Main Content

matlab.mock.actions.StoreValue クラス

パッケージ: matlab.mock.actions

プロパティ値を格納

説明

StoreValue アクションは、プロパティの設定時に指定した値を格納するよう指定します。

既定では、厳密なモックでプロパティ値を設定すると、MATLAB® は例外をスローします。フレームワークがモック オブジェクトのプロパティの値を格納するよう指定するには、StoreValue クラスを使用します。

構築

action = StoreValue はプロパティ値を格納します。

メソッド

repeatプロパティ値の格納の繰り返し
thenモック オブジェクトの相互作用のアクション、またはプロパティ値の格納の後のアクション

コピーのセマンティクス

値。値クラスがコピー操作に与える影響については、オブジェクトのコピーを参照してください。

すべて折りたたむ

厳密なモックを作成します。既定では、プロパティの相互作用は例外をスローします。

testCase = matlab.mock.TestCase.forInteractiveUse;
properties = ["PropA" "PropB" "PropC"];
[mock, behavior] = testCase.createMock('AddedProperties',properties,"Strict",true);

PropA への set アクセスを有効にします。

import matlab.mock.actions.StoreValue
when(set(behavior.PropA),StoreValue)

モックを使用します。

mock.PropA = 1;

モックを使用します。

mock.PropB = 2;
Assertion failed.
    ----------------
    Test Diagnostic:
    ----------------
    Unexpected set of strict mock property 'PropB'.
Assertion failed.

代替方法

プロパティ値を格納するための単純な命令には、matlab.mock.TestCase クラスの storeValueWhen メソッドを使用することができます。ただし、StoreValue アクションを使用すると、さらに多くの機能を使用できます。

バージョン履歴

R2017a で導入