Main Content

matlab.unittest.fixtures.Fixture クラス

パッケージ: matlab.unittest.fixtures

テスト フィクスチャのインターフェイス クラス

説明

Fixture インターフェイス クラスを使用して、テスト作成者はカスタムのフィクスチャを作成できます。フィクスチャにより、テストに必要な環境の状態を構成します。

Fixture インターフェイスから派生したクラスは、setup メソッドを実装しなければなりません。このメソッドは、環境に変更を加えます。フィクスチャは、破棄される際に環境を初期状態に復元する必要があります。環境を復元するには、setup メソッド内で addTeardown メソッドを使用するか、フィクスチャの teardown メソッドを実装します。

サブクラスで、コンストラクターの SetupDescription および TeardownDescription プロパティを設定して、setup および teardown メソッドで実行されるアクションの詳細を記述することができます。テスト フレームワークは、フィクスチャをセットアップおよび破棄する際にこれらの詳細を表示できます。

Fixture から派生するクラスは、コンストラクターが任意の入力引数を受け入れる場合、またはコンストラクターが構成変更可能な場合は、isCompatible メソッドを実装しなければなりません。Fixture のサブクラスはこのメソッドを使用して、フィクスチャの相互交換可能性の概念を定義できます。同じクラスの 2 つの matlab.unittest.fixtures インスタンスは、isCompatible メソッドが true を返す場合は、相互交換可能であるとみなされます。TestRunner は、isCompatible の結果を利用して、同じクラスの 2 つのフィクスチャ インスタンスが同一の共有テスト フィクスチャの状態と対応しているかどうかを決定します。

プロパティ

SetupDescription

フィクスチャのセットアップ アクションの説明。文字ベクトルとして指定します。SetupDescription プロパティで、テスト フレームワークがフィクスチャの setup メソッドを呼び出したときにフィクスチャが実行するアクションを記述します。

TeardownDescription

フィクスチャの破棄アクションの説明。文字ベクトルとして指定します。TeardownDescription プロパティで、テスト フレームワークがフィクスチャの teardown メソッドを呼び出したときにフィクスチャが実行するアクションを記述します。

メソッド

addTeardown破棄ルーチンを Fixture インスタンスに動的に追加
applyFixture作業を他のフィクスチャに委ねるフィクスチャのセットアップ
isCompatible同じクラスの 2 つのフィクスチャが相互交換可能かどうかを判別
logフィクスチャのセットアップと破棄の処理中に診断情報を記録する
needsReset 共有テスト フィクスチャをリセットする必要があるかどうかのレポート
onFailureフィクスチャのセットアップおよび破棄におけるエラーの診断情報を動的に追加する
setupフィクスチャのセットアップ
teardownフィクスチャの破棄

イベント

AssertionFailed

アサーションの失敗時にトリガーされます。QualificationEventData オブジェクトがリスナー コールバック関数に渡されます。

AssertionPassed

アサーションの成功時にトリガーされます。QualificationEventData オブジェクトがリスナー コールバック関数に渡されます。

AssumptionFailed

仮定の失敗時にトリガーされます。QualificationEventData オブジェクトがリスナー コールバック関数に渡されます。

AssumptionPassed

仮定の成功時にトリガーされます。QualificationEventData オブジェクトがリスナー コールバック関数に渡されます。

FatalAssertionFailed

致命的なアサーションの失敗時にトリガーされます。QualificationEventData オブジェクトがリスナー コールバック関数に渡されます。

FatalAssertionPassed

致命的なアサーションの成功時にトリガーされます。QualificationEventData オブジェクトがリスナー コールバック関数に渡されます。

ExceptionThrown

例外がスローされたときに TestRunner によりトリガーされます。ExceptionEventData オブジェクトがリスナー コールバック関数に渡されます。

DiagnosticLogged

log メソッドを呼び出したときに TestRunner によりトリガーされます。LoggedDiagnosticEventData オブジェクトがリスナー コールバック関数に渡されます。

コピーのセマンティクス

ハンドル。コピー操作に対するハンドル クラスの影響については、オブジェクトのコピーを参照してください。

バージョン履歴

すべて展開する