Main Content

functiontests

ローカル関数へのハンドルからのテストの配列の作成

説明

tests = functiontests(f) は、ローカル関数のハンドルの cell 配列 f から、テストの配列 tests を作成します。定義されたセットアップおよび破棄関数を適用するには、その関数ハンドルを f に組み込みます。

ローカル テスト関数は、関数名の先頭または末尾に 'test' を付けなければなりません。functiontests はテスト ファイル内から呼び出されなければなりません。

すべて折りたたむ

MATLAB® パスにファイル exampleTest.m を作成します。メイン関数で、テスト配列を作成します。ローカル関数を使用して、セットアップ、破棄および関数のテスト 2 つを定義します。使用するファイルは次のようになります。

function tests = exampleTest
tests = functiontests(localfunctions);

function setup(testCase)
function teardown(testCase)
function exampleOneTest(testCase)
function testExampleTwo(testCase)

コマンド ラインで、関数 exampleTest を呼び出します。

tests = exampleTest
tests = 

  1x2 Test array with properties:

    Name
    ProcedureName
    TestClass
    BaseFolder
    Parameterization
    SharedTestFixtures
    Tags

Tests Include:
   0 Parameterizations, 0 Shared Test Fixture Classes, 0 Tags.

テスト スイートにアクセスして、2 つの関数テストの名前を確認します。

tests.Name
ans =

    'exampleTest/exampleOneTest'


ans =

    'exampleTest/testExampleTwo'

入力引数

すべて折りたたむ

ローカル テスト関数へのハンドル。cell 配列として指定します。作業ファイルの f=localfunctions を使用して、そのファイルへの関数ハンドルの cell 配列を自動的に生成します。明示的なテスト列挙が必要な場合は、個々の関数をリストすることによって、f を構築します。f には、テストに必要なセットアップまたは破棄関数を組み込まなければなりません。

例: f = localfunctions;

例: f = {@setup,@exampleOneTest,@teardown};

バージョン履歴

R2013b で導入