Main Content

matlab.unittest.plugins.Parallelizable クラス

パッケージ: matlab.unittest.plugins

テストの並列実行をサポートするプラグインのインターフェイス

説明

matlab.unittest.plugins.Parallelizable クラスは、テスト スイートを個別のグループに分割し、各グループを現在の並列プールで実行することをサポートする TestRunnerPlugin インスタンスのインターフェイスです。Parallelizable を使用すると、MATLAB® ワーカーから MATLAB クライアントにデータを転送できます。また、Parallelizable を使用して、プラグインでテストの並列実行のサポートを許可しないように指定することもできます。

テストの並列実行をサポートするプラグインを作成するには、TestRunnerPlugin クラスと Parallelizable クラスの両方をサブクラス化します。並列化可能プラグインによって強化された TestRunner は、逐次モードと並列モードの両方でテストを実行できます。テストを並列実行する (Parallel Computing Toolbox™ が必要) には、TestRunnerrunInParallel メソッドを呼び出します。

matlab.unittest.plugins.Parallelizable クラスは handle クラスです。

メソッド

すべて展開する

バージョン履歴

R2019b で導入