Main Content

検証、アサーション、その他の検定の表

値をテストしエラーに対応するための検定には、検証、仮定、アサーション、致命的なアサーションという 4 つのタイプがあります。

  • 検証 — 例外をスローせずにエラーを生成して記録します。検証エラーが発生しても、残りのテストが最後まで実行されます。

  • 仮定 — テスト環境がテスト エラーを回避するために必要な前提条件を満たしていることを確認します。仮定エラーが発生すると、テスト フレームワークによってそのテストはフィルター処理済みとマークされます。

  • アサーション — 現在のテストの前提条件が満たされていることを確認します。アサーション エラーが発生すると、フレームワークによって現在のテストが失敗および未完了とマークされます。ただし、エラーが発生しても、以降のテストは正しく実行されます。

  • 致命的なアサーション — 現在のテスト セッションの残りが有効であり、状態が回復可能であることを確認します。致命的なアサーション エラーが発生すると、テスト フレームワークによってテスト セッションが中止されます。

これらの検定タイプには、同じタイプのテストに対応する同様のメソッドがあります。これらのメソッドでは共通の命名規則を使用します。たとえば、true 値についてテストするメソッドでは <qualify>True という形式を使用し、<qualify>verifyassumeassert、または fatalAssert のいずれかになります。すなわち、以下のようになります。

  • verifyTrue — 値が true であることを検証する。

  • assumeTrue — 値が true であると仮定する。

  • assertTrue — 値が true であることをアサートする。

  • fatalAssertTrue — 値が true であることを致命的にアサートする。

一般的な目的

テストのタイプメソッド名の形式
値が true である。<qualify>TrueverifyTrue
値が false である。<qualify>FalseverifyFalse
値が指定値と等しい。<qualify>EqualverifyEqual
値が指定値と等しくない。<qualify>NotEqualverifyNotEqual
2 つの値が同じインスタンスに対するハンドルである。<qualify>SameHandleverifySameHandle
値が指定されたインスタンスへのハンドルではない。<qualify>NotSameHandleverifyNotSameHandle
関数が true を返す。<qualify>ReturnsTrueverifyReturnsTrue
テストで無条件エラーが発生する。<qualify>FailverifyFail
値が指定された制約を満たす。<qualify>ThatverifyThat

エラーと警告

テストのタイプメソッド名の形式
関数が指定された例外をスローする。<qualify>ErrorverifyError
関数が指定された警告を発行する。<qualify>WarningverifyWarning
関数が警告を発行しない。<qualify>WarningFreeverifyWarningFree

不等式

テストのタイプメソッド名の形式
値が指定値より大きい。<qualify>GreaterThanverifyGreaterThan
値が指定値以上である。<qualify>GreaterThanOrEqualverifyGreaterThanOrEqual
値が指定値より小さい。<qualify>LessThanverifyLessThan
値が指定値以下である。<qualify>LessThanOrEqualverifyLessThanOrEqual

配列サイズ

テストのタイプメソッド名の形式
値が空である。<qualify>EmptyverifyEmpty
値が空ではない。<qualify>NotEmptyverifyNotEmpty
値が指定されたサイズである。<qualify>SizeverifySize
値が指定された長さである。<qualify>LengthverifyLength
値が指定された要素数をもつ。<qualify>NumElementsverifyNumElements

テストのタイプメソッド名の形式
値のクラスが指定されたクラスである。<qualify>ClassverifyClass
値が指定されたクラスのインスタンスである。<qualify>InstanceOfverifyInstanceOf

文字列

テストのタイプメソッド名の形式
値に指定された文字列が含まれている。<qualify>SubstringverifySubstring
値が指定された正規表現に一致する。<qualify>MatchesverifyMatches

参考

| | | |