Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matlab.unittest.constraints.Constraint クラス

パッケージ: matlab.unittest.constraints

比較の基本的なインターフェイス クラス

説明

Constraint インターフェイス クラスは、制約 matlab.unittest が比較ロジックと対応する診断情報をエンコードするための手段です。条件付きでエラーを生成できるすべての比較は、Constraint インターフェイス クラスから継承されます。

Constraint インターフェイス クラスから派生するクラスは、指定された値が制約を満たすかどうかを判別する方法を提供しなければなりません。これを行うために、satisfiedBy メソッドを実装します。これには基礎となる比較ロジックの定義が含まれます。また、Constraint クラスから派生するクラスも、任意の実際の値に対して診断を提供しなければなりません。テスト フレームワークは、検定エラーが発生した場合にこの診断を使用します。これを行うには、getDiagnosticFor メソッドを実装します。

これらの要件を満たすことで、すべての Constraint の実装は、verifyThatassertThatassumeThat または fatalAssertThat メソッドを通して、すべての検定タイプで容易に使用できます。検定では、制約内に含まれる比較情報と診断情報が使用されます。また、テスト エラーは望ましくないが、テスト フレームワークで比較ロジックを再利用しなければならない状況でも、制約を使用できます。たとえば、制約の実装で、別の制約内で定義されたロジックを使用しなければならない場合があります。制約は別の制約と直接連携できるので、検定エラーが発生する可能性なしにそのロジックを使用できます。

メソッド

getDiagnosticFor比較した値の診断の生成
satisfiedBy値が制約を満たすかどうかの判別

コピーのセマンティクス

値。値クラスがコピー操作に与える影響については、オブジェクトのコピーを参照してください。