ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

アプリ テスト フレームワーク

App Designer アプリ用の自動テストの記述

MATLAB® アプリ テスト フレームワークを使用して App Designer のアプリや、関数 uifigure を使用してプログラムによってビルドしたアプリをテストできます。アプリ テスト フレームワークでは、ボタン押下やスライダーのドラッグなどの UI コンポーネント上での動作をプログラムから実行するテスト クラスの作成、およびアプリの動作検証を行うことができます。

はじめに、アプリ テスト フレームワークの概要を参照してください。

関数

pressUI コンポーネントでの押し下げ動作の実行
chooseUI コンポーネントでの選択動作の実行
dragUI コンポーネントでのドラッグ動作の実行
typeUI コンポーネントへの入力
hoverUI コンポーネントでのホバー動作の実行
matlab.uitest.unlockアプリ テスト フレームワークでロックされた Figure のロック解除
matlab.uitest.TestCase.forInteractiveUse対話型で使用する TestCase オブジェクトの作成

クラス

matlab.uitest.TestCase アプリのテスト フレームワークを使用するテストを記述する TestCase

トピック

アプリ テスト フレームワークの概要

アプリ テスト フレームワークを使用して、App Designer のアプリや関数 uifigure を用いてプログラムによってビルドしたアプリのテストを記述する。

アプリ用のテストの記述

この例では、アプリをプログラムによりテストして結果を検定する方法を示します。

アプリ テスト フレームワークとモッキング フレームワークを使用するテストの記述

この例では、アプリ テスト フレームワークとモッキング フレームワークを使用するテストの記述方法を示します。