Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matlab.unittest.TestSuite クラス

パッケージ: matlab.unittest

実行するテストをグループ化するクラス

説明

この matlab.unittest.TestSuite クラスは、ユニット テスト フレームワークで一連のテストのグループ化と実行を行うために使われる基本インターフェイスです。matlab.unittest.TestRunner オブジェクトは、TestSuite オブジェクトの配列のみを実行できます。

構築

TestSuite 配列は、TestSuite クラスの静的メソッドを使って作成されます。これらのメソッドは、メソッドの呼び出しとコンテキストに応じて、TestSuite クラスのサブクラスを返すことがあります。

メソッド

fromClassTestCase クラスからのスイートの作成
fromFileテスト ファイルからの配列 TestSuite の作成
fromFolderフォルダー内のすべてのテストから配列 TestSuite を作成
fromMethod単一のテスト メソッドから配列 TestSuite を作成
fromNameテスト要素名からの Test オブジェクトの作成
fromPackageパッケージ内のすべてのテストから配列 TestSuite を作成
fromProjectプロジェクト内のテストからテスト スイート配列を作成
runテキスト出力用に設定された TestRunner オブジェクトを使用して配列 TestSuite を実行
selectIf条件を満たすテスト スイートの要素の選択
sortByFixtures 共有フィクスチャに基づくテスト スイートの並べ替え

すべて折りたたむ

現在のインポート リストに matlab.unittest.TestSuite クラスを追加します。

import matlab.unittest.TestSuite;

各メソッドを使って、テスト スイートを作成します。

fileSuite    = TestSuite.fromFile('SomeTestFile.m'); 
folderSuite  = TestSuite.fromFolder(pwd);
packageSuite = TestSuite.fromPackage('mypackage.subpackage');
classSuite   = TestSuite.fromClass(?mypackage.MyTestClass); 
methodSuite  = TestSuite.fromMethod(?SomeTestClass,'testMethod');

スイートを連結します。

largeSuite = [fileSuite, folderSuite, packageSuite, classSuite, methodSuite];

フル スイートを実行します。

result = run(largeSuite)