Main Content

run

クラス: matlab.unittest.TestSuite
パッケージ: matlab.unittest

テキスト出力用に設定された TestRunner オブジェクトを使用して配列 TestSuite を実行

構文

result = run(suite)

説明

result = run(suite) は、TestSuite オブジェクトを実行します。これは、テキスト出力用に設定された TestRunner オブジェクトを使って suite で定義されます。

入力引数

suite

一連のテスト。matlab.unittest.TestSuite 配列として指定します。

出力引数

result

テストの実行結果を含む matlab.unittest.TestResult オブジェクト。resultsuite と同じサイズで、各要素は suite 内の対応する要素の結果です。

すべて展開する

現在のインポート リストに matlab.unittest クラスを追加します。

import matlab.unittest.TestRunner
import matlab.unittest.TestSuite

テスト スイートとテスト ランナーを作成します。

suite = TestSuite.fromClass(?mypackage.MyTestClass);
runner = TestRunner.withTextOutput;

以下のテスト結果は同等です。

result = runner.run(suite)
result = run(suite)

ヒント

  • これは、TestRunner オブジェクトを使った場合と同等の便利な方法です。このオブジェクトは TestRunner.withTextOutput メソッドから作成され、suite を実行します。