Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matlab.unittest.qualifications.QualificationEventData クラス

パッケージ: matlab.unittest.qualifications

検定イベント リスナーのイベント データ

説明

QualificationEventData クラスは検定イベント リスナーのイベント データを保持します。検定イベント リスナーはコールバック関数で、テスト フレームワークに登録して検定のパスまたは失敗をリッスンします。検定ではテスト内容に対してアサーション、致命的なアサーション、仮定または検証を実行できます。対応する検定クラスはこれらのイベントを定義します。通常、カスタム プラグインの作成者はこのクラスを使用します。このクラスを直接作成するのはテスト フレームワークのみです。

プロパティ

ActualValue

Constraint の検定ロジックを満たすことをテストする値。

Constraint

検定に使用される matlab.unittest.constraints.Constraint のインスタンス

TestCase または Fixture オブジェクトで検定メソッドを使用する場合、Constraint プロパティには検定に使用する基となる制約が含まれています。たとえば、verifyEqual メソッドを使用する場合、基となる制約は IsEqualTo 制約になります。したがって、この制約の getDiagnosticFor メソッドを呼び出した場合、診断結果はテスト フレームワークが表示する内容と異なる場合があります。

TestDiagnostic

検定で指定した診断。文字ベクトル、string、関数ハンドルまたは Diagnostic クラスのインスタンスとして表します。

TestDiagnosticResults

検定で指定した診断の結果。DiagnosticResult インスタンスの配列として表します。

FrameworkDiagnosticResults

検定で使用する制約の診断結果。DiagnosticResult インスタンスの配列として表します。

Stack

検定イベントを導く関数呼び出しスタック。構造体配列で表します。

バージョン履歴

R2014a で導入