Main Content

matlab.unittest.constraints.Tolerance クラス

パッケージ: matlab.unittest.constraints

許容誤差の抽象インターフェイス クラス

説明

許容誤差は一連のデータ型に対するファジー等価性の概念を定義し、名前と値のペアの引数 'Within' を介して制約 IsEqualTo に適用できます。

Tolerance インターフェイス クラスから派生するクラスは、許容誤差の定義を提供しなければなりません。許容誤差の定義は、satisfiedBy メソッドを使用して実装します。Tolerance クラスから派生するクラスも、比較される 2 つの値の診断を提供しなければなりません。テスト フレームワークは、比較される値が許容可能な許容誤差の範囲外である場合にこの診断を使用します。この条件は、getDiagnosticFor メソッドを使用して実装します。最後に、Tolerance クラスから派生するクラスは、許容誤差がサポートするデータ型を判別する方法を提供しなければなりません。サポートされるデータ型は、supports メソッドを実装して定義します。

メソッド

getDiagnosticFor指定された 2 つの値が許容誤差内に収まるかどうかの診断の生成
satisfiedBy2 つの値が許容誤差内に収まるかどうかの判別
supports許容誤差が指定データ型をサポートするかどうかの判別

コピーのセマンティクス

値。値クラスがコピー操作に与える影響については、オブジェクトのコピーを参照してください。