Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

log

クラス: matlab.unittest.fixtures.Fixture
パッケージ: matlab.unittest.fixtures

フィクスチャのセットアップと破棄の処理中に診断情報を記録する

構文

log(f,diagnostic)
log(f,v,diagnostic)

説明

log(f,diagnostic) は指定した診断情報を記録します。log メソッドは、フィクスチャのセットアップおよび破棄ルーチンの最中にテストの情報を記録する手段を提供します。テスト フレームワークでは、matlab.unittest.plugins.LoggingPlugin などの適切なプラグインを追加してテスト フレームワークの動作を構成した場合に限り、記録したメッセージが表示されます。

log(f,v,diagnostic) は指定した詳細レベル v で診断情報を記録します。

入力引数

すべて展開する

フィクスチャのインスタンス。matlab.unittest.fixtures.Fixture として指定します。

失敗時に表示する診断情報。string、文字ベクトル、関数ハンドルまたは matlab.unittest.diagnostics.Diagnostic インスタンスとして指定します。

詳細レベル。1 ~ 4 の整数値または matlab.unittest.Verbosity 列挙型オブジェクトとして指定します。診断メッセージの既定の詳細レベルは Concise です。整数値は matlab.unittest.Verbosity 列挙型のメンバーに対応します。

数値表現列挙型メンバー名詳細レベルの説明
1Terse

最小限の情報

2Concise

中程度の情報量

3Detailed

ある程度の補足的な情報

4Verbose

多くの補足的な情報

すべて展開する

現在の作業フォルダーのファイル FormatHexFixture.m の中で、次のフィクスチャを作成します。

classdef FormatHexFixture < matlab.unittest.fixtures.Fixture
    properties (Access=private)
        OriginalFormat
    end
    methods
        function setup(fixture)
            fixture.OriginalFormat = get(0,'Format');
            fixture.log(['The previous format setting was ',...
                fixture.OriginalFormat])
            log(fixture,'Setting Format')
            set(0,'Format','hex')
            log(fixture,3,'Format Set')
        end
        function teardown(fixture)
            log(fixture,'Resetting Format')
            set(0,'Format',fixture.OriginalFormat)
            log(fixture,3,'Original Format Restored')
        end
    end
end

現在の作業フォルダーのファイル SampleTest.m の中で、次のテスト クラスを作成します。

classdef SampleTest < matlab.unittest.TestCase
    methods (Test)
        function test1(testCase)
            testCase.applyFixture(FormatHexFixture);
            actStr = getColumnForDisplay([1;2;3], 'Small Integers');
            expStr = ['Small Integers  '
                '3ff0000000000000'
                '4000000000000000'
                '4008000000000000'];
            testCase.verifyEqual(actStr, expStr)
        end
    end
end

function str = getColumnForDisplay(values, title)
elements = cell(numel(values)+1, 1);
elements{1} = title;
for idx = 1:numel(values)
    elements{idx+1} = displayNumber(values(idx));
end
str = char(elements);
end

function str = displayNumber(n)
str = strtrim(evalc('disp(n);'));
end

テストを実行します。

result = run(SampleTest);
Running SampleTest
.
Done SampleTest
__________

既定のテスト ランナーの詳細レベルは 1 (Terse)であり、既定のログ メッセージはレベル 2 (Concise) であるため、記録されたメッセージは何も表示されません。

レベル 1、2 および 3 の診断情報を報告するテスト ランナーを作成し、テストを再度実行します。

import matlab.unittest.TestRunner
import matlab.unittest.plugins.LoggingPlugin

ts = matlab.unittest.TestSuite.fromClass(?SampleTest);
runner = TestRunner.withNoPlugins;
p = LoggingPlugin.withVerbosity(3);
runner.addPlugin(p);

results = runner.run(ts);
 [Concise] Diagnostic logged (2014-04-23T13:17:35): The previous format setting was short
 [Concise] Diagnostic logged (2014-04-23T13:17:35): Setting Format
[Detailed] Diagnostic logged (2014-04-23T13:17:35): Format Set
 [Concise] Diagnostic logged (2014-04-23T13:17:35): Resetting Format
[Detailed] Diagnostic logged (2014-04-23T13:17:35): Original Format Restored
R2014b で導入