Main Content

関数を使用する単純なテスト ケースの記述

メイン関数とローカル テスト関数を含む単一のファイル内でユニット テストを定義して MATLAB® プログラムをテストできます。関数ベースのテストでは、各ローカル関数でソフトウェアの一部を実行し、生成される結果の正確性を検定します。関数ベースのテストの詳細については、関数ベースのユニット テストの記述を参照してください。

この例では、現在のフォルダー内のファイルで定義された関数の正確性を検定する関数ベースのテストを記述する方法を示します。関数 quadraticSolver は、2 次多項式の係数を入力として受け取り、その多項式の根を返します。係数が数値以外の値として指定されている場合、関数はエラーをスローします。

function roots = quadraticSolver(a,b,c)
% quadraticSolver returns solutions to the
% quadratic equation a*x^2 + b*x + c = 0.

if ~isa(a,'numeric') || ~isa(b,'numeric') || ~isa(c,'numeric')
    error('quadraticSolver:InputMustBeNumeric', ...
        'Coefficients must be numeric.');
end

roots(1) = (-b + sqrt(b^2 - 4*a*c)) / (2*a);
roots(2) = (-b - sqrt(b^2 - 4*a*c)) / (2*a);

end

テストの作成

関数 quadraticSolver をテストするには、現在のフォルダー内にテスト ファイル quadraticSolverTest.m を作成します。次に、ファイルでメイン関数を定義し、quadraticSolver の実数解と虚数解についてのテストを行う 2 つのローカル関数を定義します。メイン関数とローカル関数の名前は、先頭または末尾が "test" という語 (大文字小文字は区別されない) でなければなりません。また、メイン関数の名前はテスト ファイルの名前に対応している必要があります。

メイン関数の定義

関数ベースのユニット テストを実行するには、すべてのローカル テスト関数を 1 つのテスト配列に収集するメイン関数を定義する必要があります。テスト ファイルでメイン関数 quadraticSolverTest を定義します。メイン関数でfunctiontestsを呼び出してテスト配列 tests を生成します。localfunctionsfunctiontests に渡すと、ファイル内のローカル関数への関数ハンドルの cell 配列が自動的に生成されます。

function tests = quadraticSolverTest
tests = functiontests(localfunctions);
end

ローカル テスト関数の定義

関数 quadraticSolver の実数解と虚数解についてのテストを行うローカル関数をテスト ファイルに追加します。ファイル内のテストの順序は重要ではありません。各ローカル関数は、matlab.unittest.FunctionTestCaseオブジェクトである単一の入力 testCase を受け入れる必要があります。テスト フレームワークが自動的にこのオブジェクトを生成します。このオブジェクトを使用して、関数で値をテストしてエラーに対応するための検定が実行されます。

quadraticSolver が特定の係数に対して正しい実数解を返すことを検証するローカル関数 testRealSolution を定義します。たとえば、方程式 x2-3x+2=0 には実数解 x=1x=2 があります。この関数で、この方程式の係数を指定して quadraticSolver を呼び出します。次に、検定関数verifyEqualを使用して、実際の出力 actSolution を想定される出力 expSolution と比較します。

function tests = quadraticSolverTest
tests = functiontests(localfunctions);
end

function testRealSolution(testCase)
actSolution = quadraticSolver(1,-3,2);
expSolution = [2 1];
verifyEqual(testCase,actSolution,expSolution)
end

quadraticSolver が特定の係数に対して正しい虚数解を返すことを検証する 2 つ目のローカル関数 testImaginarySolution を定義します。たとえば、方程式 x2+2x+10=0 には虚数解 x=-1+3ix=-1-3i があります。この関数で、前の関数と同じように、この方程式の係数を指定して quadraticSolver を呼び出し、検定関数 verifyEqual を使用して実際の出力 actSolution を想定される出力 expSolution と比較します。

function tests = quadraticSolverTest
tests = functiontests(localfunctions);
end

function testRealSolution(testCase)
actSolution = quadraticSolver(1,-3,2);
expSolution = [2 1];
verifyEqual(testCase,actSolution,expSolution)
end

function testImaginarySolution(testCase)
actSolution = quadraticSolver(1,2,10);
expSolution = [-1+3i -1-3i];
verifyEqual(testCase,actSolution,expSolution)
end

テスト ファイル内のテストの実行

関数 runtests を使用して、quadraticSolverTest.m ファイルで定義したテストを実行します。この例では、両方のテストにパスします。

results = runtests('quadraticSolverTest.m')
Running quadraticSolverTest
..
Done quadraticSolverTest
__________
results = 
  1×2 TestResult array with properties:

    Name
    Passed
    Failed
    Incomplete
    Duration
    Details

Totals:
   2 Passed, 0 Failed, 0 Incomplete.
   0.051763 seconds testing time.

関数runを使用してテストを実行することもできます。

results = run(quadraticSolverTest)
Running quadraticSolverTest
..
Done quadraticSolverTest
__________
results = 
  1×2 TestResult array with properties:

    Name
    Passed
    Failed
    Incomplete
    Duration
    Details

Totals:
   2 Passed, 0 Failed, 0 Incomplete.
   0.0051289 seconds testing time.

参考

| |

関連するトピック