ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モッキング フレームワーク

依存物の動作を模倣したテストのためシステムの一部を分離する

ユニット テストを行うときには、多くの場合、完全なシステムの一部を依存しているものから分離してテストすることが関心事となります。システムの一部をテストするために、"モック オブジェクト" を使用して、依存物を置き換えることができます。モック オブジェクトは、製品オブジェクトと同じインターフェイスの少なくとも一部を実装しますが、多くの場合、製品オブジェクトよりも単純、高速、または予測性が高い方法、あるいは制御性の高い方法になります。

はじめに、モック オブジェクトの作成を参照してください。

クラス

すべて展開する

matlab.mock.TestCaseモッキング フレームワークを使用するテストを作成するための TestCase
matlab.mock.AnyArguments任意の数の引数と一致
matlab.mock.actions.AssignOutputs呼び出されたメソッドまたはアクセスされたプロパティの戻り値を定義
matlab.mock.actions.Invoke メソッドの呼び出し時に関数ハンドルを呼び出す
matlab.mock.actions.ReturnStoredValue格納されたプロパティ値を返す
matlab.mock.actions.StoreValueプロパティ値を格納
matlab.mock.actions.ThrowExceptionメソッドが呼び出された場合、またはプロパティが設定またはアクセスされた場合に例外をスロー
matlab.mock.constraints.Occurred モック オブジェクトの相互作用を検定する制約
matlab.mock.constraints.WasAccessedプロパティの get アクセスを決定する制約
matlab.mock.constraints.WasCalledメソッドの呼び出しを決定する制約
matlab.mock.constraints.WasSetプロパティ設定相互作用を決定する制約
matlab.mock.MethodCallBehaviorモック オブジェクト メソッドの動作を指定して、メソッドの呼び出しを検定
matlab.mock.PropertyBehaviorモック オブジェクトのプロパティの動作の指定と相互作用の検定
matlab.mock.PropertyGetBehaviorモック プロパティの get 動作を指定
matlab.mock.PropertySetBehaviorモック オブジェクトの設定動作を指定
matlab.mock.TestCase.getMockHistoryモック オブジェクトから履歴を返す
matlab.mock.InteractionHistory.forMockモック オブジェクトから履歴を返す
matlab.mock.InteractionHistory モック オブジェクトの相互作用履歴のインターフェイス
matlab.mock.historyモック オブジェクトの相互作用履歴を表すクラスの概要

トピック

モック オブジェクトの作成

モックを使用して完全なシステムの一部を単独でテストします。

モック オブジェクトの動作の指定

モックされたメソッドおよびプロパティの動作を定義する。たとえば、メソッドが事前定義の値を返すように指定できます。

モック オブジェクトの相互作用の検定

テスト対象のコンポーネントからモック オブジェクトへ送信されるメッセージを傍受します。たとえば、メソッドが呼び出されたことや、プロパティが設定されたことを確認できます。

アプリ テスト フレームワークとモッキング フレームワークを使用するテストの記述

この例では、アプリ テスト フレームワークとモッキング フレームワークを使用するテストの記述方法を示します。