Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

カスタム制約の作成

この例では、指定された値と期待値のサイズが同じかどうかを判定するカスタム制約の作成方法を説明します。

現在のフォルダー内のファイルに、matlab.unittest.constraints.Constraint クラスから派生する HasSameSizeAs という名前のクラスを作成します。クラス コンストラクターは期待値を受け入れ、そのサイズが実際の値のサイズと比較されます。期待値は ValueWithExpectedSize プロパティに格納されます。Constraint の実装を変更不可にすることが推奨されるため、プロパティの SetAccess 属性を immutable に設定します。

classdef HasSameSizeAs < matlab.unittest.constraints.Constraint
    
    properties(SetAccess = immutable)
        ValueWithExpectedSize
    end
    
    methods
        function constraint = HasSameSizeAs(value)
            constraint.ValueWithExpectedSize = value;
        end
    end
    
end

private アクセスが指定された methods ブロックで、実際の値と期待値が同サイズであるかどうかを判定する補助メソッド sizeMatchesExpected を定義します。このメソッドは他の制約メソッドによって呼び出されます。

methods(Access = private)
    function bool = sizeMatchesExpected(constraint,actual)
        bool = isequal(size(actual),size(constraint.ValueWithExpectedSize));
    end
end

matlab.unittest.constraints.Constraint クラスから派生するクラスは、satisfiedBy メソッドをオーバーライドしなければなりません。このメソッドは、比較ロジックを含み、logical 値を返さなければなりません。methods ブロック内で、補助メソッドを呼び出すことにより satisfiedBy を実装します。実際のサイズと想定サイズが等しい場合、このメソッドは true を返します。

methods
    function bool = satisfiedBy(constraint,actual)
        bool = constraint.sizeMatchesExpected(actual);
    end
end

matlab.unittest.constraints.Constraint クラスから派生するクラスも getDiagnosticFor メソッドをオーバーライドしなければなりません。このメソッドは、制約に対して実際の値を評価し、Diagnostic オブジェクトを提供しなければなりません。この例では、getDiagnosticForStringDiagnostic オブジェクトを返します。

methods        
    function diag = getDiagnosticFor(constraint,actual)
        import matlab.unittest.diagnostics.StringDiagnostic
        if constraint.sizeMatchesExpected(actual)
            diag = StringDiagnostic('HasSameSizeAs passed.');
        else
            diag = StringDiagnostic(sprintf(...
                'HasSameSizeAs failed.\nActual Size: [%s]\nExpectedSize: [%s]',...
                int2str(size(actual)),...
                int2str(size(constraint.ValueWithExpectedSize))));
        end
    end
end

HasSameSizeAs クラスの定義

以下は、HasSameSizeAs クラスの完全なコードです。

classdef HasSameSizeAs < matlab.unittest.constraints.Constraint
    
    properties(SetAccess = immutable)
        ValueWithExpectedSize
    end
    
    methods
        function constraint = HasSameSizeAs(value)
            constraint.ValueWithExpectedSize = value;
        end
        
        function bool = satisfiedBy(constraint,actual)
            bool = constraint.sizeMatchesExpected(actual);
        end
        
        function diag = getDiagnosticFor(constraint,actual)
            import matlab.unittest.diagnostics.StringDiagnostic
            if constraint.sizeMatchesExpected(actual)
                diag = StringDiagnostic('HasSameSizeAs passed.');
            else
                diag = StringDiagnostic(sprintf(...
                    'HasSameSizeAs failed.\nActual Size: [%s]\nExpectedSize: [%s]',...
                    int2str(size(actual)),...
                    int2str(size(constraint.ValueWithExpectedSize))));
            end
        end
    end
    
    methods(Access = private)
        function bool = sizeMatchesExpected(constraint,actual)
            bool = isequal(size(actual),size(constraint.ValueWithExpectedSize));
        end
    end
    
end

期待されるサイズのテスト

コマンド プロンプトで、対話型テスト用にテスト ケースを作成します。

import matlab.unittest.TestCase
testCase = TestCase.forInteractiveUse;

パスのケースをテストします。

testCase.verifyThat(zeros(5),HasSameSizeAs(repmat(1,5)))
Verification passed.

失敗のケースをテストします。

testCase.verifyThat(zeros(5),HasSameSizeAs(ones(1,5)))
Verification failed.
    ---------------------
    Framework Diagnostic:
    ---------------------
    HasSameSizeAs failed.
    Actual Size: [5  5]
    ExpectedSize: [1  5]

参考

| | | |

関連するトピック