ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

クラス ベースのユニット テスト

クラスベース テストの記述、テストのパラメーター化、フィクスチャの適用、テストの選択と実行

xUnit スタイルのテストを記述し、MATLAB® コードの出力が期待どおりになっているかを確認します。クラスベースのユニット テストでは、ユニット テスト フレームワークのすべての機能にアクセスできます。たとえば、パラメーター化されたテストを記述したり、テストにタグを付けたり、共有テスト フィクスチャを使用したりできます。

はじめに、MATLAB でのクラスベースのユニット テストの作成およびクラスを使用する単純なテスト ケースの記述を参照してください。

関数

runtests一連のテストの実行
testsuiteテスト スイートを作成
matlab.unittest.TestSuite.runテキスト出力用に設定された TestRunner オブジェクトを使用して配列 TestSuite を実行
matlab.unittest.TestRunner.run配列 TestSuite 内のすべてのテストを実行

クラス

matlab.unittest.TestCaseすべての matlab.unittest テスト クラスのスーパークラス
matlab.unittest.TestSuite実行するテストをグループ化するクラス
matlab.unittest.Test単一のテスト メソッドの指定
matlab.unittest.TestRunnermatlab.unittest フレームワークでテストを実行するためのクラス
matlab.unittest.TestResult実行中のテスト スイートの結果

パッケージ

matlab.unittestMATLAB ユニット テスト フレームワークのパッケージとクラスの概要
matlab.unittest.qualificationsMATLAB の検定インターフェイスのクラスの概要
matlab.unittest.constraintsMATLAB 制約インターフェイスのクラスの概要
matlab.unittest.diagnosticsMATLAB 診断のインターフェイスのクラスの概要
matlab.unittest.fixturesMATLAB フィクスチャ インターフェイスのクラスの概要
matlab.unittest.parametersMATLAB ユニット テスト パラメーターに関連付けられたクラスの概要
matlab.unittest.pluginsMATLAB プラグイン インターフェイスのクラスの概要
matlab.unittest.selectorsMATLAB セレクター インターフェイスのクラスの概要

トピック

テストの記述

MATLAB でのクラスベースのユニット テストの作成

MATLAB プログラムをテストするには、検定を使用してユニット テストを作成します。検定とは、値をテストし、エラーに応答するための手法です。

検定の種類

検定は、値をテストしてエラーに対応する機能のことです。この概要では、4 種類の検定と、MATLAB ユニット テスト フレームワークで使用できる検定関数について説明します。

クラスを使用する単純なテスト ケースの記述

この例では、クラスベースのユニット テストを記述する方法を示します。

クラスを使用するセットアップ コードと破棄コードの記述

セットアップ コードと破棄コード、つまりテスト フィクスチャは、システムのテスト前の状態を設定し、テストの実行後にそれを元の状態に戻します。セットアップ メソッドおよび破棄メソッドは、各テスト メソッドの前後に実行するか、テスト クラスのすべてのテスト メソッドの前後に実行するように定義できます。

ユニット テストのタグ付け

タグを使ってテストをカテゴリ別にグループ化し、指定したタグでテストを実行します。テスト タグは通常、特定機能の識別やテストの種類の説明に使われます。

共有フィクスチャを使用するテストの記述

テスト フィクスチャをすべてのテスト クラスで共有できます。この例では、テストの作成時に共有フィクスチャを使用する方法を示します。

基本的なパラメーター化テストの作成

この例では、基本的なパラメーター化テストを作成する方法を説明します。

高度なパラメーター化テストの作成

この例では、TestClassSetupTestMethodSetup および Test methods ブロックでパラメーター化テストを作成する方法について説明します。

パラメーター化されたテストでの外部パラメーターの使用

データドリブン テストを使用して変数入力をパラメーター化したテストに挿入します。

テストの実行と結果の解析

単純なテスト スイートの作成

この例では、テストをテスト スイートに組み込む方法を示します。これらは、パッケージとクラス、ファイルとフォルダー、あるいはその両方で編成されます。

エディターでのテストの実行

この例では、エディターでの作業中にテストを実行する方法を説明します。

さまざまなワークフローでのテスト実行

テストを実行するさまざまな方法を確認します。

テスト診断へのプログラムによるアクセス

関数 runtests または TestSuiteTestCaserun メソッドを使用してテストを実行した場合、テスト フレームワークはテスト結果についての診断を記録する DiagnosticsRecordingPlugin プラグインを使用します。

テスト ランナーへのプラグインの追加

この例では、プラグインをテスト ランナーに追加する方法を説明します。

テスト ケースの結果の解析

この例では、テスト ランナーによって返された情報を解析する方法を示します。

失敗したテスト結果の解析

以下の例では、失敗したテストを特定し、それを処理する方法を示します。

失敗したテストの再実行

失敗したテストを素早く便利な方法で再実行する。

動的にフィルター処理されたテスト

仮定エラーでは、テストのエラーは生成されず、Incomplete とマークされたフィルター処理済みのテストが生成されます。実行されないテスト コードを回避するには、フィルター処理されたテストを監視します。