Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ユニット テスト フレームワークの拡張

テスト環境のカスタマイズ、作成者の制約、フィクスチャ、診断およびプラグイン

MATLAB® ユニット テスト フレームワークによって、テスト ツールの作成者はテスト環境をカスタマイズできます。テストの記述は、カスタム制約、フィクスチャ、診断によって拡張でき、さらにテスト ランナー用のカスタム プラグインによってテストの実行と結果のレポートを拡張できます。

クラス

すべて展開する

matlab.unittest.constraints.Constraint比較の基本的なインターフェイス クラス
matlab.unittest.constraints.BooleanConstraint制約の boolean の組み合わせに用いるインターフェイス クラス
matlab.unittest.constraints.Tolerance許容誤差の抽象インターフェイス クラス
matlab.unittest.fixtures.Fixtureテスト フィクスチャのインターフェイス クラス
matlab.unittest.diagnostics.Diagnosticmatlab.unittest 診断の基本的なインターフェイス クラス
matlab.unittest.diagnostics.ConstraintDiagnosticほとんどの制約に共通するフィールドをもつ診断
matlab.unittest.plugins.TestRunnerPluginTestRunner を拡張するためのプラグイン インターフェイス
matlab.unittest.plugins.Parallelizableテストの並列実行をサポートするプラグインのインターフェイス
matlab.unittest.plugins.QualifyingPluginシステム全体の検定を実行するプラグインのインターフェイス
matlab.unittest.plugins.OutputStreamテキスト出力の送信先を決定するインターフェイス
matlab.test.behavior.Missingクラスが missing 値のコントラクトを満たすかどうかをテスト

パッケージ

matlab.unittest.plugins.plugindataMATLAB プラグイン データ インターフェイスのクラスの概要

トピック

制約

カスタム制約の作成

指定された値と期待値のサイズが同じかどうかを判定するカスタム制約を作成する。

カスタム boolean 制約の作成

指定された値と期待値のサイズが同じかどうかを判定するカスタム boolean 制約を作成する。

カスタム許容誤差の作成

この例では、カスタム許容誤差を作成して適用する方法を示します。

フィクスチャ

基本的なカスタム フィクスチャの作成

この例では、基本的なカスタム フィクスチャを作成する方法を示します。

高度なカスタム フィクスチャの作成

この例では、構成可能なコンストラクターを使用してカスタム フィクスチャを作成する方法を示します。

プラグイン

TestRunner を拡張するためのプラグインの書き込み

TestRunnerPlugin クラスを使用した TestRunner の拡張。テストまたはテスト フィクスチャの作成、セットアップ、実行、および破棄を拡張するメソッドを実装できます。

カスタム プラグインの作成

パスと失敗のアサーション数をカウントするカスタム プラグインを作成する。

カスタム プラグインを使ったテストの並列実行

テストを並列実行するときにパスと失敗のアサーション数をカウントする、カスタム プラグインを作成する。

テスト結果にデータを追加するプラグインの作成

アサーション内の実際の値と期待値を TestResult オブジェクトに追加するプラグインを作成する。

診断の詳細を保存するプラグインの作成

この例では、診断の詳細を保存するためのカスタム プラグインを作成する方法を説明します。このプラグインはテストの失敗をリッスンし、診断情報を保存して、フレームワークでテストを完了した後にアクセスできるようにします。

カスタムのテスト出力形式を生成するプラグイン

この例では、カスタム形式を使用してテストの最終結果を出力ストリームに書き込むプラグインの作成方法を説明します。