Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matlab.unittest.qualifications パッケージ

MATLAB の検定インターフェイスのクラスの概要

説明

検定とは、値をテストしてエラーの対応を行う手法のことです。検定エラーは、テスト エラーに対応する場合も対応しない場合もあります。そのため、検定エラーが発生したときにテストで実行を続行する場合もしない場合もあります。使用する検定を決定するには、検証、アサーション、その他の検定の表を参照してください。

クラス

検定クラス

matlab.unittest.qualifications.Assertableテストの前提条件を検証する検定
matlab.unittest.qualifications.Assumableテストの内容をフィルター処理する検定
matlab.unittest.qualifications.FatalAssertableテストの実行を中断する検定
matlab.unittest.qualifications.Verifiableソフト エラー条件を生成する検定

イベント データ クラス

matlab.unittest.qualifications.ExceptionEventDataExceptionThrown イベント リスナーのイベント データ
matlab.unittest.qualifications.QualificationEventData検定イベント リスナーのイベント データ

例外処理クラス

matlab.unittest.qualifications.AssertionFailedExceptionアサーション エラーに使用する例外
matlab.unittest.qualifications.AssumptionFailedException仮定エラーに使用する例外
matlab.unittest.qualifications.FatalAssertionFailedException致命的なアサーション エラーに使用する例外
R2013a で導入