出力の詳細

テストの実行で表示されるイベントの詳細情報の量を制御します。

このオプションの値を選択することは、runtests の名前と値の引数 OutputDetail をその値に指定することと同じです。

ログ レベル

log (TestCase) メソッドまたは log (Fixture) メソッドでログに記録される診断を、指定された詳細レベル以下で表示します。

このオプションの値を選択することは、runtests の名前と値の引数 LoggingLevel をその値に指定することと同じです。

参考