ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

関数ベースのユニット テスト

検定を使用したテストの記述、テスト ランナーのカスタマイズ、テストの選択と実行

関数ベースのテストを記述し、MATLAB® のスクリプト、関数またはクラスの出力が期待どおりになっているかを確認します。検定関数のライブラリを全部使用した場合、4 種類のテスト エラーを生成できます。たとえば、検証または致命的なアサーションのテスト エラーを生成できます。関数ベースのテストは、xUnit テストの原理を取り入れています。

はじめに、関数ベースのユニット テストの記述および関数を使用する単純なテスト ケースの記述を参照してください。

テストのパラメーター化やテスト フィクスチャなど、より高度なテスト オーサリングを行う場合は、クラス ベースのユニット テストを記述することを検討してください。

関数

functiontestsローカル関数へのハンドルからのテストの配列の作成
runtests一連のテストの実行
testsuiteテスト スイートを作成
TestSuite.runテキスト出力用に設定された TestRunner オブジェクトを使用して配列 TestSuite を実行

クラス

Test単一のテスト メソッドの指定
FunctionTestCase関数ベースのテストに使用する TestCase
TestResult実行中のテスト スイートの結果

トピック

テストの記述

関数ベースのユニット テストの記述

作成するテスト関数は、メイン関数と個々のローカル テスト関数を含む単一の MATLAB ファイルであるとします。必要に応じて、ファイル フィクスチャ関数およびフレッシュ フィクスチャ関数を含めることができます。

検定の種類

検定は、値をテストしてエラーに対応する機能のことです。この概要では、4 種類の検定と、MATLAB ユニット テスト フレームワークで使用できる検定関数について説明します。

関数を使用する単純なテスト ケースの記述

この例では、関数ベースのユニット テストを記述して実行する方法を示します。

セットアップ関数と破棄関数を使用したテストの記述

この例では、テスト ファイルで 1 回と、ファイル内の各テスト関数の前と後に実行されるセットアップ関数と破棄関数を使用して、関数ベースのテストを記述する方法を示します。

検定の種類

検定は、値をテストしてエラーに対応する機能のことです。この概要では、4 種類の検定と、MATLAB ユニット テスト フレームワークで使用できる検定関数について説明します。

テストの実行と結果の解析

エディターでのテストの実行

この例では、エディターでの作業中にテストを実行する方法を説明します。

さまざまなワークフローでのテスト実行

テストを実行するさまざまな方法を確認します。

テスト ケースの結果の解析

この例では、テスト ランナーによって返された情報を解析する方法を示します。

失敗したテスト結果の解析

以下の例では、失敗したテストを特定し、それを処理する方法を示します。

失敗したテストの再実行

失敗したテストを素早く便利な方法で再実行する。

動的にフィルター処理されたテスト

仮定エラーでは、テストのエラーは生成されず、Incomplete とマークされたフィルター処理済みのテストが生成されます。実行されないテスト コードを回避するには、フィルター処理されたテストを監視します。

関数ベースのテストの拡張

関数ベースのテストを使用して、フィクスチャの適用、テストの選択、テスト診断へのプログラムによるアクセス、テスト ランナーのカスタマイズなどの追加機能にアクセスします。